スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
中国滞在記(その3)~散策編~
2011 / 10 / 15 ( Sat )
街を散策してみると、いたるところでゲームや余暇を楽しむ姿が見られました。

IMG_4060 (400x300)
(人通りの多い通りに面した広場での光景でした。)

特によく目にするのがトランプや麻雀や将棋です。
平日の日中でも木陰や道端で遊んでいます。

IMG_4061 (400x300)
建物の日蔭の涼しい場所で何時間も楽しんでいました。)

また将棋などは必ずと言っていいほど人だかりがしておりました。

IMG_4062 (400x300)
(見ているよりも自分でするほうが楽しいと思うのですが、こうした光景に良く出くわしました。)

私も何食わぬ顔で観戦しましたが(ただし日本の将棋とは違うのでルール等は全く知りませんでしたが)、驚いたのは観戦者同士が口を挟みはじめ、やがて本気で口論を始めたことです。

IMG_3891 (400x300) 
(旅順一の繁華街でも将棋に人だかりがしており、ロバの姿も見かけました。)

「口論をするくらいならば観戦者同士で将棋を指せばいいのに」と思ってしまいますが、とにかくお年寄りを含めた大人がトランプや麻雀などを楽しんでいたり、公園に行けば太極拳やチェンツという蹴鞠のような遊びや音の出る大きな独楽を楽しんでいたりと、遊ぶ姿が印象的でした。

IMG_4266 (400x300)
(公園の遊具には子供達ではなく、大人達が乗って歓談しておりました。)

また夕食後に公園を散策すると、夜の公園では老若男女を問わず思い思いに楽しむ姿が見られました。

IMG_3942 (400x300)
(夕食後のひと時も公園などで大勢で楽しむ姿が見かけられました。)

ホームステイをしているマンション群内にも、飲料水などを扱っている小さな商店がありますが、商店の前ではいつも店の人がトランプをしておりました。

それはまるで
「遊ぶこと(トランプ)が主で、商売はついでに行っている」
という感じでした。

IMG_3947 (400x300)
(この店に限らず、他の店の前や奥でもこうした光景をよく見かけました。)

街の至る所で暇な時間を楽しむ姿勢が印象的でした。

また大勢の人が買い物で通る狭い商店街の路地では、男女の大人が賭け麻雀をしている場面にも出くわしました。

IMG_4154 (400x300)
(日本では麻雀人口が減少しているそうですが、ここでは昼間からこうして楽しむ姿が印象的でした。)

「何も大勢の人が行きかう道端でやら無くてもいいものを。何故家の中でやらないのか?」と正直思いましたが、これも国民性の違いなのだろうとおかしく思いました。  

反面、人目を気にせずに大人になっても大勢で遊ぶ文化に接して、
「日本では孤独死が増えているけれども、ここではそれは少ないだろうな」
とも思いました。 

中国の知人にも質問しましたが、やはり老人の孤独死はあまり聞かないということでした。

夕食後に街の中心街を散策したとき、広い広場で突然音楽が鳴り響き、何事かと見てみると、20~30人くらいの老若男女が2列になって、音楽に合わせて整然と行進を始めました。

IMG_3832 (400x300)
(なんとなくユーモラスな元気な行進姿。)

その人数が膨らんできてやがて100人を超す行進となりました。
その行進は、やがて両手を上に振り回す振り付けも入るようになり、動作がとてもユーモラスで見ているだけでも楽しさが伝わってきました。

IMG_3833 (400x300)
(大の大人たちが振り付けをしながら集団で行進する姿に、初めは何事かと驚きました。)

一緒に散策していた玲さんの姿が突然見えなくなったので探してみると、何とこの踊りの中にしっかりと加わっておりました。
この玲さんは温厚なだけでなく、お茶目な部分もあることをこのときに発見いたしました。

それにつられて私と妻もちゃっかり列に入って行進しましたが、結構食後のよい運動になりましたが、これなども日本ではまず経験できないことかと思います。

強いて言えば自由に飛び入り参加が出来る「お祭りの盆踊り」がそれに近いかもしれません。

ここでは18時30分から21時近くまで、毎晩この行進が行われているそうです。

絶えず街のあちこちで気軽に知人たちとゲームをしたり踊りを楽しむなどの国民性は、人間関係が希薄になっている日本を思うにつけ、正直羨ましく感じました。

しかし感心するようなことばかりではありません。 

女性の店員(経営者?)が居眠りをしながら営業をするというずぼら(おおらか?)な国民性もまた見受けられました。

高価な貴金属を扱っている店のようですが、サマーベッドのような長椅子に横たわり、しっかりと毛布を掛けて熟睡しているようでした。

IMG_4151 (400x300)
(店の中で熟睡している個人経営者?の女性)

大きなデパートでも、お客さんが少ない売り場では店員さん同士が雑談に夢中になっていたり、壁に寄りかかってだるそうにしていたりと、日本では見かけない光景によく出くわしました。(笑)

(その4に続く)

【草津滞在のミニ便り】

IMG_4313 (400x300)
(10月13日撮影:草津町の「西の河原公園」内の紅葉)

IMG_4344 (400x300)
(10月14日撮影:志賀高原の白樺林の紅葉) 
 
スポンサーサイト

テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

14:41:40 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
<<中国滞在記(その4)~散策編Ⅱ~ | ホーム | 中国滞在記(その2)~住宅編~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。