スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
被災者の方々へ(空部屋の無償提供のお知らせ)
2011 / 03 / 21 ( Mon )
未曾有の大震災に遭われた東北地方や関東地方の方々には、心よりお見舞い申し上げるとともに、復興に向けた希望を持っていただきたいと切に願っております。

私は著書の中で、
「若いときは、高校時代に旅した東北地方(特に岩手県)が好きになり、ここに住みたいと思っていた。」
という主旨のことを書きましたが、それくらい昔から東北地方の素朴な風土に憧れておりました。

また福島原発事故で避難範囲に指定された双葉郡浪江町は、学生時代に自転車で東北旅行をした時に、宿泊させていただいた農家がある所でした。

それが今回の大震災で惨状に見舞われていることに心を痛めております。

私にはほとんど何もできない無力さを感じておりますが、それでも被災地と同じ東北は山形県(新庄市)の空き部屋を、被災者の方に提供させていただいてお役に立てられればと思いました。

山形県は震災被害が大きかった宮城県と隣接し、仙台市と新庄市とは高速バスが通っているという接点もありますので、復興(生活再建)に向けてはそれなりに利便性があるかと思います。

市街地から車で10分ほどの田舎ですから車がないと不便な所ですが、それでもよければ下記の条件で提供させていただきたいと思います。

なおこのアパートの部屋は1DKですが33㎡の広さがあり、6畳の台所と6畳の居室があり、風呂、洗面所が広い間取りとなっておりますので、ご家族で過ごすことも可能だと思います。(エアコン、ウォシュレット等完備)
またツーバイフォー住宅で地震に強い構造になっていますので、住まいとしては安心できるかと思います。

show_pic(3).jpg
 

入居するにあたっての条件ですが、敷金、礼金、仲介手数料、火災保険料は一切いただきません(必要ありません)。
家賃も半年間無償でご提供させていただきます。 

その間に心身ともに疲れたお体をいたわり、やがて造られるであろう仮設住宅への入居や再就職等、生活再建をここを拠点として果たしていただければと願っております。 

2部屋のご提供ですが、このブログを見た方で、ご親族やお知り合いに被災者の方がいらっしゃいましたら、この情報をお伝えくださればと思います。

なお新庄市には、山田の知り合い(須田さん)が入居の案内(手配)等をしてくださることになっておりますので、詳細は以下の携帯にご連絡ください。
090-3469-2212(須田)

「山田のブログを見て問い合わせをした。」
と言っていただければ、スムーズに話が進むと思います。

今から65年前、敗戦で焼け野原となった日本でしたが、今日のような目を見張る復興を果たしました。

震災地域は、まるで65年前の敗戦間もない地のように見えますが、その頃よりも国力や支援の輪の点で復興の速度はずっとずっと早いかと思いますので、強く希望を持っていただきたいと願っております。

お薦めサイトprayforjapan.jp  

(その一部をご紹介)
 
※ぜんぜん眠っていないであろう旦那に、「大丈夫?無理しないで。」とメールしたら、「自衛隊なめんなよ。今無理しないでいつ無理するんだ?言葉に気をつけろ。」と返事が。彼らはタフだ。肉体も、精神も。

※子供がお菓子を持ってレジに並んでいたけれど、順番が近くなり、レジを見て考え込み、レジ横にあった募金箱にお金を入れて、お菓子を棚に戻して出て行きました。店員さんがその子供の背中に向けてかけた「ありがとうございます」という声が、震えてました。

※一回の青信号で1台しか前に進めないなんてザラだったけど、誰もが譲り合い穏やかに運転している姿に感動した。複雑な交差点で交通が5分以上完全マヒするシーンもあったけど、10時間の間お礼以外のクラクションの音を耳にしなかった。恐怖と同時に心温まる時間で、日本がますます好きになった。

※物が散乱しているスーパーで、落ちているものを律儀に拾い、そして列に黙って並んでお金を払って買い物をする。運転再開した電車で混んでるのに妊婦に席を譲るお年寄り。この光景を見て外国人は絶句したようだ。本当だろう、この話。すごいよ日本。

※イスラエル人にヘブライ語で声を掛けられた。困っていたら知り合いのパレスチナ人が通りすがり、通訳してくれた。「日本は大丈夫か?僕は深く祈るから」と言ってくれた。パレスチナ人とイスラエル人が握手をしてる笑顔に包まれた。涙が出た

※4時間の道のりを歩いて帰るときに、トイレのご利用どうぞ!と書いたスケッチブックを持って、自宅のお手洗いを開放していた女性がいた。日本って、やはり世界一温かい国だよね。あれみた時は感動して泣けてきた。

※ホームで待ちくたびれていたら、ホームレスの人達が寒いから敷けって段ボールをくれた。いつも私達は横目で流してるのに。あたたかいです。 
スポンサーサイト

テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

13:59:23 | 未分類 | コメント(4) | page top↑
<<『被災透析患者救済プロジェクト』の取組みを支持いたします | ホーム | 福島原発事故に関して&藤山勇司さん監修の新刊書>>
コメント
--感動しました。--

山田様へ
感動いたしました。
山田様のような心ある大家さんに幸あれ!
by: 藤山勇司 * 2011/03/21 16:15 * URL [ 編集] | page top↑
----

>藤山勇司様へ

過分なるお言葉を賜り恐縮しております。

ただ藤山さんと同じ行動を起こしただけです。

自衛官や消防官、医療関係者等が現場で必死に救助等に動いていることと比べれば、ほとんど無力に近い行為ですが、こうした輪が全国に広がるきっかけになればと願っております。

by: 山田里志 * 2011/03/22 11:37 * URL [ 編集] | page top↑
--素晴らしいです!--

山田先生の
気高い志
優しさ
本当に素晴らしいです!

そして、早いうちから
地域的な分散投資を
提唱されていた
その卓見に
脱帽のセイボウです
http://hermesdesign.blog52.fc2.com/
by: セイボウ * 2011/03/24 02:22 * URL [ 編集] | page top↑
----

>セイボウ様へ

過分なるお言葉を賜り恐縮しております。

自衛官や消防官、医療関係者等の必死の救援活動(特に原発事故への対応)に比べれば、ほんとうに微々たる行為で誇れることではありません。

さらに被災された方々の苦悩は察して余りあります。

ほとんど無力に近い行為ですが、こうした輪が全国に広がるきっかけになればと願っております。



by: 山田里志 * 2011/03/24 15:52 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。