スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
山田式激安リフォーム実践記(その2)
2011 / 06 / 10 ( Fri )
まず最初に取り組んだのは、エアコンや冷蔵庫、換気扇などの機器類の点検からでした。

なおエアコンはすでに20年前の古いもので、内部の清掃は壊れる可能性があるので業者が内部清掃できないことと、冷房の効き目が弱いという理由で新品の交換を提案されました。

しかしこれだけ掃除をしなかった入居者でしたから、もしかしたらエアコンのフィルターを全くしてこなかった可能性が大きいことに気がついて、フィルターをはずして調べてみる事にしました。 

IMG_3023.jpg
(ボディーは薄汚れ、蜘蛛の糸も張っているエアコンの室内機) 

実は以前我が家でもフィルターの掃除を怠っていて、エアコンが自動停止して冷暖房が出来なかった経験があったので、もしかしたらと思ったのです。

見てみると、フィルター(左右2枚)には埃がびっしりと貼り付いて真っ黒に変色しており、空気の通り道が確保されてない状態でした。

これだけ汚いフィルターはめったに見れるものではない貴重なものでしたが、残念ながら写真を撮り忘れてしまいました。(汗)

清掃後に再度運転を再開すると、今度はちゃんと強い冷気が噴出してきました。
18度に設定してみると寒いくらいでした。(喜)

IMG_3109.jpg
(びっしりと黒ずんだ埃が厚く覆っていたフィルターも、きれいにした後は快適な冷気が)

我が家でもエアコン内部の清掃はめったにしないのですから、退去後にいちいち清掃しなくてもこれで十分だと思っていますし、今後フィルターの清掃をしても冷暖房が出来なくなった時点で新品に交換すればいいことにしました。

そういえば過去において何回か
「冷暖房の効きが悪くなった!」
という管理会社からの連絡でエアコンを新品に交換したことがありましたが、もしかするとフィルターの清掃をすれば解決できたものがあったかもしれません。

このブログをお読みいただいている方で、今後似たようなことがありましたら
「フィルターの掃除はしていますか?フィルターが目詰まりを起こすと冷暖房の効き目が弱くなるか停止してしまいます。」
と確認してもらうことをお勧めいたします。

この取り組みによってエアコン本体費用4万9800円と取外し&新規取付け費用2万5千円、エアコン内部クリーニング費用1万円の合計8万4800円が必要なくなりました。

こうしてまずリフォーム見積りの内、8万4800円(税込み89040円)を減額することができました。

さらに交換用にと購入しておいたSANYO ルームエアコン2006年製(15500円:前回のブログ写真を参照)も予備として使うことが出来るようになり、倉庫に保管することにいたしました。 

IMG_3110.jpg
(エアコンの室内機のボディーも、洗剤を使って清掃したら前よりもずっと綺麗に)

次に行ったのが、壁と床のペイントです。

これは以前建物の外壁を自分でペイントして綺麗にした経験から、室内でも壁紙や床をペイントすれば綺麗になるのではないかという発想から行うことにしました。

それに壁紙の貼り替えは天井部分が大変そうですし、ペイントよりも手間がかかりそうなので今回はスルーしました。

そこでホームセンター(カインズ)で購入したのが、壁紙でもペイントできるという低臭気の室内用水性ペンキと床用の同じく水性ペンキでした。 

IMG_3101.jpg
(左は床用の「ワインブラウン」色、右は壁紙用の「ホワイト」色のペンキ)

壁用は2㎏入りホワイトで2缶購入しました。(1980円×2)

IMG_3103.jpg
(用途が「ビニール壁紙」と書いてあるだけあって素人の私でも綺麗に仕上がる)

床用は1㎏入りワインブラウンで1缶購入しました。(1280円)

IMG_3104.jpg
(「つやありグロス仕上げ」の表記はだてではなく、塗った瞬間から床が綺麗な光沢で仕上がる)

壁の上部は長い棒の先にローラーを取付けて作業しましたが、これはとても重宝いたしました。
さら二度塗りは脚立に乗って丁寧に塗っていきました。

壁紙用ペンキと謳っているだけあって、古い壁紙もみるみるペイントできました。
また光沢は「つやけし」タイプなので、塗った後も反射せずにいい感じに塗れました。

IMG_3107.jpg
(左側が壁紙にペンキを塗った箇所、右側が塗る前の壁紙で、ペイントの効果は歴然と)

壁紙さえ剥がれなければ、次回も上塗りが可能となります。

ロフトのある2階の天井高の部屋の場合には、エアコンの下にある横木(エアコンの写真を参照)の下の部分をカラーに塗ってツートンにすれば、簡単でおしゃれに見えるのではないかと今から計画を立てています。

なおこの壁紙用ペンキには「淡いピンク」「淡いグリーン」「淡いラベンダー」「淡いブルー」などの色もあるので、今回の「ホワイト」よりも素敵な色合いの部屋になるかもしれません。

次にフローリングは「ワインブラウン」という少し珍しい色のものを購入しました。 

実はこれがブラウン系では一番色が濃いものだったのですが、実際に塗ってみる雰囲気がとても素敵な感じになり、しかも光沢があるのでニスを塗る必要がありませんでした。

IMG_3136.jpg
(新品のフローリングに張り替えなくても瞬時に新品の床のように綺麗に)

こうして居室のクロス壁の貼り替え費用5万6100円とフローリング貼り替え費用5万3400円の合計11万4975円(税込み)が軽減できました。

これにエアコンの減額費用を含めると、ここまでで20万4015円(税込み)が軽減できました。

壁と床のペイントが完了して一夜明けた後に、2箇所の窓にレースとピンク系の遮光カーテン(2400円)を取付け、さらに収納付ソファベッド(1200円)を設置して居室部分のリフォームと空室対策が一応終了いたしました。

IMG_3146.jpg
(「ワインブラウン」のフローリングと1200円で購入した「ピンク」のソファベッドがマッチした室内) 

IMG_3148.jpg
(カーテンもソファベッドの色に合わせて「ピンク」に、またペンキを塗った「ホワイト」の壁も綺麗に) 

ちなみにこのソファベッドは展示品だったものなので、ほとんど新品の未使用に近い美品です。

ここまでにかかった費用は家具類&材料費を合わせても約1万円ほどですが、この取り組みによって約20万円のリフォーム費用が減額できて、なおかつ写真のような部屋に生まれ変わりました。

なお「居室部分のリフォームと空室対策が一応終了いたしました。」と書いたのは、実はこれで完成ではなくてまだ仕掛け(構想)があるのですが、それは後日仕上がってからご紹介したいと思います。  

(その3に続く)  
スポンサーサイト

テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

13:07:56 | 未分類 | コメント(2) | page top↑
<<山田式激安リフォーム実践記(その3) | ホーム | 山田式激安リフォーム実践記(その1)>>
コメント
----

初めてコメントさせて頂きます。お噂は、聞いていましたが、ブログを見て驚きました。
フローリングに塗装をする発想は今までなく、貼りかえるしかないと思っていましたので、とても勉強になりました。私も「つやありグロス仕上げ」のペンキをホームセンターで見に行ってきます。機会があったら試してみたいと思います。
by: 大家のTakeさん * 2011/06/26 09:33 * URL [ 編集] | page top↑
--大家のTakeさん 様へ--

コメントありがとうございます。

私のこの思いつきの実践体験が、Takeさん の参考になったようでとても嬉しく思います。

「フローリングがこんな安易の方法で上手く蘇生できるのだろうか?」と思いつつの取り組みでしたが、本当に驚くほど簡単に綺麗に生まれ変わりました。

管理会社やリフォーム業者の方が、これまでもっと利益が出るか手間のかからない安易な提案をしてきていたのかもしれません。

「修繕の分野でも、大家さん自身がもっと賢くならないといけないな」と思っているところです。

このたびはありがとうございました。
by: 山田里志 * 2011/06/26 11:39 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。