スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
藤山勇司さんの新刊書
2010 / 05 / 30 ( Sun )
藤山勇司さんから新刊書をいただきました。

img003.jpg
サラリーマン大家さんのための絶対失敗しない物件選び (単行本)
藤山 勇司 (著)/廣済堂出版

【主な内容】
第1章 「大家さん」の成功法則
第2章 身近になった「競売」で、格安物件を手に入れる
第3章 物件はここを見る!
第4章 狙い目地域はここだ!
第5章 資金はこうやって集める
第6章 大家さんがやってはいけないNGアクション

実は藤山さんの御著書は、以前から拝読させていただいておりました。

その中で、私が
「すごい人だな」
と感心したのが、(記憶違いでなければ)自己資金を作るべくエイズ関連株等に投資して約1000万円の利益を得たくだりでした。

確か氏は
「こんなに簡単に1000万円が儲かるということは、簡単に失う事もあり得る。」
と株のリスクを認識されて、それ以後株式投資を離れたという話でした。

普通(常人)ならば
「こんなに簡単に1000万円が儲かるということは、もしかしたら億万長者も夢ではない!」
とさらに欲の皮を突っ張らせて、株式投資にのめり込むのではないかと思います。

只者ではない感性・考え方に、それ以降私は藤山さんの隠れファンの一人となり、今日まで来ておりました。

ですからその藤山さんから、今回御著書を贈呈していただき、大変に嬉しく思いました。

新刊の御著書も共感する部分がたくさん(ほとんど全部)あり、特に

第1章 「大家さん」の成功法則
◆誰にでもできる藤山式・大家さんノウハウ
◆収支のバランスの見直しが「大家さん」への第一歩
◆最初のゴールを決めよう
◆「購入上限は市場価格の70%以下」で苦労なし

は、全ての大家さん&大家さん予備軍には熟読してほしいと思うほど私は共感いたしました。
無論他の章も、競売等のノウハウが凝縮されていてお勧めです。

藤山さんの基準に合った競売物件が購入できれば、高利回りが期待でき、購入後の賃貸経営が順調(楽)に推移できることは、私があらためて述べるまでも無いかと思います。

なお私が新刊書の中で推薦させていただいたHPの一つ
「裁判所競売の不動産競売格付センター/」(http://981.jp/)
が、藤山さんのご尽力により作られたものだと本書で知り、あらためて競売普及にかける情熱に頭が下がる思いがいたしました。

山田からも強くお勧めする一冊です。





スポンサーサイト
14:50:00 | 未分類 | コメント(2) | page top↑
<<藤山勇司さんの新刊書(その2) | ホーム | 関西大家の会>>
コメント
--取り上げて頂き感謝--

山田里志さまへ
藤山です。
取り上げて頂き、誠に有難うございました。

この度の本、『サラリーマン大家さんのための 絶対失敗しない物件選び』は私の集大成です。多くの方に読んでいただきたい。
そして、願わくば実家もない、持ち家もない団塊の世代のご夫婦に熟読していただきたい。
あまり知られてはいませんが、定年を迎える方々の約2割5分の方々は賃貸住宅に住まわれ、ご夫婦双方共に実家もありません。つまり、終生家賃を支払い続けなければならないのです。

 はっきり申し上げて、私は団塊の世代の諸先輩をはじめとする方々が汗をかいて作り上げた世の中をうまく泳いでいるに過ぎません。

心配のない余生を送っていただきたい。
本書を読めば、リフォームを施したとしても300万から500万円で一戸建てを購入できます。確かに、都会ではないかもしれません。住み慣れた場所ではないでしょう。しかし、リタイアをし、年金で生活するならば、どこであっても構わないはずです。敷地40坪、建坪25坪の普通の戸建。ここで奥様とガーデニングをしながら、隣近所の皆さんと仲良く暮らすことが可能となります。

二番目にご活用願いたいのはワーキングプアーと呼ばれる若いご夫婦です。『俺らって家を持てないんじゃない?』そんなことはない。新築に拘らなければ大丈夫。
新築なんてアホらしい。
今ある中古物件をキレイに直して使えばいい。

三番目に読んでいただきたいのは、仕事のための仕事をするために。財務基盤を強化し、家族に不安な思いをさせないために大家さんを目指す兼業大家さんです。

読んでいただきたい方の順番で言えば、
一番は賃貸派の団塊の世代の方々、
二番はワーキングプアーと呼ばれる若いご夫婦
そして、三番目は兼業大家さんを目指す皆さんです。

優先順位は心底、どれほど住居を必要としているのかでつけています。

どうか、多くの皆さんに読んでいただけるよう、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

長々と書きました。
最後までお読みくださり有難うございます。

以上、略儀ながら感謝とともに。
  
         藤 山 勇 司
by: 藤山勇司 * 2010/05/31 23:26 * URL [ 編集] | page top↑
----

> 藤山勇司 様へ

ご本人から直々にコメントをいただき驚くと共に感激しております。

「一番は賃貸派の団塊の世代の方々」
「二番はワーキングプアーと呼ばれる若いご夫婦 」
というのは納得ですし同感です。

マイホーム(新築)のために、人生の大半をローン返済で窮々として過ごすのは厳しい(空しい)ですし、さりとて賃貸住宅で年金暮らしも経済的に厳しいと思います。

藤山さんの想いと御著書を、これからも微力ながらPRさせていただきます。

本来ならばもっと早期にご紹介したかったのですが、諸事情により遅くなりましたことをお詫び申し上げます。

またこの場での御礼となりますが、集大成の御著書を賜りありがとうございました。

これからも藤山さんのご活躍とご健勝を祈念しております。

山田里志

by: 山田里志 * 2010/05/31 23:52 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。