スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
今そこにある危機・・・「新たな臨界」(4号機)
2012 / 03 / 21 ( Wed )
驚愕の30分です

ドイツZDF-TV 「フクシマのうそ」【動画】 約30分 
http://www.dailymotion.com/video/xpisys_yyyzdf-yyyyyyy_news 

(上記映像から一部掲載) 

「今原発は安全なのですか?」

「とても危険な状態です。」

「私が一番心配しているのは4号機です。」

「この4階にある使用済み燃料プールには約1300の使用済み燃料が冷却されています。」  

「もう一度大地震が来れば建物は崩壊してしまうはずです。そういうことになれば、また新たな臨界が起こるでしょう。」  

「放射能はすぐに致死量に達し、原発サイトで働くことは不可能となる。」

「そうすれば高い確率で第1、2、3、 5、 6号機もすべてが抑制できなくなり、まさにこの世の終わりとなってしまうだろう。


ちなみに3月7日 テレビ朝日「モーニングバード」に出演された小出裕章京都大学助教授も、4号機建屋を壊すような地震が来たら「(東京を含めて)おしまいです。」と断言しておりました。http://penelopes.exblog.jp/17936949/    

 
日本という国が、原発マネーにどれだけ深く汚染されているかということが分かる記事

総力特集 原発マネーに群がった政治家・学者・マスコミ
この国は電力会社に丸ごと買収されていた
  
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/4845


福島原発4号機 プールのヒビ割れだけでも人類史上最悪の事態に
週刊朝日 3月8日(木)8時49分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120308-00000303-sasahi-soci

(上記記事から一部掲載) 

ガンダーセン:まさに「格納されていない炉心」です。今は水で冷やしていますが、プールにヒビが入るなどして水位が下がり、冷却できなくなると、温度が上がって燃料棒の鞘であるジルコニウム合金が発火するのです。こうなると、もはや水では消火できない。核燃料が大気中で燃えるという、人類のだれも経験したことはない、おそろしい状況になるのです。

広瀬:今回の事故とはけた違いの膨大な放射性物質が出てくる。大惨事です。

ガンダーセン:科学にとって未知の大惨事になります。
 


内閣府原子力委員長が作成した4号機事故のシナリオ

4号機プールの核燃料が全て溶融した場合・・・・・・

原発から半径170キロ圏内で、チェルノブイリ事故の強制移住基準に達する。
東京都のほぼ全域や横浜市まで含めた同250キロの範囲が、避難が必要な程度に汚染される。


ブログ「秋場龍一のねごと」より
http://akiba1.blogspot.jp/2012/03/blog-post_08.html
『4号機のヒビを前に、ぼくたちの運命は「風前のともしび」状態にある』 より一部抜粋 

4号機の使用済み燃料プールには1538本の燃料集合体、180万テラベクレルの放射能ヒロシマ原爆の4000発分、その核種をセシウムだけに限定してもチェルノブイリ原発事故の8倍の量だ。

    
スポンサーサイト
18:06:23 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
<<内部被爆を少なくするための自助努力(例) | ホーム | 「ただ明日にでも死ぬものではなく、何年か経ってから死ぬというだけのこと」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。