スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
「水戸大家さん」こと峯島忠昭さんの新刊書
2010 / 06 / 29 ( Tue )
私の新刊書にも寄稿していただいた「水戸大家さん」こと峯島忠昭さんが本を出版いたしました。
6月30日からネット書店、リアル書店に並びます。 

画像 1046

『30歳までに給料以外で月収100万を稼ぎ出す方法』-フリーターから年収1500万まで駆け上がった「峯島式study」のヒミツ
29歳のセミリタイア投資家 峯島忠昭(水戸大家)【ごま書房新社】

これから不動産投資と、ネットビジネスを組み合わせて、セミリタイアを目指す方々を対象に書かれた初心者向きの本とのことですが、奥が深くて質の高い内容の著書でした。

第1章の「資産ゼロのフリーターから、給料なしで月収100万の仕組みをつくり、セミリタイアするまでの軌跡」を拝読すると、属性が低い立場の方々でも「成功できる!」という希望を与えてくれることと思います。
ですから普通のサラリーマンの人が読めば、なおのこと希望を与えてくれることと思います。

峯島さんは、2年間住み込みで新聞配達を行っていたそうですが、
「ただ、雨の日の配達だけは逃げ出したくなるほどつらかったです。
カッパを着ても雨は身体に凍みて下着までビショ濡れです。
さらにバイクでこけたりした時には、水たまりに新聞が投げ出されます。
車が通ったら終わりなので、転んでいためた手足を擦る暇もなく、それを必死に掻き集めて積みなおしていると、痛さと惨めさで涙が流れました。
今でも雨の日の新聞配達員を見ると蘇って来る辛い記憶です。」

という記述は特に共感いたしました。
何故ならば、私も大学生時代に住み込みで新聞配達を経験しましたので、この箇所には共感と共に峯島さんに親近感が湧きました。

ただし峯島さんと違う点は、私の方はその後28年間のサラリーマン生活を過ごした後にようやくリタイアできたのに対して、峯島さんは本書に書かれている手法(仕組みつくり)で若くしてセミリタイアを果たしたことです。

しかもその仕組みは、不動産投資(不動産賃貸業)だけでなく複数の収入の道を確保していることです。

その中には
「自分のオリジナル商材を販売する」
という箇所があり、それを読むと非常に有効な収入の道の一つであることが理解できました。

実は私も細々とCD教材を販売しておりますが、これはリタイア後の潤沢な時間を活用して、自書の中だけでは伝えきれなかった内容の補完と充実を目指したことと、企画・製品化・販売等を楽しむために始めたことで、「有効な収入の道」という意識は皆無でした。
ですからCDが安価なのと、他で大々的に宣伝していないのは、そこから来ております。

それはともかくとして、峯島さんの仕組みつくりは合理的&効率的で理にかなっており、若くしてセミリタイアしただけのことはあるなと思います。

無論「峯島式不動産投資」も必見です。

第5章の「30歳までに成功した6人の若きビジネスパーソンたち」も、自分の考えを信じたすばらしい生き方をしているなと感心すると共に、モチベーションもいただけました。

以下がその6人の方々と主な内容です。
画像 1047

なお発売記念として、7月9日(金)~16日(金)には「amazonキャンペーン」を開催するそうですので、素晴らしい特典も付く事と思います。

藤山勇司さんの新刊書『サラリーマン大家さんのための 絶対失敗しない物件選び』に続く、山田お勧めの一冊です。 
スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

18:30:07 | 未分類 | コメント(2) | page top↑
<<潮干狩り&競売物件見学&山田式空室対策術&お見合写真 | ホーム | 嬉しいお便り(その3)>>
コメント
----

ご紹介ありがとうございます。

山田先生も、新聞配達をやられていたんですね。

親近感が沸きます^^

また、ご丁寧な紹介文、本当にありがとうございます。
by: 水戸大家 * 2010/07/01 11:45 * URL [ 編集] | page top↑
----

>水戸大家様へ

このたびは出版おめでとうございます。

また大変に充実した内容で、是非大勢の方々にお読みいただきたい良書だと思います。

今後益々のご活躍を期待しております。
by: 山田里志 * 2010/07/01 12:17 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。