スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
猛暑!→カキ氷が食べたい!
2011 / 06 / 30 ( Thu )
連日暑い日が続きますが、こうなると冷たいアイスクリームやソフトクリームやカキ氷が食べたくなります。 

そこでたまたまヤフオクで手動式のカキ氷器を購入してみました。

見た目は実にかわいいカキ氷器です。

IMG_3305.jpg
(ディズニーのキャラクターが描かれたかわいいカキ氷器)

「これで冷たいカキ氷が食べれる!」

と喜び勇んでカキ氷を作ろうとしましたが、これが大変な汗をかくことが分かりました。

労力が半端でなくかかるのです。

力を入れて動かしても、できてくるカキ氷の量は微々たるもので、汗だけが大量に流れてくる始末です。

カキ氷を食べる(作る)ために、大変に暑い(熱い)思いをしなくてはなりませんでした。

そこで今度は電動式カキ氷器をヤフオクで購入することにいたしました。
しかしこの時期ですから電動カキ氷器は人気があります。

落札金額も3000円以上する場合が多く見られました。

そこで主要な機能は野菜切りですがカキ氷も作れるという電動ベジタブルスライサー
「Iwatani あっとスライス IFP-45S」
という製品に注目いたしました。

IMG_3306.jpg
(おろしプレート、カッタープレート、千切りプレートなどが付属している電動ベジタブルスライサー)

この製品は通常は野菜の千切りやおろしに威力を発揮する電動ベジタブルスライサーですが、「氷プレート」(別売り) を取り付けると「カキ氷」も作れるという変わった(面白い)製品です。

「電動式カキ氷器」として売り出してはいないので注目度が低い分、安く購入できると考えたからです。

そしてこの思惑は上手くいって、この「氷プレート」込みで710円(定価は氷プレート込で約8000円)で購入することができました。

製品は意外に大きくてしっかりとしておりましたが、
「手動式のカキ氷器よりは楽に出来るだろうが、果たしてどれだけ簡単(楽)にできるのだろうか?」
と、半ば手動式の大変さに落胆していたので、今回もあまり期待すると落胆も大きくなるだろうと思い、説明書を見ながら淡々とセッティングしていきました。 

IMG_3307.jpg
(氷プレートを取り付けたプレート枠を外容器に取り付けたところ)

冷蔵庫で作った角型氷を投入口に入れて、片手で押込棒を軽く押えながらスイッチリングを押してみました。

IMG_3312.jpg
(フレームカバーと本体を取り付け、大投入口に氷を入れたところ)

すると氷プレートがスムーズに前後に動いて、ガシャッガシャッっと音を立てながらカキ氷が外容器の中にあれよあれよという間に溜まっていきました。

IMG_3316.jpg
(恐る恐るスイッチリングを押すと、高速でカキ氷が外容器に溜まっていきました。)

「手動式のあの大変さはなんだったのだろう!」 
と狐につままれるような思いで、そのあまりの簡単さと楽さにこの製品のすごさ(能力)を実感いたしました。

IMG_3318.jpg
(きめの細かい大量のカキ氷が、押込棒を軽く押しただけでみるみる出来上がりました。)

写真のように非力?な妻がやっても実に楽にカキ氷が作れます。 
この器械は、その後も野菜切等でも重宝しているのは言うまでもありません。

IMG_3319.jpg
(業務スーパーで購入した粒あんをのせて「氷あずき」の完成!)

なお「山田式激安リフォーム術」(その5)は次回掲載いたしますが、この器械のすごさ(すばらしさ)をお伝えしたくて急遽掲載いたしました。(笑)

別にヤフオクでなく普通に新品(約8000円)で購入しても、それだけの価値はあるかと思います。

なお山田はIwatani社の関係者ではありませんし、何の見返りもありません。
ただ素直に感心し、感激しただけです。

お金を出してカキ氷を購入するよりも費用が安く済むのは無論ですが、何よりもこうした製品を作り出した技術者(会社)やアイデア(創意工夫)に感心・感動するとともに、自分たちで作れるという楽しさが加味されます。 

IMG_3321.jpg
(イチゴシロップをかけて「氷イチゴ」も楽しむ!)

「おいしさ」はお金を出して食べれば味わえますが、「楽しさ」はそれだけでは味わえません。 

家族と一緒に作る楽しさも味わえる逸品だと思います。

他にもこんなおもちゃのようなものも買いました。

IMG_3309.jpg
 (アイスクリームメーカー) 

IMG_3301.jpg
 (たこ焼きメーカー) 

IMG_3302.jpg
 (たい焼きメーカー) 

IMG_3303.jpg
 (ソフトクリームメーカー) 

詳細は後日お伝えしたいと思いますが、これらのおもちゃのような器械を使って作ったものでもとても美味しくできて、しかもめちゃくちゃ楽しいものでした。

ちなみに山田の最近の目標は「ダイエットして体重を10㎏減らす!」です。

その目標達成の一環として、我が家にドーンと「ウォーキングマシン」(中古)などを設置いたしました。

IMG_3298.jpg
(音楽を聴きながら毎日30分、2kmを目標に継続中です!) 
  
しかしこれらのおもちゃの購入で、成果は当分期待できないかも知れません。

ということで、今日はこれからスーパーへ行ってチューブの練りミルクを購入して、「氷あずきミルク」を作ろうと思っています。(完成したらその写真をアップしたいと思います。)

IMG_3383.jpg
(7月3日アップ) 
スポンサーサイト

テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

12:47:21 | 未分類 | コメント(2) | page top↑
<<山田式激安リフォーム実践記(その5) | ホーム | 山田式激安リフォーム実践記(その4)>>
コメント
--かき氷--

かき氷メーカー!!

子供の時、自宅にあったのは
刃が全く使い物にならなくて

大人になり、子供ができたので、
ウルトラマンが外装の
かき氷メーカーを

デザインだけで買いましたが、
これがなかなか重宝してます。

今年も真夏日に稼働して
山田先生のように
夏を堪能する予定です(^^;

スバルサンバーは最高ですね!!
by: セイボウ * 2011/07/05 12:39 * URL [ 編集] | page top↑
--セイボウ様へ--

コメントとありがとうございます。

アイスクリームやソフトクリームも作って食べましたが、結局のところこのカキ氷が一番簡単(お手軽)に作れて、片付けも楽で、そこそこおいしくて、材料費も格安で・・・・ということで我が家の夏の定番になっております。(笑)

子供の頃は食べたくても経済的になかなか食べられなかった「氷あずきミルク」が、今はこうして毎日食べられる身分になれたことに満足しております。(笑)

最近は特に幸福感というものは、収入や消費額の多寡よりも、時間持ちであったり、こうしたことでも味わえるのではないのかと実感しております。

「氷あずきミルク」は最高です!

スバルのサンバーも大活躍中です!(ちなみにこの2年間で4万キロ走りました。)
by: 山田里志 * 2011/07/06 12:57 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。