スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
異変についての情報
2012 / 03 / 10 ( Sat )
放射能防御プロジェクト 木下黄太のブログ「フクシマ第一原発を考えます」からの抜粋
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/945898fc22160543b404a9ca949cefe5

警告:東京など首都圏で低線量被曝の症状が子どもたちにおきているという情報
2011-05-29 17:29:02 | 福島第一原発

このことについて、まだ、医学的な確認が取れていませんが、確認がとれるのをまっていたら、事態がさらに進行する危険を感じ始めたため、先に書いておきます。

きのう、百人が参加した、松戸の講演会でも、この話が出ました。
東葛地区でとくに最近、喉の痛みや、リンパの異常などを訴える子どもたちが多くなっていると言う話です。
身体がだるくなる、元気が出ない、風邪でもないのに咳が出る、など。口の中に金属っぽい感覚がすると言う話や、乾燥していないのに顔の皮膚がひりつくという話が出ています。
ふだん全く鼻血を出した事のない子どもが、鼻血を出すと言う話も。
医療機関に相談するケースが増えていると聞きました。

言うまでもなく、おきているのは子どもだけでなく、大人にも同様の症状が起きているという話ですが、子どもの方が目立つと言うことです。 
勿論、関係のないケースもあるかもしれませんが、非常に心配される話です。
さらに、神奈川から聞こえてきた話は、中学生の野球チームが三月の二十三日に半数が吐き気と下痢、鼻血を突然出して、動けなくなった事。
食中毒でなく原因がよくわからない話になっていて、その後子どもの体の切れが悪く、大幅に調子が落ち続けている事。
この東葛エリアで、のどの痛みを訴える子どもたちが、3月後半から、急増しているのではないかという情報をどう精査するのか。

もちろん、別の感染症のはやりも考えられますが、放射性物質による影響であれば大変ですから、症例数を確認して、何か有意な事がいえるのかどうかを検討する作業も行われそうだと聞きます。
こうした、被曝による症状として、何らかの因果関係が推定される事象があるのなら、体内に取り込んでいる放射性物質をホールボディカウンターで計りたいと言う要求はとても増えると思います。
国が駄目なら、民間で資金を集めて、少しでも増設するようにと、考えるしかありません。
この被曝量を計るべしという考えは、この被曝による影響の見積もりがいまだに為されていない不安感を払拭するために必要です。
台数が少ない事を理由にして、ほとんど計測できません。

きょう、「チェルノブイリのかけはし」という団体の野呂代表とも話をしましたが、チェルノブイリでのいろんな活動経験から、低線量の被曝地域の中の方が、初期症状が出易いと言う認識を話をされます。
「東京も、基本的にはチェルノブイリの低線量地域並みに汚染されている」とお話になります。
ここの団体の相談会にも、首都圏のお母さんから、かなりの相談が寄せられています。
喉の痛みを訴える相談はかなり集中してきている事、子どもの抵抗力が落ちてくる事。
鼻血もあるし、粘膜の異常を訴えることもあるそうです。
とにかく子どもたちに元気が出ないという話なのです。

「福島はチェルノブイリのゾーン1とかゾーン2の移住ゾーンですが、高濃度被曝だから初期症状がチェルノブイリの時の感覚ならまだまだすぐにはわかりにくいですが、低線量の地帯の方が、初期の被曝と見られる症状が、はやくでる」という認識だそうです。
重症な身体の不調でなく、軽微だが異常がおきる症例がはやくおきるということです。

僕も考えますが、ここには、免疫のシステムが関係しているのかもしれません。
体内に入った異物を取り除きたい身体のシステムが、いろんな不調を示しているということ。
まだ、それが機能するだけ、被曝レベルが大きくないのかもしれません。
しかし、これから考えると、低線量の被曝が継続して続いていて、土が汚染され呼吸からも放射性物質を受け取り、さらに野菜などの食物や牛乳などから内部被曝が恒常化する状態に首都圏がおかれる恐怖と言う事です。
つまり、危機はもう三ヶ月近くも、水面下で続いていた訳で、段々と、幅が狭まっている気がしています。

野呂さんは「都会は雨で表面の汚染が薄まるから、むしろ食べ物による内部被曝の警戒が、移住と言う選択よりも優先では」ともおっしゃいます。
福島ほど差し迫っている状況ではないですが、ただし、危険はあるということです。
「茨城や千葉は、土壌が多い場所なので東京よりもさらに心配です。
コンクリートはまず流れていくが、土は流れない。
チェルノブイリの問題は土に放射性物質が残留して大変だったのです。
大都市部の考え方はちがうかもしれない」とおっしゃいます。

ここは、人により見解が分かれるかもしれませんが、危機の対処をどうするのかと言う事です。
本当はどうなるのかは確実には分かりませんが、ちゃんと分かったときには既に大変な事態なのです。
白血病や甲状腺のガンといった明確な状態ではなく、あいまいな免疫系等の初期症状などに繋がるケースは容易に想定されます。
ソ連が隠しているかもしれませんが、当時チェルノブイリから130キロのキエフは、被曝被害がほぼないとされ、放射線管理区域にも入っていませんでした。
しかし、実際は、この街でも子どもたちの健康被害は出ています。

そして、東京は、現在の一部の土壌調査の数字が、放射線管理区域のゾーンにあることを示しています(勿論これより低いところもありますし、東葛地区などでは、さらに高い希望移住ゾーンになる場所がある可能性も否定はできません)。
そうすれば、子どもに、喉の痛み、リンパ、免疫系等の異常を示す話が出ていも、なんらおかしくはありません。
とにかく、事態はさらに猶予がならないことになっている可能性が否定できません。

最低限、お子さんの内部被曝を避けるために、野菜、牛乳の産地を厳しく吟味して下さい。
以前に製造されている脱脂粉乳も最後は選択肢にしてください。
水産物は、小魚や貝などから注意が必要です。産地をチェックする作業を怠らないで下さい。

首都圏での子どもの異変についての情報で、曖昧な形で書き込めるものは、コメント欄に。
具体的な情報は、連絡先を添えてメールでお寄せ下さい。
コメント欄で書いている方でも、具体的にさらにお伝えいただける方は、是非メールしてください。
これは大切です。
医師の皆さん、特によろしくお願いします。

未明に書いて消えた原稿よりも(コピーいただき復活しました。ありがとうございます。)、さらに懸念が高まった原稿です。
どうも、当初想定よりも、最近空間への大量放出がおきていないのに、深刻な状態が、東京などの首都圏にもうおきはじめていれば、大変な話です。
話が深刻で、首都圏住民に強い警告になりますので、書くことを躊躇する気にもなる話ですが、僕はやはり危険がある可能性を言うしかありません。

一緒に自分や自分の大切な人の身を守ることに努力してください。
事態は切迫していますし、そのために大きな流れが始まっている気がします。
声をあげるしかありません。
(以下はこの呼び掛けに答えた書き込みからの抜粋です)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

鼻血 (kt)
2011-05-29 19:21:23

はじめてコメントします。

茨城県南部在住ですが、7歳の息子が先週、生まれて初めて鼻血を出しました。そして今日も。
ぶつけるなど外部からの衝撃は全くなく、突然たらーっと。今日は車内でした。
頭がガンガンすると何度か訴えてきたり、手首と足首が痛いといいます。熱はいつも平熱です。

小児科に連れて行こうかと思っていた矢先、今こちらを読んで血の気が引く思いです。
どうしたらいいのでしょうか。この地からは引っ越すことはできる状況にないです。
このまま住み続けていいのでしょうか。 

家庭内で食べ物には気をつけていますが、小学校は県産物が中心です。どうしたらいいでしょう。。。
母として、なにができるのでしょうか。。。

鼻血と集団貧血 (ひるまはるみ)
2011-05-29 21:31:12

はじめまして。
板橋区に住んでいます。
練馬区・板橋区に住む方々にフラを教えている者です。
震災後、生徒の子ども達(小学生)
そしてそのお母様方から「鼻血」の
話をよく聞きます。

毎回、クラスの誰かが授業中に鼻血を出している。
今まで出したことないのに鼻血が出た(大人も子どもも)。
最近とにかく鼻血がよく出る(いつも出す傾向にある子)。

朝礼で一気に30人もの子ども達が倒れた。
その後朝礼で、
いつもより相変わらず倒れる子が多いとのこと。

座っているのにいきなり倒れるというような貧血を
繰り返す子もいる。倒れた直後目をさますまで記憶がないとのこと。
(医者は異常なしというが、数日後また同じ症状で倒れた)。

「地震」については今だみなさん注意を払うものの、
「放射能」の言葉を出すと、黙ってしまい
なかったことにするように話題がそれてしまいます。

雨の中、ずぶぬれのままサッカーをされていたり、
雨上がりでの校庭での運動会練習など、
話を聞く度、不安で不安で仕方がありません。
この時期に運動会という都内の小学校は多いようです。

あまり、お役にたてないかも知れない気づきなのですが、
どうしても気になりましたのでコメントさせていただきました。

鼻血 (milgyu)
2011-05-29 21:49:45

初コメントです。新宿区在住です。
小学生(8歳)の娘が、先日、生まれてはじめて鼻血を出しました。
ほかにもクラス内で5人ほど鼻血を出した子がいるようです。
高熱が続き、インフルエンザなどの検査も陰性で、原因不明といわれた子もいます。

最近多く飛んできていた黄砂にも放射性物質が含まれていると聞いたことがありますので、
Wパンチなのかも知れません。

できる限りマスクなどをしたり、食材に気をつけるようにしたいと思います。

Unknown (hisa)
2011-05-29 22:50:00

茨城県南在住です。
4月中旬に近所の子が3人、うちの上の子供もほとんど同時期に鼻血を出しました。近所のお子さんも今まで鼻血など出したことがないのに、ここ数日続いているとお母さんが不思議がっていました。
私は、3月からずっとのどの調子が悪いです。
今年は、洗濯物を部屋干ししたり、マスクを徹底していたおかげか、花粉症の症状はほとんど出なかったのですが、のどだけがずっと調子が悪いのです。花粉症ならいつもはかゆくなりますが、今回はずっとヒリヒリするような痛みと、のど仏のわきが指で押さえられたような違和感がずっと続いています。かぜの時のように、扁桃腺が痛いのとも違います。
下の子も、3月中は顔をかゆがって、普段はアトピーでもないのに、こすって赤くなってしまっていました。皮膚科では、花粉のせいでは?と言われました。(今はかなり症状が軽くなっています)(後略)

体調不良 (千葉市在住)
2011-05-29 22:57:16

3月中旬から4月いっぱい西に避難していました。5月の半ばに7歳の長男が嘔吐と下痢で3日間ほど学校を休みました。その週末の運動会は強風で、校庭の砂が視界もなくなるほどの勢いで子ども席に舞っているような状態、その晩から今度は5歳の次男もひどい目やにと下痢が始まりました。放射能との因果関係はもちろん分かりませんが、休ませれば良かったと後悔しています。運動会に行きたいという息子の気持ちに負けてしまいました。その後、近隣の畑の土壌等からセシウム134とセシウム137合わせて役2000ベクレル/キログラム検出されたことが分かりました。もしかして千葉市もホットスポット??? 私も喉がおかしいです。痰が絡んだ変な咳が続いています。

喉の痛み (東京都文京区在住)
2011-05-29 23:49:34

49才男性です。営業で都内の外出が多い仕事です。

3月15日頃から、喉の違和感を覚え、その後時々軽く痛みます。

どなたかのコメントにもありましたが、4月中旬頃、家の敷地のすぐそばにけやきの大木が多数あるため、冬の間に降り積もった落ち葉を掃き、雑草なども片づけたところ、体調を崩し下痢しました。

最近は少し体調が戻り下痢も止まりましたが、喉の痛みは取れません。

会社でも何人か、風邪でもないのに咳をしている人が出ています。

耳鳴り (kame)
2011-05-30 00:03:03
35歳のいい大人です。「初期被ばく症状は、高線量地帯よりも低線量地帯で早く現れる」。初めて知りました。

私は4月の中頃から、耳鳴りが24時間ずっと鳴りっぱなしです。初めての経験で、非常につらい思いをしてます。こうした状況なので、やはり放射線被爆の原因を疑ってしまいます。3月11日の地震で市原でコンビナート火災があり、その時雨に濡れたので、それに原因があるかもしれません(文科省のホームページで、チッソが劣化ウランを備蓄していたことも知りました)。いずれにしても、福島の原発事故は、未曾有の大災害ですので、医師の方は、診療の際には、被爆症状との因果関係を第一に考えて頂きたいと思います。

子どもの不調 (Unknown)
2011-05-30 00:03:11

1歳半の息子がいます。

3月14日から東京から名古屋へ息子と避難しています。

3月27日から10日間だけ東京に戻りました。

滞在中に息子が体中を掻き毟るようになり、名古屋に戻ってからも1ヶ月くらい痒がっていました。
また、名古屋へ戻ってから空咳を1週間くらいし、明け方に鼻血を1度出しました。初めての鼻血で、寝ていただけなので驚きました。

念のため、小児科でアレルギー検査を受けましたが、「きれいさっぱり何にもない」と言われました。

かなり健康な子です。
毎日のように児童館に通いつめていたのに、風邪も数えるくらいしかひいたことありません。肌も強くて乳児湿疹、おむつかぶれ、日焼け止めなどの化粧品かぶれもありませんでした。

10日間の滞在なので、思い過ごしかもしれないと思いつつ放射能の影響を疑っていました。

滞在中、水はお風呂以外はすべてペットボトル、食材も産地を選んでいました。

家でじっとしていられない子なので、外遊びを1日2時間くらいさせてました。

東北、関東に住み続けている子ども達が本当に心配です。

鼻血、のどの腫れ、口の苦味 (東京23区西部)
2011-05-30 00:50:37

いつも読ませていただいています。貴重な情報、本当にありがたいです。
東京23区西部在住30代です。私は3月は週末のみ西日本にいました。4月からは東京です。4月9日に起床後すぐ鼻ををかんだら鼻血がでました。大人になってから鼻血を出した記憶が殆どありませんので少々驚きました。花粉症はありますが、鼻血を出したことはありません。
また、その週明けには、夕方から口の苦味を感じ、水道水で口をゆすぐとますます苦いというのが続きました。そして、のどの両方のリンパせんが腫れ、喉のまんなか下のおそらく甲状腺あたりがはれぼったく、飲み込む際に違和感がありました。「放射能かな~」と冗談で言っていましたが、冗談ではすまされないのかもしれません。その後ゴールデンウィークに西日本に行き、ゴールデンウィーク明けにはいったんよくなりましたが、また最近喉に違和感と口の苦味があります。マスクは花粉用を毎日していますが外に出る機会は多いと思います。行動範囲は0.10~0.15マイクロシーベルトです。(後略)

金属臭・味について (k)
2011-06-01 11:30:59

黄砂や花粉症と見分けの難しい症状もあるのですね。

私が気になったのは「口の中が金属っぽい」という言葉です。
スリーマイル島の事故があった際、周辺の住民が金属っぽい臭いを感じたとの記事を読んだことがあります。

金属臭 スリーマイル

でアンド検索すると、東京の雨もそんな臭いや味がしたとのツイートありました。

スリーマイルでの証言の中には、「鉛の臭い」「胴を溶接したときのような臭い」「口をいくらすすいでも取れない金属の味」

など色々な証言がありました。

ドイツ気象庁の風向き+金属臭が感じられたら風下は危険なので避難&すぐにシャワー・ヨウ素やセシウムなどを取り込みにくくする食品の摂取(普段から摂取しておくのがベスト)などをするのが良いと、私なりには判断しています。

Unknown (Unknown)
2011-06-01 17:06:24

財団法人 山口県予防保険協会ホームページより

Q.放射線による健康障害には、どのようなものがありますか?まず、おなかの赤ちゃんの奇形や流産の原因となることが挙げられますが、これは有名なので、妊娠中の方は通常放射線業務は避けられているはずです。よって、これが問題になることは少ないでしょう。

A.電離放射線で起きる健康障害は、放射線を受けた直後~数日以内に起こるものと、受けてすぐには発生せず、数週間~数年経過してから発生するもの、上に挙げた奇形や流産のように、次の世代に影響が出るものの3つのタイプがあります。
受けてすぐに起こるものとしては、皮膚の腫れや粘膜の炎症、だるい感じ・吐き気や頭痛などが挙げられます。ただし、これらは一時的に休止したり、必要に応じて薬を用いることにより、大部分が改善します。
数週間~数年経過してから発生するものとしては、まず貧血や、感染症への抵抗力が低下して風邪をひきやすくなる、あざができやすくなる、などが職場では問題になりやすいでしょう。これらは、赤血球・白血球・血小板を作っている骨髄が放射線によるダメージを受けることにより、これらの血液成分が減少することによります。ですから、放射線による貧血は、普通の貧血のように鉄分をしっかり摂れば回復するものではありません。また、血小板減少が過度になると、出血により生命に危険を生じることもあります。
骨髄と並び、生殖細胞も放射線によるダメージを受けやすいため、不妊の原因となることもあります。
そして、発がん性も有名です。やはり骨髄が放射線への感受性が強いことから、特に白血病の発生率が高くなります。
なお、受けてから早期に起きるものは、1回~数日以内に受ける放射線の強さ(線量)がある 一定限度を超えなければ出ませんが、発生まで時間がかかるもの・次の世代に影響が出る ものでは、線量が小さくても発生することがあるのが特徴です。ただしこの場合も、 線量と発生率は比例しますので、後にご紹介する安全管理を適切に行うことで極力防ぎ、 電離放射線健康診断を年に1度実施することが法律(電離放射線障害防止規則)で義務付け られています。

この直後、数週間の症状が、ごく少量の放射性物質の内部被爆で、出現するのかどうかなのだと思う。出現する人も何パーセントかはいる(多分、感受性の問題で、出現しない人の方が多いのかもしれない)という仮説を新たにたててで、これまでの常識を疑って調査を開始するべきではないかと思う。
 微量内部被爆の実験的な調査というのは、原則的にはできないことだから(倫理委員会はもちろん通らない)、いまの福島原発~東北関東圏の状態は、壮大な人体実験的な状況にあることになると思う。だから、しっかり、その分野の研究者、医師は、常識を疑って謙虚に調査研究すべきである。

3月は被曝 (東京母)
2011-06-01 23:12:13

京都大の小出先生の「3月15日東京を襲ったみえない雲」を検索してみてください。
この件は、国会の行政監視委員会でも、発表されていました。

あの日、高校の娘が休みになったので、二人で自転車に乗り3時間ほど買い物にいきました。

帰宅してすぐ気付いたのは、私の唇に二つの水ぶくれが。。。

突然できたので、冗談で被曝した・・・と、笑い翌週は私と娘が同時に3日間鼻血・・・

高校でも何人かいたと。。。

私も娘も鼻血は何十年ぶり、、、、おかしいと思いながらそしたら・この記事・・・・
ショックと政府への怒りが収まりませんでした。。。

パニックにならないようにですって????

これはならないといけないことです。
命にかかわること!
せめて外出しないようにと知らせてくれなかったのか・・・
枝野さんの妻子はすぐ海外にいかれたと・・・

今更知らされても後の祭りですあが、許しがたいことで怒りがおさまりません。

私はもういいです。

娘はこれから子供をうむのです。娘だけじゃありません。

東京はあの日一日で1000マイクロシーベルトつまり1ミリシーベルト・1年分あびたことになります。

北海道です (Unknown)
2011-06-02 12:34:51

ここに症状をコメントしている皆様は
決して考え過ぎでも、気にし過ぎでもなく
ありのままの症状を書かれていると思います。

北海道ですが、こちらでも下痢が続く、または
便がゆるい、口内炎が治らない、体がだるい等
の、今までにはなかった症状が出ている方が
驚くほどたくさんいらっしゃいます。
被曝のせいとは思わず不思議がっています。

Unknown (  )
2011-06-02 11:01:24

根拠のない安全を煽ることもデマなんだけどなぁ。メルトダウンしません、格納容器は壊れません、っていってた科学者はどうでしたか?
それに気づかない人って多いんですね。

喉の痛み他 (柏市在住)
2011-06-02 16:38:36

40代(女)3月下旬から喉の痛みが続いています。
70代(女)ずっとマスクを着用していましたが、1度だけマスクをはずして浅草に。翌日から風邪の症状と高熱で寝込みました。何年も風邪を引いてなかったのにです。
小6(女)喉の痛みが続いてます。
級友には普段元気な子でも体調をくずしている子が多く、また鼻血を出すこも目立つということです。

柏市教育委員会はそれでも問題ないとして、プールもはじまります。

そういえば (ななこ)
2011-06-02 18:03:01
元関東在住です。震災後西日本に移りました。5月に関東に用事があり一週間ほど子供連れで戻ったら、4歳の子供の鼻の中の粘膜が異常に荒れだし、ものすごく痛そうでした。西日本に戻ったら病院に連れて行こうと思ったのですが、戻ったらすぐに治ったので病院に行かずじまい。この記事を見て何となく納得…。気のせい、とか言われても実際そうだったので。

小学校でも (松戸市在住)
2011-06-02 20:49:34

今日学校からお手紙をもらって子供が帰ってきました。
学校で22人お休みの子のうち11人が嘔吐症状だったそうです。
クラスの子も何人か鼻血を出したそうです。
私も今妊娠中なのでこういう原因不明の症状が
いろいろなところに出ていると心配でなりません・・

気がついたことの記録をつけます (るし(東京・杉並))
2011-06-03 01:14:57

はじめまして。
こうした情報を収集するのは大切なことだと思います。懐疑的な人はコメントする必要ないと思います。

東京在住、中三娘と49歳母の感じた異常や違和感です。だいたい去年までは、ほとんど熱もださない子でしたが、3月の事故後から、咳、喉の痛み、微熱、疲れが続いています。

事故後、15日に初外出。18日~21日まで名古屋。21日東京帰。その後も3月中はほとんど家の中にいましたが、東京の数値の高い日に移動していたことが、いまさらですが、悔やまれます。とくに帰宅時の東京の空気は異常でした。
22日の翌日か2日後ぐらいから、鼻の奥の粘膜に血が混じった固まりができるようになりました。まとまった出血ではなく、じわじわ滲んだのが寝ている間に固まったような感じです。
首、手首など、露出してた皮膚に、私が3箇所、娘も数か所、いままで一度もみたこともできたこともない、小さな痛みのある、1ミリあるかないかくらいのヤケドの水泡のような粒がプチっとできました。これはすぐつぶれて剥けました。ほかの傷より直りが遅く、いまもあとが残ってます。
その週の後半から、二人とも下痢と微熱がでてきて、娘はさらにめまい、虚脱がひどく起き上がれませんでした。低線量の放射線障害かなと思いました。29日に病院で受診、血液検査で炎症反応がでました。娘は貧血もでてました(Fe服用開始)。
新学期がはじまり登校しはじめると、異常に疲れて良く寝ます。以前から寝る子でしたが、4月中は帰宅するとすぐ寝る、という感じ。微熱もあって、市販のカゼ薬をずっと服用してしのぐ感じでしたが、4月29日にまた発熱、咳と喉の痛みがひどくなり、GWはほとんど寝てました。5月入っても体調はそう良くならず、娘の友人も、みんなで喉アメなめたりしてました。14日また発熱。最近は運動会に向けて疲れてるのか、娘はずっとダルくて機嫌が悪いです。休む子も増えてるようです。あまりにも頻繁に発熱が続くので心配です。私の喉もずっとはれてます。
これからも健康の記録をつけていこうと思っています。

もし可能なら避難を (福岡疎開組)
2011-06-03 13:30:44
(前略)さて、放射性物質です。農水省が16都県に牧草の汚染調査を指示
しました。先ごろその結果が公表されました↓

「汚染牧草、早期に刈り取り保管 農水省が指導方針」
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201105190225.html

基準を超えたのは8県だったそうです。でも、ちょっと待ってください。
汚染調査地域はどうやって推定したのでしょうね。この地域の牧草は
汚染されていそうだなってヤマカンですかね(笑)ヤマカンだから
新潟が除外されてるのかな?

とにかく農水省はここが汚染されていそうですよってマップを公式発表
したわけです。新潟を除いて本州の50Hz地域は怪しいよってことですね。
検査が必要なくらい放射性物質が落下しているかもよ!ってことですね。

いま現在も放射性物質が降り注いでいます。できるなら疎開しましょう。
枝野さんは「ただちに影響はない」って言いながら現地入りは重装備
でした。あれは枝野さんの優しさですね。「おまいら現状はこれだぜ!」
っていう巧妙で強烈なメッセージ。内閣官房長官ですから口にできない
こともあるでしょう。俺の姿を見て察してくれって。優しいですね。

福島第一の3号機の爆発で燃料プールの核燃料が粉砕され飛散したことが
推定されています。その粉塵が風に乗って東京を中心とした関東に降った
ことがわかっています。山本太郎さんがビデオの冒頭で「高濃度汚染地域、
東京から…」って言ってるのは冗談じゃないです。(後略)

具体的な症状 (設備)
2011-06-05 09:18:10

埼玉で設備関係の仕事をしています。

空調機のフィルター清掃をした後、鼻の奥が熱いというか変な感じで、鼻血がでました。もちろんマスク着用で、普段以上に気をつけています。3.11前は、こんなことはありませんでした。
他には筋肉痛がなかなか治らない。関節痛が治らないとの声などがあります。
後、お惣菜を買って食べたら、喉が痛くなりましたので、それ以降は買わないようにしています。

群馬の妹家族に同じような症状 (愛知県のママです)
2011-06-05 23:28:39

群馬に住む妹家族に聞いてみると同じような症状があったようです。
妹は草むしり後、喉の痛みが1週間ほど続き、5月には高熱が出ました。数年ぶりの発熱です。
小2と年中の子どもが鼻血、夫・小2・年中の子どもが下痢が続くなど聞いてみるとみなさんと同じような症状でした。

少しでも早く、校庭や園庭をきれいにしてあげたい気持ちでいっぱいです。

また、中部や関西も地表1メートルでは通常の倍以上の線量です。このあたりの心配です。

WHOもIAEAと癒着 (九州在住)
2011-06-06 10:03:21

スリーマイルと隠蔽の仕方が酷似してきてます。
http://onihutari.blog60.fc2.com/blog-entry-54.html

<スリーマイル島原発災害について>
1 大嘘だった「原発事故が起こる確率」
2 スリーマイル原発災害でも隠ぺいされたアルファ線・ベータ線核種
3 公表値の4000倍の放射性物質が放出されていた
4 住民に知らされなかった放射能放出:裏で当たり前のようにベントしていた!
5 鼻血、下痢、吐き気、赤い発疹などは大量被曝の症状
6 政治的に隠ぺいされた臨床事実
7 ハーシーズ・チョコレートの犯罪的ビジネス
8 「科学」は金で買収された:こうして御用学者の時代が築かれた

<チェルノブイリ原発災害について>
9 IAEAがWHOを手なずけたことで世界はおかしくなった
10 フランスでもホットスポットがあったのに隠ぺいされた
11 数千キロ離れた低濃度汚染地域でも被害は多発している
12 原発災害は数十年たっても終わらない

Unknown (専門医の手記)
2011-06-07 04:12:54

「放射線による初期症状は、外部被曝の量と内部被曝の量、年齢で、大きく違ってきます。比較的近い地域でも、ちょっとした風向き、地形差で、被曝の様式も大きく変わります。言いにくいことではありますが、既に初期症状が現れても不思議は無いだけ時間が経過したと考えています。私は、チェルノブイリの被曝者を診ていますし、仕事柄調べてはいますが、被曝線量が多い場合ではなく、低被ばく線量での影響が専門です。

 福島第一の近傍と他県でもホットスポットと、たとえば東京とでは、症状の出方に差がある被曝線量です。ただし、東京神奈川でも、屋内に放射性物質が付着した塵が多ければ、相応の症状があっても不思議はありません。

 最初期のドライベントで、短寿命核種も放出があったのですから、それによって、鼻腔粘膜の細胞死数が増えて、炎症が起きることがあります。粘膜は、数日で元に戻るのですが、日々放射性物質を吸収していれば、微粘膜に付着し続け、炎症が続き、特に副鼻腔に蓄積すると、排出が困難なため、副鼻腔炎を起こし、さらに細菌感染しやすくなります。上咽頭まで炎症が起きれば、咳がでます。鼻血は、初期で止まると思います。止まらなければ、空気中の粉塵に付着している放射性物質量が多いと推定されます。初期には、皮膚の皺、指の爪の間に溜まり、皮膚炎、爪の割れ、さかむけ、などがおきます。食事等での摂取が多いと、消火器、特に、腸の粘膜にダメージが多くなり、軽度で続く下痢、軽い腹部の痛みがおき、毒性の強くない細菌による食中毒様の症状を起こすこともあります。その場合、腹痛と一過性の吐き気、下痢です。

 時間が経過し、体内への蓄積量が増えると、指先では抹消神経炎のような鋭い痛み、皮膚の発赤、繰り返す気道感染が、小児と20代後半から30台前半に多く現れます。感染症の場合、熱が出て、感染症と診断されると思います。最初の影響は、細胞数が面積当たりで少なく、細胞層が薄い組織から異常が始まります。そのため、皮膚の弱い人では、より炎症が激しくなり、指等の関節が痛むことがあります。この場合はアレルギーと診断される可能性が高いと思います。

 内部被曝が高い場合、内分泌系に異常が起き、体重減少や生理の遅滞、生理の異常が起きます。小児は、おとなしくなってきます。小学校高学年から中高校生は、ホルモンの分泌が非常に多い時期なので、あまり変わらない可能性が高いのですが、20代後半から30代前半ではだるさを感じ始めるとおもいます。

 妊娠での問題は、妊娠初期の細胞数が少ない胚の段階では、1細胞へのダメージは初期流産(被曝しなくても普通にある)に直接繋がります。妊娠最初期では妊娠に気付かないこともあると思います。分化が起きている時期での被曝は、四肢や指の分化不全を起こすことがありますが、流産にならないこともままあります。妊娠後期では、乳児と同じ考えても大きな違いはありませんが、内分泌にダメージがあれば、生後の知能と成長が良くはなくなります。チェルノブイリでは、それらが起きた地域と同等の被曝レベルの地域が日本でも広い地域にあります。

 内部被曝線量の高い方々では、免疫の低下は、既にあると考えてよいと思いますが、その症状の出方は、個人差が大きく、最初は、上気道感染と腸管感染が主だと思います。なお、副鼻腔炎から中耳の炎症を起こすこともあります。

 最も大切なことは、それぞれのご事情があって難しいとは思いますが、被曝線量を減らすことです。そうできるように、ご家族を説得なさってください。被曝の場合、症状の軽減はあまりありません。ご家族に説明される時の一助になればと思います。なお、40台以上での影響は、急速に少なくなります(だからと言ってないわけではありません)。

免疫を落とすステロイドの使用は、注意してください。」

こどもの体調 (保養に行きたい母)
2011-06-07 11:36:34

こんにちは。
千葉県北西部在住の者です。
我が家の子どもたち(8才と11才)の体調についてお知らせします。
8才の子は、3月21日頃から数日間発熱、咳が続き、耳鼻科受診時に扁桃腺の腫れを指摘されました。
11才の子は、3月28日頃から同様の状態でした。
また8才の子は、4月頃、生まれてはじめて鼻血を出しました。特に鼻をぶつけたとかいじったわけではなく、入浴直後でした。
11才の子は普段からよく鼻血を出すのですが、先日(5月半ば頃)は、40分~50分間鼻血が出続けました。
(かかりつけの耳鼻科医には、1時間も鼻血が続くと異常と言われていたので、そのときはまず「こども急病電話相談」に電話をかけ相談しました。。)
その後なんとか鼻血が止まったのでよかったですが、とても不安でした。。

Unknown (専門医の手記)
2011-06-07 15:00:34

>toshiさん

こちらは「あるサイト」にてみなさんと同じような症状をうったえる場所にて専門医の方が話されている内容を無断でコピペさせて頂いたものです。緊急時である故の処置としてお許し願いたい。
今後政府サイドでは情報隠蔽の方向にむかっていくかもしれません。ご本人に迷惑がかかってしまうと今後このような有益な情報が遮断されてしまう恐れもありますので、ソースの提示は勘弁していただけると助かります。
ご自身のためコピーされておくことをお勧めします。

返答その2を追記します。参考にして頂けると幸いです。

「私は医学者で、ミュンヘン等での出来事も職場の事情で知っていますし、被曝地帯に行くに当たって、被曝を避ける方法や被爆の原因も調べました。各地でゴミを燃してフィルターで放射性物質を取れるなどという夢のようなことを書く武田氏には、賛同しかねます(個人的には、武田氏は、火消しだと考えています)。放射線障害は、癌の死亡率が上がるだけが問題ではありません。初期には内分泌系、時間が経てば心臓血管系と中枢系、さらには、関節変形、分化異常、奇形と、非常に多様な障害を起こします。

 特に、小児の知能と成長の障害が大きく影響をしますし、中枢系の分化異常は、精神異常などの障害も起こすのです。低レベル被曝では、治療を必要としない程度の異常が多く、統計上で現れませんが、程度の差こそあれ、だれでにもおきてしまうことです。スウェーデンでのIQ10の低下は、単に知能の低下を示しているだけでなく、性格異常や、創造性の減少、成長障害(実際に小さくなっています)など、多様な問題を生じます。60台以上では影響が少ないと言う物理系の方は多いのですが、老齢者の被曝は、早期の認知障害を生じます。NHKの番組で出てくるような重度の障害より、非常に多数の軽度の障害、つまり、わずかなホルモン不足や、わずかな分化異常で、なるべき人間になれなかった人たちも由々しき問題なのです。

 医学者として、診てきた障害を生々しく書くのは嫌なことです。ですが、まだまだ放射線障害の被害を甘く見ていると思います。私が書いたことは、考察ではなく、実際の被害者を診てきたからです。診察した子供たちの親たちが「この子は普通だ」と言うのを何度聴いたと思いますか。この言葉は医師にとって悪夢です。」

Unknown (専門医の手記)
2011-06-07 18:15:15

返答その3(某サイトにて返答されたものです)

1mSvだって、原発からなら本来浴びるべきではありません。
ましてや、現実を無視して、放射性物質を各地で処理できるとは、常識がある人ですから言うはずが無いことです。
20mSvから1mSvにしても、1mSvで被害を蒙る人々を切り捨てるということです。
医学者としては、そんなことは言えません。
さらに放射性物質の分布は、非常に大きなムラがありますから、平均1mSvでは、10mSvもあれば、ほとんど0もあります。
ドイツは、非常に小さな升目で全土を計測し、必要なら屋内まで調べて状況を把握しようしました。
これも、国民が声を上げたからですが、過去を知っていれば、ニタニタ笑いながら、TVに出演するなどできないと思います。
政府の計量方法の問題、呼吸からの大量の吸入の問題など、指摘すると思います。
近畿のホットスポットの0.1-0.2mSv/Hrで、掃除や洗濯等での対策と、関東では、まったく桁が違います。非常に残念なことに、このスレッドで、初期症状だと認識できる症状がアップされています。
先に起こることがチェルノブイリでわかっているだけに、極めて恐ろしいことです。
訴えなければならないことは、出てしまう被害を減らすことではなく、被害そのものを出さないようにすることです。
現在症状があるということは、将来、知能障害や成長障害が高率で起こる可能性があり、ホルモン量の個人差から、どの程度少ないのか判らないので、対処の方法がほとんど無いということです。
現在障害が無いといっても、体内の細胞は死んでいきますので、やはり何らかの障害が、認識できるかどうかは別として起きてくるわけです。
まず必要なことは、安全地帯を確保し、そこの飲食物を被災地に送ることです。
そして、もっとも放射線に敏感な世代と女性を移動させるべきです。
単に危険を訴えるだけでは、それで安心して動かない人が増えていると私は思います。
強烈な火消しではないでしょうか。

原因不明の咳 (福島市よりの避難者)
2011-06-08 05:05:27

震災後、東京へ避難してきた者です。
避難指示が出ている場所ではないのですが、放射能が心配で、自主的に避難してきました。

5月中旬より、喉の渇き、痛みが出始め、咳をすると止まらず、苦しい状態が続いています。

私だけかと思ったら、私の周りに同様の症状の友人が多いのです。
みな福島にすんでいる、もしくは住んでいた友人です。

不安になり、Googleで検索したところ、こちらのブログにたどり着きました。

当方、30代女性です。
もしこれが、初期症状なら、子供はどうなってしまうのでしょう。。。。

今後がとても怖いです。

ドイツより (igel)
2011-06-08 14:38:35

ドイツ在住です。
ドイツ人の友人に小児科医や放射線専門医もいますが、内部被曝にはこれ以下の数値なら安心という”しきい値”がないということで皆意見一致しています。
それと逆のことを主張する人は(それが専門医であれ)原発ロビーと癒着していると考えるほうが良いと思います。
またチェルノブイリ事故後も被曝による被害を小さく見せるために「精神的ストレス」説がIAEAなどの原発推進派によって流布されました。

既出だったら申し訳ありませんが、以下のような記事も見つけました:

「事故の1週間後にカルディコット医師はペンシルバニアのハリスバーグ(スリーマイル原発から一番近い都市)に行き、避難してきた人達に講演をしたりや質問を受けたりしていた。そこで、避難してきた人達がみせていた体調の状態は、チェルノブイリ事故10年後にプリペットという町の住民が訴えていた症状ととてもよく似ていた。これらの症状は、めまい、嘔吐、下痢、鼻血、口の中に金属の味、脱毛、皮膚の赤い発疹で、これは典型的な急性放射線障害の兆候である。

Unknown (専門医の手記)
2011-06-09 01:54:54

*返答その13*
「皆様のご投稿と計測で、判明したことがあります。

非常に低線量なのに症状が起きることに対し、疑問を持ちました。多くの医師は、このような低線量で、症状が出るはずがないと考えていると思います。しかも、福島から離れた場所で症状が出ていますので、これも疑問でした。

線量計での地表と1m、2m、3mと高さを変えると、放射性物質が付着した粒子が大きい場合、地表の線量が高くなります。ところが離れた地域では、空間線量が、高さではなく、風で変わります。つまり、放射性微粉塵は、非常に小さい粒子であり、数が多く、地表に落ちません。落ちても風で舞い上がってしまいます。実際、着衣にも付着しやすく、はたくと微粒子が舞い上がり、線量があがります。もちろん、福島第一に近づくほど、粒径の大きい粒子が増えます。粒径が大きいと、地表が高いという、チェルノブイリと同様になりますが、福島からはなれるとそうなっていません。

つまり、非常に細かい放射性の粒子が多数あり、それを鼻もしくは口で吸い込み、鼻腔粘膜から気管支までに付着し、ヨウ素イオンもセシウムイオンも易溶性ですから粘液に溶け出し、ほとんどゼロ距離から粘膜細胞を破壊しました。これなら、空間線量が小さくても、通常の埃以上に粘膜の損傷が大きくなります。さらに、このような微粉塵は、気流などで濃度分布が激しく変わります。時定数の長い線量計では、一見少ないように観測されても(長時間の平均ですから)、濃い時に吸引して、粘膜に付着し、障害を起こしたと推測されます。福島第一の近傍では粒子が大きかったため、地表の線量が大きく、高さ1mでは、大きく値が低下するわけです。粒子が大きければ、気道奥には侵入しません。一方微粒子は、副鼻腔にまで進入しますし、目や指の間などにも付着します。このような微粒が多数食物に付着していれば、低線量でも腸管の粘膜を広範囲に損傷することになります。

以上の推測から、粒子が細かいので(おそらく気管支喘息まで起こしているとすると、15ミクロン程度(6ミクロンでは、肺胞に届く)ではないかと思われます。さらに離れた西日本では、繊維などに付着して地表数10mくらいまでの高度で浮遊していると考えられます。

このような放射性微粒子のエアロゾルは、高空では、密度が低く同時に20m程度の高さにある吸着型の計測器では、濾紙をすり抜けてしまう率が高くなります。

明らかに福島第一は、チェルノブイリとは違います。どうやら粒子も、大きくて地表に落ちたものと、非常に細かくてエアロゾルとして浮遊しているものとに分かれていると思います。この非常に細かい粒子は、福島第一独特かもしれません。崩壊した燃料の高温状態が続き、気化した放射性物質由来だと考えられます。

マスクをしてください。気道の癌が将来多発することになります。埃を避けてください。外出後、玄関で着衣を着替え、なるべく早くシャワーを浴びてください。エアロゾルは、気流で移動しますが、草木の表面が乾くと再び現れると推測されますので、特定の地域は濃度が高いと思います。

線量が大きくない地域では、主に放射性の微粉塵で障害が起きていると推測されますので、一時的でも良いですから、より微粉塵の少ない地域で過ごされれば、粘膜の回復は早いので、症状が軽減、もしくは消えると思います。

このような微粉塵は、非常に遠距離まで飛びます。西日本でも京都盆地の中央部や草木が多い万博公園(万博公園は、どうもこれだけではなさそうですが)のように高い地域ができます。その空間線量は、大体0.10μSv/Hrから0.25μSv/Hrです。粒子が細かいので、雨ではあまり減りません、若年層には、このような地域は、好ましくありません。マスクが必要です。

埃は、屋根裏や狭い空間に多く残ります。電気工事、配管工事、清掃業、運輸・引越しなど、埃を多く吸入してしまう業種の方々は、特にマスクと手袋が必須です。政府発表の値と大きく異なるのは当然ですので、線量が低下していると発表されている地域でも、十分に気をつけてください。

なお、これだけでは、全部の現象と症状を説明しているわけではありません。チェルノブイリと異なり、非常に粒子の細かい放射性物質のエアロゾルが、あちこちに現在もあるということです。それがある濃度を超えれば、空間線量が小さくでも粘膜障害と抹消神経炎などを起こします。粘膜障害を起こさなくても、気道からの取り込みが続きます。マスクと室内の埃の除去は重要です。なお、室内の掃除では、埃をたてない工夫が必要だと思います。なお、粘膜に軽度の損傷がある場合、放射性微粉塵のわずかな増加と蓄積量の上昇で、障害を起こしやすくなります。」

Unknown (疎開組)
2011-06-13 14:39:23

東京在住で今は沖縄に移住しました。3月12日に状況がまずいと思い岡山に疎開し、その後、沖縄に移動しました。
しばらくして東京に戻ると羽田を降りてからしばらくして喉の違和感を感じ始めました。
この時はマスクを着用していたのですが、N100マスクという特殊なマスクで長時間着用していると息苦しかったため、少し外してしまっていました。
その後、元の自宅に戻り、家では普通に過ごしましたが、喉のガサついた違和感とちいさな頭痛が続きました。
頭痛など何年も無く今までに無い感覚であったため、近所の人や友人などに同じような症状が無いか聞いたところ多くの人が同じような症状が出ていることが分かりました。

中には生理が1か月も止まらないという人もいましたし、久しぶりに鼻血が出たという人もいました。
今は、また東京に来ましたが初日から喉とリンパ腺の痛みがあり2日目に悪化し頭痛があります。
また前回無かったふらつき感があります。
よくよく調べるとプルトニウムとウラニウムを吸い込んでいる時の症状だという事が分かりました。
こんなに短期間で症状が出るような強い悪影響が出ていることに正直、恐怖を覚えました。
今は予定を繰り上げて沖縄に戻る所です。
ちなみに沖縄の不動産業者さん10件ほど聞き込みをしたのですが、原発事故後の移住者の多くが医者だそうです。高級物件がどんどん決まると不動産業者はホクホクのようでした。

東京練馬区で鼻血 (yukinezumi)
2011-06-15 03:56:54

原発事故の5日後に幼い子達を連れて九州の避難者住宅へ自主避難していましたが、仕事の事情で4月半ばから5月初まで東京練馬区の自宅に戻りました。
その間、4歳の娘が毎日のように鼻血を出しており「鼻をいじってるからよ」と叱ったりしていました。
東京で低線量被爆とは夢にも思わなかったのです。
しかし、再び九州の避難地へ戻ってからしばらくして鼻血は収まりました。
それに母子ともに頭痛、発熱、じんましん、のどがとても痛いといった風邪のような不調がずっと続いていてそれは九州に戻ってからしばらく続きました。
もしかしたらそれも被爆だったのかもしれません。
誰かに話しても取り合ってはもらえませんし立証不可能な事なので、自己防衛に徹し周囲に理解を求めたり情報提供することをやめていました。
でも、声を上げなければいけない!と、このブログを拝見して思い直しました。
実際には似た症状の方々がこんなにおられるのですから。

症状改善についての提案 (フィジークアドレッセ)
2011-06-17 18:49:39

(前略)
現在大気中に放出されている放射性微粒子の主な成分はCs-134とCs-137ではないでしょうか。おそらく、微量のセシウム蓄積への対処療法は単純かもしれません。

セシウムは化学的にはナトリウム(Na)、カリウム(K)と同じアルカリ金属に属しています。よって体内細胞にカリウムと誤認されて蓄積されていると考えられます。カリウムは細胞の電荷を保つための必須元素です。

カリウムがナトリウムと一緒に排泄されるのは既知の事実です。よってカリウムと似たセシウムもその時に排泄されるはです。例えば、腎臓で Naの排泄にはKが必要なのは事実です。塩水を飲めば(カリウムの替わりに)放射性セシウムが尿に出るのは(ほぼ)分かりきってます。カリウムとセシウムは体内ではほぼ同じなので。塩分過多だとカリウム不足で高血圧になります。要するに普通はそこでカリウムをとらないから高血圧になるのです。そこでカリウムを急速に摂取すればカリウムが補充されて放射性セシウムは尿で排泄されているので元に戻ります。

よって、被曝症状(放射性セシウムの内外被曝 - つまり現在の状況です)の改善は
1.食事を一回止める(Na+K+ポンプを止めてセシウムを細胞外に出しややすくするため)
2.塩水を飲む(体内のNa濃度を上げるため)
3.半日ほど休み、おしっこへ数度行く(セシウムの排出のため)
4.最後にカリウム(たとえば海苔、バナナ)をたくさん食べる(汚染されていないカリウムの摂取のため)

カリウムをちゃんと摂取しておけば高血圧にもならないはずです。
(中略)
試しに知人にやってもらったら症状が止まりました。

もし被曝らしき症状が出ていてダメ元で何か試したい方がいましたらお願いします。もしよろしければ結果も教えていただければ幸いです。

OurPlanetTVが体調不良報告フォームを作成 (kazz.)
2011-06-20 09:06:41

311以降の異常・異変をお知らせください。鼻血やだるさなどの健康障害や異変が放射能と関連性があるものなのか。何が起きているのかを把握するために、専門フォームを設置しました。
http://bit.ly/l8CrzM

東京電力の元社員の暴露の通り低線量被曝障害 (そふたん)
2011-06-29 05:28:05

20mSvでも鼻血などの「急性」放射線障害が出る!と東電元社員は指摘している通りだと思います。

http://blog.livedoor.jp/hardthink/archives/51840888.html

決して思い込みでは無く、免疫力の低下が招く諸症状はあってしかるべきでしょうね。

東京でも… (FUKUSHIMA)
2011-06-30 06:18:44

私は現在福島県の福島市に在住しています。
なぜ自主避難しないのか!?と皆さんは思うでしょう?
私も勿論直ぐにでも自主避難したいです。
ですが、金銭的に厳しく、また頼れる遠方の親戚もおらず実質的にも無理です。
可愛い我が子を見殺しにしているんです。
本当に悲しいです…。
今福島市は福島県の中でも線量が高いです。
昨日私の妹がガイガーカウンタで図ったところ1マイクロシーベルト以上ありました。
こんな所に住んでいては良くないことは重々承知です。
ですが、国は保証してくれるどころか大丈夫だと言います。
家の息子(7月で2歳)は肌が弱く5月位から痒疹という皮膚疾患が繰り返し出ています。
それと最近は週に1回発熱(9度近く)しています。
最近、小児科はいつも凄く混んでいます。
昨日は子どもの保育園のクラスの子が半分以上体調不良で欠席してました。
私は大人ですが、元々あった偏頭痛が酷くなり、身体中(特に背中)がひりひりと痒いのが続いています。

福島市にも沢山の仮設住宅が出来ています。
その中に線量が高い場所に建っている物があります。
原発事故で避難してきた人が意味ない様な気がします。

せめて子供だけでも避難させてあげられたらと毎日の様に悔しさでいっぱいです。
親として子供を守るという責任を果たすことすら出来ていないのです…。
自分を責めることしか出来ません。


非難されることを承知で書き込みました。

長文、乱文すみませんでした。

病院の先生がいっていたこと (スパゲティ)
2011-07-01 23:15:29

今日ですが大学病院元勤務が開業した病院へ行ってきました。私は近いうちに引っ越すのですが放射能について確認したところ

「引っ越せるなら遠くに引っ越せ。大阪は東京と変わらない。とにかくもっと南へ行きなさい。」といわれました。最初、大阪を希望していましたが、信頼できる先生なので少しショック。第二希望で広島を予定していました。今は広島に引っ越す予定です。広島での求人募集や地域性はとても良いと思いました。どこにいてもリスクがありますが、小さい子どもがいますのでとても敏感です。

症状がでているならお引越しをお勧めします。放射能は長期戦です。1日でも早く引越し1日でも早く仕事を得た人の勝ちに思えました。

肺炎 (kiki)
2011-07-11 23:28:10

ホットスポットに住んでいます。
6月に小学生の子供が原因不明の肺炎になりました。今は回復しています。
咳が続くという症状からの肺炎ではなく、頭痛の次の日に高熱が出てレントゲンの結果、肺炎の診断を受けました。色々調べましたが、マイコプラズマでもなく、アデノウイルスでもなく、さまざまな検査でも陰性でした。肺結核まで調べましたが陰性で、原因が特定できずに『常在菌による肺炎』との診断ですが、元気な子供がある日突然あまりに唐突に肺炎になったので、色々調べているるうちにこちらにたどりつきました。被災地での肺炎は急増しているようですが、この辺り(千葉県北西部)はどうなのでしょうか?今回の事と関係はあるのでしょうか?近くの方でも、原因が特定できない肺炎の方もいるようなので不安になっています。

肺炎 (照)
2011-07-12 11:46:11

4月から肺が痒くて、病院にいったら喘息の診断を受けました。今も痒いですが原因が全く分かりません。@豊島区

関西の放射線数値について…。 (神戸のママ)
2011-07-14 19:42:47

二度目の投稿です。神戸市の山の方に住んでますが、ガイガーカウンターで0.1~0.3位あります。
雨の日は一瞬0.36位出ました。
東京と余り変わらない数値だと思われます。
避難されたとしても大気中の線量は大差なさそうです。
食べ物や水はマシかも…と思いたいです。
ただ、最近はお肉を「国産」とだけ表示して産地を聞かないと判らないスーパーがあります。
魚は陸揚げを他県でして産地を変える手口があるという話も聞きます。
牛乳やお米も混ぜて濃度を薄めて出すと言う話まで…。
政府は何をしているのでしょう?原発事故周辺の農業、漁業の方々の生活を早急に保証して汚染肉や食品を買い取りなどして他県に出回らないように対策を取るべきです。
このままだと日本全国の子供達の未来には夢が持てません。
外国メディアの方が冷静に分析しています。
沖縄も0.1~0.2位だとインターネットで出ていました。
悲しく虚しいです。
日本全国被爆したんですね。
後は内部被爆を少しでも減らす努力のみですが、とにかく食品の正確な数値を公表しないので安心出来ません。
お子さんが身体的症状が出ている方は個人的な意見ですが、可能なら、後悔しないように親として出来る限りの対策をとる事を勧めます。
日本全国どこが安全とは言えない状況ですが、後悔しない選択を勧めます。福島原発周辺の子供達を強制避難させないのは政府の過ちです。

異常な肌荒れ (オーストラリア在住者)
2011-07-18 09:19:33

日本から、小包を受け取りました。
中身は、関東で最近印刷販売された書籍です。
その後、今まで体験したことの無い肌の異常が現れました。

顔の肌は乾燥し、目の周りが特にざらざらと指でなぞれば音の出るほど凹凸がはげしくなりました。
4日目になり、ようやく肌の状況に改善が見られますが、自分の感覚で判断させていただきますと、きっと私も日本から遠く離れたオーストラリアの地で被爆したのだと思います。

日本に住む方の健康被害に比べれば、どうということのない症状かもしれませんが、ご報告させていただきました。

劣化ウラン弾並み? (長野県在住♀44)
2011-08-02 16:44:57

ここで皆様の書いているコメントに符合する症状のアメリカ女性兵の動画があったので、書き込みました。
私のコメントがアップされなくてもかまいません。
5年後10年後の日本を危惧しています。

アメリカ女性兵【放射能=ガンだけじゃない】10年後の日本?ぶらぶら病
http://www.youtube.com/watch?v=oX9oPFsNybE&feature=related

内部被爆 (らいまま)
2011-08-22 12:36:39

千葉松戸に住む者ですが、小学生の子供が、フランスで被爆検査を受けました。微量にでてしまいました。この先どうしたらよいか話し合い中です。

Unknown (大阪)
2011-08-26 18:34:10

大阪在住の34歳です。
20年くらい出なかった鼻血が急に出ました。
そして今は首のリンパ腺が痛いです。

同僚の2人がリンパ腺の腫れや痛みを訴えたので気になって検索してここにたどり着きました。

これが単なる偶然なのか不安です。

引越しするかぁ (あいたたた)
2011-09-01 09:29:31

福島県会津在住です
この事故前後を比較しあきらかに違う症状があります それは目の下のクマ 以前こんなクマなかったのに、できても消えてすっきりした顔になるはずでしたが、事故後 朝起きて鏡を見たら「なんじゃこりゃ~~!!!!スッゲークマ!!!」毎朝毎朝同じクマ ファンデーションのしたはコンシーラーつけても う~~んクマかくれてない!!!
いろいろ気をつけていたけどもう限界!!!
子供のためにも自己避難を考えております!!!

子どもと鼻血 (名古屋在住)
2011-09-08 23:03:07

はじめまして。

先日、一泊で信州方面へ温泉旅行へ行きました。

泊まった翌朝、ホテルで6歳の子どもが起きた途端、ポタポタと鼻血を出し始めました。止めようと、濡れタオルを当てましたら、フェイスタオル一面が血だらけになってしまいました。

その頃、たまたま持っていた測定器で室内を測ると毎時0.3マイクロシーベルト、と出ました。

普段、生活している環境は およそ毎時0.03マイクロシーベルト。

旅行から帰った日には、5年生の子どもも鼻血を出しました。(私自身は、旅行以来・口に苦味を感じて何度もウガイなどしましたが、取れません)

気になって、それ以来ずっと原因を探していましたが、やはり軽い?急性の放射線障害だったのでしょうね。やっと納得がいきました。

汚染がれきや汚泥の全国への拡散、学校給食での食材消費、「東北応援フェア」というスーパーの宣伝等々・・・。

それに加え、先日の台風12号のあと、住宅周辺の草むらやアスファルトから、今までに無い汚染濃度が検出されており、また衝撃を受けました。

とても「文明国」とは言いがたい惨状から子どもを守るために、毎日・悪戦苦闘しています。

移住できる力があったら、どんなにいいか・・・。

長々とすみませんでした。

脱毛 (みつ)
2011-09-13 22:28:16

三歳男の子ですが、皆さんの言われている症状を一通り経験してきました。

鼻血に始まり熱、クマ、咳、鼻水、下痢・・・言い出したらきりがありません。

近所に8μシーベルトを超えるホットスポットがあります。
個人の線量計はあてにならないと言いますが、そこは春に巨大タンポポの咲いていた場所。

江戸川区真ん中辺りです。

そして、今、一番気になるのが・・・

脱毛です。
一気にドバーっとではないんですが、かなり薄くなってきたので本日皮膚科へ。
円形脱毛症ですね。とのこと。
一か所集中型ではなくて全体的に・・・

脱毛はどうなんでしょう?
これから沢山の方が症状出てくるのでしょうか?
うちだけで、放射能に関連付けない方がいいのでしょうか?

目の下のクマ (西東京在住)
2011-09-26 23:03:00

西東京に住んでいます。
幼稚園児の娘はこの1カ月くらいで目の下のクマが目立つようになってきました。
4月~7月は数回鼻血と下痢がありました。
3月以降、体重は増えていません。
私と夫は3月から夜になると体が痒くなります。現在も続いています。
そして私はアレルギーが悪化しています。(去年までなかった秋の花粉症?と思われる症状。果物に対するアレルギーなどです)

横浜在住です (全身不調)
2011-10-25 20:06:51

はじめまして。
3歳の子供と29歳の私の体調が震災後からおかしいです。

子供は、よく鼻血を出すようになり、寝ている間もいつの間にか鼻血を出している事が頻繁しています。
栄養には気をつけているつもりですが、口内炎が出たり下痢が続いたりします。

中でも私の体調不良は酷いもので、それまでは比較的いつも元気だったのですが、酷い倦怠感で起き上がれない日や目の下のクマ。顔が青白い。ちょっとした怪我が治らない。 カンジダになり、治療をずっと続けてもなかなか治らずすぐに再発。ジベル薔薇色ひこうしんと診断されましたが、もう半年も蕁麻疹が顔以外の全身に出て、マシになってはまたぶり返し、本当にこの病気なのか不明です。怪我をした所が治る所か、どんどん酷くなったり、炎症が出たり。
今までの人生では本当にこういった事は一度もありませんでした。
当初ストレスかなと思っていたのですが、息子の症状や私の症状が改善されず、謎のままなので、調べてみたらこちらに辿りつきました。
もう関東は住めないのではないでしょうか。
本当の事が知りたいです!

目の下のくまが濃くなっていく (たがめ)
2011-11-02 19:33:27

7歳の子供がいます。この数週間、目の下のくまが濃くなっています。
9月には大量の鼻血が10分ほど出ました。
脚の膝裏・脛・足首など、痛がっていました。
10月はいつもより元気がなく、ゴロゴロすることが多くなり、やたら疲れて寝る時間が多くなりました。そしてくまです。瞼がはれぼったく、くまが黒く濃くなってきています。痰・咳・鼻水は数週間続いています。血液検査で甲状腺機能も調べましたが異常はでませんでした。夏の疲れにしては長く元気がないのが心配です。群馬県在住です。

鼻血 (群馬県在住)
2011-11-04 20:52:20

以前低線量被曝の症状について書かれた掲示板を読んだのを思い出し検索したらこちらに辿り着きました。
記事にあるように今まで鼻血なんて出したことない息子(7)が3日続けて出ました。
鼻風邪も1ヶ月以上続きとても疲れやすくなっています。
病院を受診しても風邪で粘膜が弱っているだけと言われ被曝に関しては関係ないと言われましたがとても心配です。

Unknown (Unknown)
2011-11-26 08:41:04

神奈川県在住。
高校三年生の息子は野球部で震災後の約一週間を除き毎日グラウンドで長時間部活動を行なってきましたが、4月下旬に高熱が続き大量の鼻血が出ました。
一回に出た鼻血を試しに計ってみたところ50ccほどありました。
病院の血液検査では異常無しで、熱は5日ほどで下がりました。

野球部はすでに引退しましたが先月も鼻血を出していました。

毛髪検査のベリリウム値が… (まりんるーじゅ)
2012-01-10 14:18:19

横浜在住です。
毛髪のミネラル検査は以前行なっていましたが、震災前には、ほとんどゼロに近かったベリリウムが、震災後3ヶ月後に行なった検査で、突然、高い数値になって、びっくりしました。

ベリリウムについて調べたら、原子炉の構造材や燃料棒にも使われている可能性があることがわかりました。
あるきっかけで、水素爆発を起こし、溶解させるとか。

実は、4月末から5月上旬に、高速バスで、仙台方面を往復しました、帰りのバスは、被災地からのボランティアでいっぱい。
彼らは、みな、一晩中、咳き込んでいて、苦しそうでした。
バスに乗る前は、咳き込んでいなかったけど、密室に10時間。
その空気を吸ったことと、私のベリリウム値が高くなったことに関連があるのではないかと疑われます。

メディアでは、ヨウ素やセシウムなどばかり報道されていたのですが、ベリリウム症は、化学性肺炎と言われていることと、発がん性の強い毒性があることを知って、びっくりしました。
ベリリウムは、代謝されにくく、骨に蓄積するそうです。大気中から土壌に蓄積され、長い期間滞留するそうです。
なので、これからも、ベリリウムは強い監視が必要です。

Unknown (にょろ)
2012-03-02 10:42:19

広島県在住です。
玄米菜食で生まれ育ち、基礎体力はきちんとしているほうだと思います。チェルノブイリ原発事故から、電化製品をほぼ使わない環境を選択してきました。また福島原発事故以降、産地や魚介類にはかなり注意をして生活しています。
ここ数ヶ月、雨が降ると胃痛や肝臓に痛みがあり食欲が無くなり、体にだるさがあります。同じように生まれ育った、関西在住の兄弟も、胃の調子が悪かったり気分が悪くなります。関節炎や癌を患っている方々が、同じような症状をおっしゃっています。

もちろん、天気痛だともいえるでしょう。けれども、安心安全神話を信じ込んできた日本は、事実を確かめる努力をしなければいけないと思います。チェルノブイリは約26年経った今も、白血病を残し汚染された土地を残し続けています。
日本、だけの問題じゃ無いことを、深く知らなければいけないと思い書き込みをしました。

私も (岩西)
2012-03-06 21:28:58

朝起きると顔から出血していることがよくあります。
こんなことは今までありませんでした。


【参考情報】
ドキュメンタリー作家・鎌仲ひとみ監督からのメッセージ(「動画メッセージ~」もあり)
http://mscr2011.jugem.jp/?cid=12

“劣化ウラン弾”と同レベルの放射線値


MCSRスタッフ:先日、『ヒバクシャ~世界の終わりに』を拝見しました。この映画の中で、たくさんのイラクの子どもたちが、白血病にかかって亡くなっていましたね。数年後、福島をはじめ、関東圏の子どもたちにも同じようなことが起こるのでは……、と考えると恐ろしくなりました。

鎌仲監督:本当に心配です。イラクの子どもたちに癌や白血病が増えたのは、湾岸戦争のときにアメリカ軍が落とした“劣化ウラン弾”の影響によるものです。
劣化ウラン弾が爆発したときに、“エアロゾル”という放射性物質を大量に含んだ気体が風に飛ばされ、拡散しました。子どもたちは、それらを大量に吸い込んで内部被爆してしまったのです。

さらに、放射性物質は土や水に入り込んで作物を汚染していきました。
当然のことながら、汚染された作物を食べ続けることで、体内により多くの放射性物質が取り込まれていったのです。

しかし、福島よりもイラクの方が、空気中の線量はずっと低かった。
ドキュメンタリー映画「ヒバクシャ~世界の終わりに」の中で、私が線量計で劣化ウラン弾の塊を測るシーンがあるのですが、その数値が3.37マイクロシーベルト/h。
今、福島ではどうですか? 3.8マイクロシーベルト/h未満なら、「屋外で子どもたちを遊ばせていい」と国は言っています。
つまり、子どもたちは“劣化ウラン弾”の塊の上で遊んでいるようなものです。これは、あまりにもおかしなことですよね。

また、劣化ウラン弾は“α線”しか出しませんが、福島第一原子力発電所の場合は、200種類くらいの核種が大量に放出されていますから、人体に与える影響はより深刻だと思われます。

コップがいっぱいになってしまう前に

MCSRスタッフ:子どもたちは、大人の何倍も放射性物質の影響を受けやすいと聞いています。

鎌仲監督:そうです。大人に比べて6~10倍くらい敏感だと言われています。
慶応病院放射線科の近藤誠先生が、以前、こんな例え話をしてくれました。
「コップに水を注ぎ続けると、やがて水はコップからあふれ出してしまう。放射性物質もそれと同じで、体内に蓄積され続けると、容量を超えたときに “癌” や “白血病”といった症状となってあらわれる。コップの大きさは人によって異なるので、いつ、いっぱいになるかは分からない。ただし、コップの容量が小さい子どもの方が、大人に比べてすぐにいっぱいになってしまう」
と――。
ですからまず、妊婦さんや乳幼児から先に、安全な場所へ避難させることが大切なんです。


「放射能健康相談.com」より  
「放射能健康相談.com」
では、ご記入いただいた健康カルテをもとに、放射能による健康被害を、予防原則に基づき行動する医師たちにより傾向や対策を発表いたします

2012年3月4日発行記事からの抜粋
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
(前略)国からも行政からも見捨てられている東京近郊の高汚染地域に住み続ける子供たちから、将来健康被害が高率に出る事を心配しています。

親に意見を求められた時には、避難を勧めています。
 

スポンサーサイト

テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

11:40:12 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
<<ヨウ素131の表面沈着量 | ホーム | 静かな死>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。