スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
山田が考える「成功大家さん」の定義(その2)
2011 / 11 / 28 ( Mon )
「成功大家さん」の定義の確立はされておりませんが、山田が個人的に勝手に考えている定義は以下のようになります。 

①「純家賃収入>生活費」の大家さん
(純家賃収入とは家賃収入からローンと経費を引いたキャッシュフロー)
②ローン残高が0(無借金)か金融資産がローン残高以上ある大家さん
※①と②の条件を満たしている大家さん


ということになります。
これはどういうことかというと、「リスクが極小」だということです。

と前回書きましたが、実は私と同世代のリタイア大家さんですが、リタイアした後も
「やることが無い!」
ということで、
「とにかく買えるうちは賃貸用不動産を買い進めている!」
という人にお会いしたことがありました。

「手持ちのカードで、まだ40万円借り入れ枠があるので、それを頭金に充当してもっと買い進めたい!」
と具体的なビジョンまで語っておりました。

この方はすでに①の「純家賃収入>生活費」の大家さんではありますが、ローンは増え続けておりますので②の「ローン残高が0(無借金)か金融資産がローン残高以上ある大家さん」とは程遠い位置におります。

そういえば
「銀行が貸してくれるうちは数十億円、百億円でも買い進めたい!」
と豪語している別のイケイケ大家さんの言葉も聞いた事があります。

人はそれぞれですから山田がコメントする立場にはありませんが、少なくとも資産(購入した金額)が何十億円(借金もほぼ同額)あり、純キャッシュフローが何千万円あろうとも、山田の定義からすれば私と同様にまだ成功大家さんとはいえないと思っております。

もしくは「リスクを抱えた成功途上にある大家さん」と言い換えてもいいかもしれません。 

金利が2%上昇したらどう対処するつもりだろうか
稼働率が20%減少したらどう対処するつもりだろうか
家賃が20%減少したらどう対処するつもりだろうか
上記の事態が複合的に起きた場合の備え(リスクヘッジ)はどうしているのだろうか
最終的な目標となるビジョンはどうなっているのだろうか 
どこまで買い進めれば満足するのだろうか
 

等々と興味は尽きません。

3月11日に起きた未曾有の東日本大震災は、
「1000年に1度の大規模地震」
だったといわれおりますが、実は日本の総人口は国の機関が
「1000年単位でみても類を見ない、きわめて急激な変化」
と危惧するほどの人口減少が今後予想されております。(詳細は新CD全集参照)

つまり賃貸経営環境は、家賃や稼働率の下落が今後益々増大していくことが予想されるということです。
もしかすると、これから
「類を見ない、きわめて急激な下落」
を経験することになるかもしれないということです。

これからの大家業は、そうしたリスクを抱えながら「成功大家さん」を目指していかねばならないという難しさがあります。

あせらずにしっかりと学習を積んで、リスクの把握とビジョンをしっかりと持った上で、「成功大家さん」を目指していってほしいと老婆心ながら思っております。

IMG_4614.jpg
(無料で入手した引出し収納付フランスベッド)

IMG_4616.jpg
(ベッド・引出し付TVボード・電子レンジのある部屋) 






スポンサーサイト

テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

11:08:18 | 未分類 | コメント(1) | page top↑
<<福島原発事故についての参考映像 | ホーム | 山田が考える「成功大家さん」の定義>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2011/12/03 23:24 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。