スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
放射脳?
2012 / 07 / 01 ( Sun )
東京新聞から

予備の冷却装置起動できず 福島4号機の燃料プール
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012063001000741.html
2012年6月30日 19時07分  
 
 東京電力福島第1原発4号機の使用済み燃料プールの冷却装置が停止した問題で、東電は30日、予備として設置されている別系統の冷却装置も起動できない状況にあると発表した。プールの温度は急上昇していない。東電は原因を調べている。
 冷却装置は同日午前6時25分ごろ、システムの異常を知らせる警報が鳴って自動停止した。本来なら予備の装置を使って冷却を再開させるが、何らかの原因で起動できなかった。
 30日午後4時現在のプールの温度は35・8度で、1時間当たり約0・26度上昇している。


福島第1原発4号機の使用済み燃料プールの冷却システムが停止
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20120701-00000514-fnn-bus_all(映像)
フジテレビ系(FNN) 7月1日(日)0時52分配信

福島第1原発4号機の使用済み燃料プールの冷却システムが、トラブルで停止した。
東京電力によると、30日午前6時24分ごろ、第1原発4号機の使用済み燃料プールで警報が鳴り、冷却システムが自動停止した。
制御盤の電源が落ちていて、予備の冷却システムも起動できない状態だが、放射性物質を含む水は漏れていないという。
東京電力はトラブルの原因を調べていて、7月1日に復旧作業を行う。
30日午後6時現在の水温は36.6度で、1時間あたりおよそ0.5度上昇するとみられていて、保安規定上の上限65度に達するまで2日半ほどかかる見通し。
このプールには、1,535体の燃料が保管されている。
最終更新:7月1日(日)1時37分



避難が必要な事態にならないように祈るばかりであるが、福島原発がこのような危険な状態であるにもかかわらず、今日の夜から大飯原発が再稼動するというが、ドジョウ内閣は高濃度の放射能土壌の影響で脳が完全にいかれたか、原子力ムラの利権保護にだけ関心があり、国民の生命と財産などは全く守る気がないかのいずれか(もしくはその両方)なのであろう。  

ところで俳優の地井武雄氏の死去に伴い、元東京電力の社員として知られる小野俊一医師は、twitter上で

>「これだけたくさんの妨害ツイートが出るということは、地井さんの症状は被曝症状によるとほぼ断言できる証拠でもあります。失明、心不全、死亡、普通このような転帰をとる病気を私は思いつきません。国試でもぎりぎり通った人間ですから、あてにはなりませんけど」

と発言し、それに対する誹謗中傷がすさまじいが、その可能性を疑うことのほうがむしろ正常ではなかろうか。
何しろ関東圏を散歩して回り、頻繁に外食をしていたのだから内部被爆は一般人の比ではないであろう。

「突然目が見えなくなった」→「心不全の危険性のために緊急入院」→「心不全」
というプロセスは何をものがたっているのかは考える必要があるかと思う。

むしろ放射能との因果関係(可能性)に一言も触れないマスコミの方が不気味な気がしている。

>いやー、馬鹿ってほんとにいいものですね。
>地井武男氏の死亡原因を“被爆が原因”と勘繰る放射脳がこちらになります。


と全否定しているサイトもあるが、これによると私も馬鹿の一人ということになる。

山田は再稼動やガレキの広域処理にも反対し、内部被爆の恐ろしさを訴えてその対策を実践中だし、こうして福島原発4号機にも注視しているが、これも放射脳の影響といわれるのであろうか。 

ちなみに山田は古くからの地井武雄氏のファンである。
ドラマ「北の国から」も全DVDを所有しているくらいである。
この番組内での地井武雄氏(「中畑木材工業」の中畑和夫役)の存在感は圧巻ですらある。
それだけに氏の訃報はショックであった。

心底残念でならないが、こうした憤りの矛先は原子力ムラの連中にこそ向けられるべきものであろう。

「それを言った(疑った)」人間ではなく、「放射能を作り出し、疑うに十分な放射能を撒き散らした」原子力ムラの人間たちこそが真に責められるべきであろう。

ところで6月29日(金)の国会周辺でのデモでは約20万人にも及ぶ大規模な再稼動反対のデモがあった。

しかし「暖簾に腕押し」ではないが、野田や関係閣僚には痛痒すら感じなかったようだ。

ならばご本人が一番嫌がることは何かを考えてみたら、それは総理大臣(権力)の椅子(座)と国会議員の資格を取り上げることではないかとふと思いついた。

ところが世の中にはすでにその先を行く人たちがいるもので、すでに【首相の地元で“野田落選デモ” 「再稼働は許さないノダ」】野田落選デモを行動に移していることを知り激しく共感した。 
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 
2,200人の参加者(主催者発表)たちは
「野田さんも落選すればただの豚」
「原発再稼働はダメなノダ!」
などと書いたプラカードを掲げながら船橋市の住宅地や商店街をパレードした。

首相の選挙区で落選運動が起きること自体異例だ。 
消費税、TPP、原発再稼働。
野田政権は国民の神経を逆なでする政策ばかりを進めてきた。
国家観があるとも思えない。
応分の報いがあるのが選挙だ。

首相経験者が落選することにでもなれば前代未聞である。
野田氏(千葉4区)はじめ、仙谷政調会長代理(徳島1区)枝野経産相(埼玉5区)の選挙区に刺客候補を送り込む計画が今、密かに進行中だ。


と記事には紹介されていた。
千葉4区などは放射能汚染にさらされている地区の一つでもある。
それにもかかわらず野田は再稼動に舵を切ったのだから、不安を抱える地元選挙民すら舐めているようだ。

20万人にも及ぶデモは無視できても、選挙区で落選運動が盛り上がればさすがの野田も無視できまい。

ちなみに細野 豪志(静岡5区)もこれらのリストからはずすわけにはいくまい。

山田もこの運動に激しく支持するが、千葉4区にお知り合いがいる方は、是非この運動にお力をお貸しいただければと思う。

そして原子力ムラから距離のある本当の脱原発議員だけに投票しよう。
  

表紙最終
(新版)あと5年で会社を辞めて豊かに暮らす仕組みのつくり方 [単行本]
スポンサーサイト
14:08:07 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
<<避暑 | ホーム | 「新版あと5年で会社を辞めて豊かに暮らす仕組みのつくり方」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。