スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
渋峠・横手山
2011 / 09 / 01 ( Thu )
先日、滞在中の草津町から白根山方面へ国道292号を登り、車で1時間もかからない長野県と群馬県の県境である「渋峠」へ出かけてきました。

白根山から渋峠にかけての道は、日本とは思えない雄大な景色が広がり、さらに万座温泉を横目に志賀高原方面に車を走らせると、標高が2172mで国道最高地点の渋峠に着きました。

IMG_3644 (400x300)

渋峠にあるヒュッテの壁には白線が縦に引かれていて、線の左右には「群馬県」と「長野県」という文字が書かれておりました。

渋峠は下界(麓)が35℃ぐらいあるような時でも、20℃を超えるようなことはめったになく、真夏でも明け方は10℃を下回ることが普通だそうです。

この日は下界が30度以上の真夏日(場所によっては35℃以上の猛暑日)であったにもかかわらず、この渋峠の日中の気温は17℃という涼しさでした。

IMG_3647 (400x300)

さらにこの渋峠で車を降りて、リフトで標高2305mの横手山に向かいました。
リフト乗り場には冷風よけのカラフルなカッパが置いてあり、それを着用してのんびりとリフトを楽しみました。

IMG_3649 (400x300)

空を見上げあると、夏の空というよりは秋の清々しい空という感じがいたしました。

IMG_3650 (400x300)

横手山の山頂からは北アルプス連峰や白馬連山も見渡せて、また目の前の標高2075mの笠岳もはっきりと見ることができました。

草津からわずかな距離で、このような雄大な景色と涼しい(寒い)場所に来られることに、あらためて草津はいいところだなと感じました。

IMG_3651 (400x300)

しかし良いことばかりではなく、この冷気に身を置いたせいか草津に戻ると寒気を感じ、温泉に入ってもこの寒気(悪寒)が取れずに、結局その後は寝込んでしまいました。

このため27日(土)に御殿場で行われた自衛隊の総合火力演習の見学は、草津から戻ることができずに行けなくなってしまいました。

「ホームシアターでは決して味わえない迫力がある!」
ということで楽しみにしておりましたのでとても残念に思いました。

また草津滞在中に中古のリゾートマンションの見学も行いました。
新築当初(主にバブル真っ最中の時に建築されたマンション)3000万円~4000万円クラスのものが、当時の十分の一ほどの300万円~500万円で販売されておりました。

その中から私が気に入った物件は次のものになります。(無論今はまだ買いませんが)

IMG_3713 (400x300)
IMG_3703 (400x300)
(①約60㎡の使い勝手の良い1LDKタイプのリゾートマンションで眺望も良い)

IMG_3661 (400x300)
(②約70㎡の広い専有面積が魅力の2LDKメゾネットタイプのリゾートマンション)

IMG_3653 (400x300)
(③同上のマンションで、最上階の部屋からの眺望も最高に良い)

IMG_3680 (400x300)
(④温泉露天風呂付きの豪華な大浴場を備えたマンション)

IMG_3749 (400x300)
(⑤誰も泳いでいない貸切状態の温水プール)

上記の②と③は同じマンションの写真で、それ以外は別々のマンションの写真です。

これらのリゾートマンションは別荘として時々しか使用しないようでしたら、かなりの贅沢品(維持費が高額)となりますが、永住や年の半分以上を過ごすような使い方ならば、かなりの有効活用になるのではないかと思います。

このような「温泉付(温水プール付)&広い室内&豪華な共有スペース(談話室)」を、自宅(マイホーム)用として使用できたならば、300万円~500万円は格安で優雅に暮らせるかと思います。

こうした夢も持ちながら過ごした草津を、所用で昨日(8月31日)引き上げてきました。
次にまたここに訪れるのは、紅葉狩りの時期となる10月上旬を予定しております。

ところで報告が遅くなりましたが、7月に空室対策を施した3室の部屋のうち2部屋の入居が決まりました。

入居希望者が少ないという時期的な問題と、工業地帯に立地しているという地理的な問題がありましたが、1か月ちょっとで2部屋の入居が決まったことは良しとすべきかと思っています。
  

IMG_3359.jpg
(空室対策を施して入居が決まった部屋)

現在空室対策に取り組んでいるのは北関東地方にある2棟30室ですが、先日退去したばかりの部屋があり、現在までの稼働率は約93.3%となっています。

出来るだけ早期に、稼働率を96.6%→100%(満室)へと上げていきたいと思っていることろです。
スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

22:13:12 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
<<一般社団法人「法律・税金・経営を学ぶ会」主催の勉強会 | ホーム | 「山田式良質物件選定術&1円満室術DVD」&「水戸の大家さん出版キャンペーン」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。