スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
続、雑誌プレジデント
2007 / 12 / 27 ( Thu )
暇に任せて「山田里志」をパソコンで検索して遊んでいたら(悪趣味?)偶然このような記事に出合いました。

おそらく以前特集雑誌の取材をされた記者の方の雑感だと思います。
雑誌に掲載されなかった内容も含まれていて、興味深く読ませていただきました。

また大家さんを目指す意義についての参考になりますし、いろいろと考えさせられる内容でしたので、以下に全文を紹介させていただきました。
私のHPにあるプレジデントの記事と合わせてお読みいただくと、さらに参考になると思います。




「難民」と「大家さん」の分かれ道
カテゴリ:07.プレジデントニュース 
作成日:2007/12/11  提供元:プレジデント社
________________________________________

 山本広大さん(50歳)。大卒。5年前は社長。現在、年収200万円のネットカフェ難民。

 山田里志さん(51歳)。大卒。5年前はメーカー管理職。現在、年収2000万円の大家さん。

 以上、現在発売中のプレジデント誌別冊「プレジデント フィフティ・プラス50」で取材した50代の男性二人の略歴である。

 日雇い仕事で食いつなぐ、都内のネットカフェ難民の山本さん。5年前、故郷で知り合った友人らと起業したが、友人の正体はヤクザだった。逆に借金を抱えてしまい、取り立ては子供の学校にまでおよんだ。パート勤めの妻とは離婚。これ以上の危害を避けるべく、自分の存在を消して息を殺すように暮らしている。

 一方、山田さんは昨年、海の見える別荘でハッピーリタイヤを遂げた。サラリーマンだった30代から不動産投資を始め、今や年間2000万円超の家賃収入を得る大家さんとして夢の田舎暮らしを実現。定年後すぐ亡くなった父を見て、自分は豊かな老後を夢見、若くして不動産投資を始めたという。失敗も多かったが、そこからさらに学んで成功を収めた。

 この二人の人生は、一体いつ、どこで別れてしまったのか。厚生労働省の調査によると、ネットカフェ難民は20代に次いで50代が多い。彼らの多くは低学歴で人脈も職歴も乏しい。けれど、中には山本さんのように高学歴で能力も情熱も人一倍あった人々がひっそりと含まれている。

 以前、「プレジデント」本誌で、企業に入り込む反社会勢力について取材したことがあった。常にトップが危機感を持ち、有事には全社を挙げて戦う姿勢を見せ、「この会社は旨みがあるがガードも固い。下手に手を出したら大変だ」と思わせることが何よりの防衛策だという。下手な示談金などで解決しようとすれば向こうの思うツボだ。普段から弁護士を雇い、防衛の手立てを考える「危機感」と「備え」、そして臨機応変に動ける力が何より大切なのだ。

 思うに、これは今や個人にも当てはまることではないだろうか。妻と子供が待つ家庭があり、自身は狭い分野で正直に懸命に働きさえすれば、明日はもっといい未来が待っているという考えでうまくいく場合もあるだろう。しかし、人生どこかに落とし穴があるかも知れないという考えが欠落し、それを警告する人も身近にいない環境に身を置いたとき、定年を意識した頃に待っているのは二度と抜けられないほど深い奈落なのかもしれない。

 10年ほど前、それほど違いがないように見えたはずの二人の50歳の人生は、そんな自分自身に対する「危機感」の有無で、じわじわと分かれていったのではないだろうか。50代へ向かう最後の5年、「結果」は完全に出てしまった。

 常に危機感を持たないと生きていけない環境というのは決して素晴らしくないし、額に汗して働く人が報われず、隣人を信じられないのは悲しいことだ。けれど、危機感なしにはもう生きていけない世界の中に、私たちはゆるやかに取り込まれているのかもしれない。真面目にやりさえすれば豊かな老後を過ごせる、そんなかつての日本は世界の中で決して標準とはいえない国だった。

 めまぐるしく変わり続ける世界から取り残された「難民」となる可能性を私たちは、今、誰もが持っているのではないだろうか。

〔プレジデント編集部 editor's letter〕




平凡な社会生活を営む普通の日本人が、かつて無いほどの大きなリスク社会の中で生活せざるを得ない時代なったことに、暗澹たる思いを抱いています。

私が50歳でリタイアしたこの時に、まさかこのような過酷な社会が待っていようとは、予想だにしませんでした。

このブログを読まれている皆様方の未来が、平穏であることを願っています。

それでは皆様良いお年を!

来年もよろしくお願いいたします。(ちなみに今日は私の52回目の誕生日でした。)


スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

14:01:16 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<あけましておめでとうございます。 | ホーム | 「賃貸住宅フェア2007in東京」(18日~19日開催)>>
コメント
--ありがとうございました--

今年熱海にてミカコとミカコノコと共に、山田里志さんに会えて、またDVDを見れて、また賃貸住宅フェアでセミナーを聞けて、大変ためになりました。ありがとうございまいた。来年も物件を増やす予定です。ブログも楽しみにしております。よろしくお願いします。
by: 原田ミカオ * 2007/12/28 20:39 * URL [ 編集] | page top↑
--感謝の気持ち--

>原田ミカオ様

コメントありがとうございました。
セミナーDVDの第一号のお申し込みをいただき、ありがとうございました。
また、ご家族でわざわざ熱海までお出かけくださり嬉しく思いました。
原田様の夢の実現の一助になれれば幸いに思います。
来年もよろしくお願いいたします。
by: 山田里志 * 2007/12/29 21:49 * URL [ 編集] | page top↑
----

お誕生日おめでとうございます。
自分の人生をコントロールされている姿、非常に感化されます。これからもいろいろ指南していただきたく思います。
by: 星輝 * 2007/12/30 00:58 * URL [ 編集] | page top↑
--感謝の気持ち--

>星輝様へ

いつもコメントをいただきありがとうございます。
こちらこそ星輝様のブログで、勉強させていただいております。
来年もよろしくお願いいたします。
by: 山田里志 * 2007/12/30 11:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

あけましておめでとうございます!
今年もどうぞ宜しくお願い致します^^

ぐうぜーん!
自分の誕生日、26日なんですよ!!
同じではないけれど、一日違いでも充分びっくりしました。
これも何かの縁・・・?(笑)
by: 樹林 * 2008/01/04 10:09 * URL [ 編集] | page top↑
--感謝の気持ち--

>樹林様へ

あけましておめでとうございます。
本年もご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

樹林師匠のブログを、これからも楽しみに(生きがいに)しております。

ところで師匠の誕生日は「12月26日」だったのでしょうか?
それならば非常に光栄に思います。
by: 山田里志 * 2008/01/04 16:37 * URL [ 編集] | page top↑
----

そうです、そうです♪
12月26日です^^
ケーキを買いに行ったら、怒涛のクリスマスを終えたケーキ屋さんは軒並みお休みでした。
うーん、せつない誕生日です(笑)

by: 樹林 * 2008/01/05 16:58 * URL [ 編集] | page top↑
--感謝の気持ち--

>樹林師匠様へ

本当に一日違いだったのですね。驚きました。
ちなみに誕生回数も一回違いだったりなんかして・・・・・。
それはありえないですよね。
もしかして怒りましたか?
失礼しました。
by: 山田里志 * 2008/01/06 16:23 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wbs96425.blog118.fc2.com/tb.php/64-60df6cac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。