スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
ある恐るべきスケジュール(正確に進行中)
2012 / 05 / 04 ( Fri )
2011年3月19日以前に、すでに策定されたロシア政府の危機管理経済戦略スケジュールを、偶然目にして驚きました。

ロシア政府が福島原発事故の推移を正確に予測していたからです。

チェルノブイリ原発事故を経験したロシア(旧ソビエト連邦)の教訓からすれば、すでにこの時点で福島原発事故の推移を正確に予測することは、それほど難しいことではなかったようです。

政府及び東電の保身と国民の生命軽視の対応のために、スケジュールどおりに⑦段階まで来てしまいましたが、このスケジュールによると⑬「国外退避開始」→「実質日本国崩壊」までをも予測しております。

本当に東日本では住む場所や職場を失う事態が進行し、⑭「シベリア方面へ労働者として移住」することが起きてしまうのでしょうか?

「すべてルーブル決済」という記述に、なんともいえないリアリティがあって、一笑に伏せない重さが感じられます。

また⑫では「低レベル政権崩壊」と書かれておりますが、ロシアではそのような分析がなされていることが分かります。

それはともかくとして、この14項目を繰り返し読み返してみると、福島原発事故(全国の原発を含む)の恐ろしさが今更のように伝わってきます。

http://sekaitabi.com/russiaevacuate.html
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
3月19日以前に策定されたロシア政府の危機管理経済戦略スケジュールでいくと、日本は現在⑦の段階ということになる。

①日本国巨大地震被害→

②福島原発事故発生→

③関東上空域大気汚染・放射性生成物質降下・海中垂れ流し汚染継続

④放射性ヨウ素、セシウム等の高レベル汚染地域拡大→国内計測データ改竄と隠蔽→

⑤農産物、魚介類汚染・水質汚染顕在化・食品流通の混乱と麻痺・健康被害懸念

⑥猛毒プルトニウム検出・汚染地域地価暴落・汚染値過小評価隠蔽報道継続・海洋汚染拡散→

⑦欧米協力要請・原子炉制御不能・お手上げ状態で職員退避

⑧食糧危機発生・食料配給制化・国内パニック拡大→

⑨前期小児放射線障害疾患発現→

⑩市民大移動・治安悪化・暴動騒擾状態発生→

⑪国内生産力低下・円暴落・日本経済破綻状態→

⑫低レベル政権崩壊・米軍再駐留と統治→

⑬汚染地域拡大・国外退避開始→実質日本国崩壊→

⑭ロシア政府は放射線障害児童及びシベリア方面日本人労働移住者受入開始(すべてルーブル決済)


スポンサーサイト

テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

23:02:12 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
<<「板垣英憲情報局」より・・・原発事故の闇 | ホーム | 大家さんたちの新刊本>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。