スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
ぶらり草津温泉の旅(その5)
2008 / 04 / 27 ( Sun )
本庄市のマンションの管理会社から連絡が入りました。
「3階の○○号室の天井から雨漏りがしている」
というものでした。
3階建てのマンションですから、屋根に異常事態が起きたようです。

最初に思ったことは、
「屋根の修繕は費用がかかるだろうな!」
ということです。

大家にとっては避けられぬストレスです。
管理会社のほうで保険会社に保険の適用になるかどうか問い合わせてくれましたが、
「経年劣化による天井からの雨漏りの場合は、その適用は無い」
とのことで、余計にストレスは溜まりました。

空き室に次の入居者が決まり、モニター付ドアホンの取り付けをしに行かなければならなかったので、15日に草津から本庄市に出かけました。
本庄市に着き、管理会社から合鍵のキーを受け取る際に、雨漏りの原因となった屋根の写真を見せてもいました。

なんと一番天辺のトタン屋根の一部がグニャリと折れ曲がっていたのです。
それは経年劣化では決して起こることの無い現象で、素人目にも強風による剥離であることは明らかでした。
住人からの連絡は、4月上旬に関東地方をも襲った2度の強風の時期とも重なります。

私は以前、加入している火災保険で、台風等の強風で屋根が吹き飛んだりして災害にあった場合でも保険が適用されるかを尋ねて、それが適用されるという回答を得ていたのを思い出しました。
しかも本庄市のマンションに入っている保険は、火災を含めた総合保険でしたから適用の対象になるはずだと思い、だめもとで直接保険会社に連絡を入れました。

回答は非常に面白いものでした。それは
「風災害による天井の被害と、それによる雨漏りの場合は保険の適用になる。」
というものでした。ただしその場合でも
「修繕の費用が20万円以上の場合で、それ以下ならば加入者の負担になります。」
とのことでした。
「屋根の修復ですから、おそらく費用は20万円以上になるかと思いますので、その手続きに入らせていただきます。」
と、相手の方は親切にもそう答えてくれました。

管理会社には、しっかりとした万全の修繕が行えるような見積もりを出してくれるよう要望したのは言うまでもありません。
私は、たまたま風水害の場合の保険の知識があったので事なきを得たのですが、管理会社は保険のスペシャリストではありませんから、ある程度は大家がしっかりと対応するなり、知識なりを持ち合わせている必要性を感じました。

ドアホンも無事取り付けが終わり、こうして圏央道と厚木道路を経由して15日に伊豆に帰宅したしだいです。
今回はわずか10日間の草津でしたから、次回は避暑を兼ねて2~3ヶ月以上の日程を計画しています。

問題はブログの更新とメールの送受信への対応です。
マンションに電話回線の加入をして、PCをダイヤル接続すればいいらしいと聞きましたが、携帯電話への転送も考えています。

ところで今回紹介した3冊の他にも、つげ義春の温泉紀行のマンガ・随筆集や種田山頭火の足跡本等も読み、実は密かに「放浪の旅」にもあこがれを持ちはじめているところです。(その6に続く)

スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

14:49:31 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ぶらり草津温泉の旅(その6) | ホーム | ぶらり草津温泉の旅(その4)>>
コメント
----

うちでも同様の時期に同様の事故が起きました。うちの場合は些細な工事で終わってしまいましたが保険の種類が免責3000円コースだったので20万以下の工事でも保険がおりそうです。
by: 星輝 * 2008/04/28 20:11 * URL [ 編集] | page top↑
----

>星輝様へ

コメントありがとうございます。
保険は必要であり、ありがたい存在だと感じるのは、やはりそれが必要になったときに感じます。
本当はそれを使わない日々が続くのが一番なのでしょうが・・・・。
by: 山田里志 * 2008/04/30 21:26 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wbs96425.blog118.fc2.com/tb.php/95-d9af82d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。