スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
嬉しいお便り(その2)&お気に入りの場所&ゲンジボタルの写真
2010 / 06 / 15 ( Tue )

山田先生

先日「山田式 元祖勝ち組大家術」CD全集を購入させていただいた東京都江東区のOと申します。
このたびは大変内容の濃い、貴重なCDおよび資料をお送りいただき本当にありがとうございました。

ご連絡が遅くなってしまい申し訳ございませんでしたが、CD全集を2回聞かせていただいた感想をお送りさせていただきます。

CDはiPodに入れていつも持ち歩いて聴かせていただいております。

このCDのすごいところは他の方が書かれているようにいくつもあるかと思うのですが、下記何点か感じたことを書かせていただきます。

まず驚いたのは追加資料を含むその内容の豊富さです。
これはほとんど個人情報ではないかというような内容まで載せていただいており、山田先生のおっしゃるように具体的な家賃収入の流れ等、イメージすることができました。

理解が深まるように載せていただいているとのことですが、そのような個人情報を出してまで、親身に応援していただいているという感じを受け、非常にありがたく感じました。

上に書きましたように内容も非常に具体的で、長年のご経験に基づかれた様々な考え方が具体的に示されており、非常に役立ちました。

また書籍には書かれていない様々なお考え等含まれており、それらも非常に参考になりました。

また山田先生がCDの中でおっしゃっているように、移動しながらでも聞けるようにCDが作成されているので、通勤時間等、ちょっとした時間を利用して聴くことができ、理解を深めるのに大いに役立ちました。

また私もこれまで全ての山田先生の書籍を拝読させていただいておりますが、それらのエッセンスが盛り込まれている感じで、何回も聞くことで山田先生のお考えを身体に浸透させていくことができるのではないかと思います。

そしてさらに素晴らしいと思うのが、CDを聴いているだけで伝わってくる山田先生のお人柄です。

絶えずCDの内容を持ち歩いているので、まるですぐそばで山田先生がアドバイスしてくださっているような感じがし、
大きな援軍を得たようでとても心強く感じました。

そこにはCDを聴いた人にも是非成功してほしいというお気持ちが伝わってきて非常に嬉しかったです。

また随所に入っております山田先生のご友人のお話等も楽しく聴かせていただきました。

長くなりましたがこのCD全集で学んだことを生かしてこれから優良物件を探していきたいと思います。

このたびは本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。

画像 1016
(青森県弘前市のSさんからいただいたお葉書)

私の本業は「大家」であって、不動産コンサルタントや商材販売等を生業とする「大家ビジネス」ではありませんので、現在はハッピーリタイア生活を満喫しつつ、書籍やCD、セミナーをお聞きいただいた方から、こうしたお便りやご感想をいただくことが何よりの喜びになっています。

ところで梅雨の合間をぬって、最近お気に入りの場所(松川湖の上流)に三点セット(サマーベッド&小説&コーヒー)を持参して、今日も妻と二人で出かけてきました。

何故ここがお気に入りの場所になったかといいますと、それは自宅から近く、豊かな山河に囲まれているのは無論なのですが、サマーベッドが設置しやすい河原にちょうどよい木陰ができていて快適に過ごせるからです。

また無料駐車場やログハウスのトイレ等の公共設備も整っていて、休日でも人出が少ない穴場となっています。

画像 1017
(葉が多く生い茂り、深い木陰ができます。)

清流脇の木陰は信じられないくらいに涼しく、夏日でも靴下と長袖長ズボンが欠かせないほどです。
また松川は水清く、せせらぎの音が心地良い眠りを誘います。

時には、ここに来る途中にある「かっぱ寿司」に立ち寄って好きなお寿司を仕込み、ここで舌鼓を打つこともあります。

サマーベッドの前面は松川湖で、この日はルアー釣りを楽しむ人が来ておりました。

画像 1018
(サマーベッドの前面に広がる松川湖畔の風景) 

午後は生憎の小雨模様になりましたが、空気がひんやりとしていて心地良く、しばし水墨画の世界のような雰囲気を堪能いたしました。

これから先も伊豆(伊東)にいる間は、この場所で日中をのんびりと過ごすことが多くなるかと思います。

画像 1019
(松川湖畔に咲き乱れる花々。今の時期はホタルの鑑賞もできます。)

画像 1020
(松川湖畔で撮影したゲンジボタルの淡い光)

数十匹~100匹ほどのゲンジボタルが、湖畔に幻想的な光を放っておりました。
手で捕まえることも出来、初夏の風情を堪能してきました。

ただし駐車場にはホテルの送迎バスなども横付けされていて、観光客等の人出も多かったので、私としては日中の閑散とした湖畔の方が気に入っております。



スポンサーサイト

テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

19:05:03 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
<<嬉しいお便り(その3) | ホーム | 未来を察知するNO.1不動産王の戦略から生まれた「魅力の街」未来図!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。