スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
リスクを考える
2008 / 01 / 08 ( Tue )
この年末年始も、冬山での遭難事故のニュースを耳にしました。
雪崩、疲労等々原因はいろいろでした。

就寝中に雪崩に巻き込まれた事故では、「まさかここが雪崩に襲われるなんて・・・・」というある人のコメントが載っていましたが、私は、冬山に登山すること事態がすでにリスクがある行為であり、私には、雪崩を含めて常に危険と隣り合わせの環境であるという認識があったのであろうか、ということの方が気になりました。

私は冬山登山を非難しているのではありません。ただ大きなリスクが存在するということを言っているのです。
「もしかしたら雪崩に襲われるかもしれない・・・・」と思うことも大切ではないかと思うわけです。

「アメリカのサブプライムローン問題」→「投資資金の株式市場から資源品目(原油・穀物等)へのシフト」→「原油・穀物価格の高騰、NY株の大幅下落」→「ドル安、円高」→「日本株の大幅下落」→「世界同時株安」→「日本経済の減速」等々の悪循環が、この年明けから明確になりつつあります。

株式投資をされている人やFX投資をされている人の中には、大きな損失を被った方も大勢出たのではないかと推察されます。

そしてこうした投資は、この先どうなるのかは私には分かりません。ただ言えることは、この先も大きなリスクが存在するということです。

5日には東京都品川区の商店街で高校生による無差別傷害事件が発生し、通行人の男女5人が次々に襲われました。
いくらなんでも商店街での通行リスクは、私を含めて誰も考えにないことだったと思います。
それだけに、冬山の遭難事故よりも、こちらの方が予測不能な分、よほど恐ろしい気がしています。

この事件は日本の社会が、青少年の心身までをも蝕む社会に悪化している現象に思えて、暗澹たる思いになります。

リスクにはある程度予想可能なものと、全くの想定外のものがあり、また自分である程度コントロールできるものと、そうでないものがあるように思えます。

リスクはアパート投資にのみ大きくあるわけではなく、日々の生活の中にも存在しているという認識を持ったとき、アパート投資のリスクは、ある程度の予測や、コントロールもできることを考えると、必要以上に恐怖し、心配し、しり込みすることもないのではと思ったりもします。

むしろ冬山登山、スキューバダイビング、ドライブ(特に高速道路での走行)、パラグライダー、海外旅行等々の方が、私の場合は、アパート投資よりもリスクが大きいのではなかろうかと思っています。(山田が勝手にそう思っているだけです。ダイビングにせよ海外旅行にしろ、それができない山田のひがみ根性だと思ってくださってかまいません。)

物事には楽しいというリターンだけでなく、その裏にはリスク要因もあることを、頭の隅に入れておくことも必要なのではないかと勝手に思っているわけで、けっしてリスクがあるから何もせずにいろと言っているわけではありません。

この世に生きている限り、リスクからは逃れられないということが、真理なのかもしれませんが、そのリスク要因を見据えて、できるだけ軽減(コントロール)させることは可能ではないかと思います。

そういう意味では、山田にとってアパート経営(投資)はリスクではなく、むしろ生きていくうえでの経済的な安定をもたらす(自由な生き方を支えてくれている)人生のリスクヘッジになっているということです。

別の言い方をすると
「アパート経営(投資)はリスクを伴うが、軌道に乗れば人生のリスクヘッジになる」
というふうに思っています。

これがリスクを負って得ることのできた真のリターンではないかと思うわけです。

・・・・・今回も、山田の勝手気ままな徒然記でした。
スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

00:29:42 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<これからの日本は?(その1) | ホーム | あけましておめでとうございます。>>
コメント
----

不動産経営のリスクは予測可能で対応可能だと私も思います。
コントロール可能になれば恐いことなしのリスクだと思います。
by: 星輝 * 2008/01/09 13:17 * URL [ 編集] | page top↑
--感謝の気持ち--

>星輝様へ
コメントありがとうございました。
「リスのおしっこ」までは予測不能でしたが、火災や地震リスクは対処可能ですから、星輝さんの書かれた通りだと私も思います。
by: 山田里志 * 2008/01/10 17:24 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wbs96425.blog118.fc2.com/tb.php/66-179a7129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。