スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
中古オタク(その1)
2009 / 10 / 14 ( Wed )
入院生活を経て、少し心境の変化が生じました。
それは今の生活(人生)をより充実させて生活して行きたいという事でした。

退院後の一月あまりは遠出を控えていたこともあり、自宅内の趣味を充実させることに熱中しておりました。

私の趣味はAV(オーディオビジュアル)で、次の写真のようにホームシアターを組み合わせて楽しんでいました。
画像 10

しかし今まで使用していたAVアンプは旧式のもので、衛星方法のAAC(5.1チャンネル)サラウンド音声に対応しておりませんでしたし、センタースピーカーやメインスピーカー、サブウーハー等のバランスの悪さも気になっておりました。

そこで人生この先どうなるか分からないという心境のもと、今を充実させるべくシステムの一部組替えを行うことにしました。

最初はスピーカーはJBLの一組150万円前後のものを検討したりしましたが、20数年愛用していたYAMAHAのNS-1000Mの継続使用の気持ちが強く、節約志向の性格もあって、結局次の写真のように組替えました。
画像 1
画像 2
新たに買換えたAVアンプが6.1チャンネルでしたので、後方に設置するスピーカーは3本となりました。
写真ではYAMAHAのNS-1000Mと別のスピーカーが写っていますが、今月中に3本ともNS-1000Mにする予定です。

AAC機能のついたAVアンプと新たに組替えたスピーカーで映画や音楽を視聴すると、その違いをはっきりと感じることが出来ました。

ちなみに今回の組替えに要した費用ですが、自称中古オタクの山田らしく、当初の予定よりも大幅に少なくて済みました。
まずはAVアンプですが、YAMAHAのフラッグシップAVアンプ DSP-AZ1で、重量は何と28㎏もあります。
画像 3
「フラッグシップAVアンプ」 と銘打っているだけあって定価は315,000円ですが、中古ということで45,000円で購入しました。(むろん完動品です。)

次にスピーカーですが、YAMAHAのNSー1000Mで、今でも美しい澄んだ音を出す名機です。
画像 
20数年前の価格で216,000円(2本1組)でしたが、整備&チューニング品(リフォーム&メンテナンス)のしっかりとしたもので、エンクロージャー外観は、小さな剥がれ部はエポッキシ系ウッド用パティで補修した後サンドペーパで磨き、油性アクリルラッカー(黒色半艶あり)で再塗装(3回塗り)してある新品に近い状態のもので、53,000円(2本1組)で購入しました。

少し高額でしたが、安心して使用できるものに決めました。

ちなみにこのスピーカーの重量は1本31㎏あり、現在これと同等以上の重量(造り)と音質(性能)のものを購入するとなると、1本40万円以上のものでないと超えられないという人もいるくらいです。

さらにスピーカースタンドにも凝り、2セットを購入しました。(もちろん中古品です)
画像 6
画像 7
定価は不明ですが、かなりの重量があり、今同じものを新品で購入するとなると2セットで5万円以上はするのではないでしょうか。
これを2セット合計で10,560円で購入しました。

サブウーハー(YAMAHA YST-SW800)やサラウンド用スピーカーは以前中古で購入して(確か定価の半額くらい)、別の部屋に設置していたものですが、ほとんど使用していなかったので今回この部屋に移してきたものです。
ですから今回の組替費用にはかかっておりません。
画像 5
このサブウーハーですが、以前の部屋(寝室)では就寝時に静かな音楽をかけていた関係で全く使用しておりませんでした。

今回大音量で使用してみますと、それまで使用していた2本のサブウーハーの物足りなさが払拭されて、このウーハーの性能の良さに驚くばかりでした。

大画面を堪能するために欠かせないアイテムであるリクライニングソファー(写真手前の茶色)も実は中古品で、以前市内のリサイクルショップで購入(9800円)したものです。
画像 9

ついでに現在使用中のパソコン用の椅子も同じショップで購入(2980円)したものです。
木をふんだんに使用したしっかりとした造りで、座り心地がとても良く、気に入っている逸品です。
画像 8

このリクライニングソファーにもたれながら、「パールハーバー」や「フライボーイズ」の映画を視聴してみると、飛行機が大空を飛び回ったり、銃弾の音の動きや、エンジン音、機関銃の発射する重低音の迫力等、見慣れたはずの映像が別物のようにさえ感じました。
もしかすると映画館の音響並かそれ以上の迫力があるかもしれないと大満足しています。

またサラ・ブライトマンやオーケストラの5.1チャンネルのコンサート等を視聴すると、まるでそのコンサート会場に来ているような臨場感がありました。

ということで、今回のシステムの一部組替えによりその視聴環境は大きく改善されましたが、それに要した費用は約10万円ほどでした。
サラウンド用のスピーカーをNS-1000Mにする予定ですが、それを含めても約15万円ほどしかかりません。
全て新品でそろえたとすると約80万円はかかるかと思います。

ところでホームシアターに欠かせないプロジェクターですが、現在はエプソンのEMP-TW200を使用していますが、ハイビジョン対応ワイド液晶パネルを搭載し、高画質映像の美しさを存分に満喫できています。
画像 11
今はフルハイビジョンタイプのプロジェクターが主流になっておりますが、このパネルでも十分に綺麗な画像が楽しめます。(ホームシアター歴20年の山田が自信を持っておススメします。)

ですから定価268,000円のこのプロジェクターの中古を、3万数千円で購入して予備として2台(ランプ使用時間20時間と500時間)持っています。
画像 12
中古のプロジェクターも含めて考えると、総額100万円以上ものAV機器が、多少の努力は必要になるものの、20万円以下で揃えられるということがご理解いただけたでしょうか。

こうして私はワクワクしながら(楽しみながら)、良いものをより安く購入して、日々の暮らしをより豊かにしながら病後を過ごしております。

長々と趣味について書いてきましたが、これは何も趣味のAVだけに当てはまることではなく、不動産投資にも大きく関連していることだと考えております。

そのことについては次回(その2)で書きたいと思っておりますが、皆様には是非中古の良さをご理解していただき、山田と同じような『中古オタク』になってほしいと思っています。(そのためにこの記事を書いております。)

なおブログの更新の遅さは、その質(内容)はともかく、量でお許し願えればと思います。

追記

本日YAMAHAのスピーカー「NS-1000M」2本を35000円で購入いたしました。
サラウンド(後方)用ですので普通に音が出ていれば良しとして、前回よりも安いものを購入いたしました。
機会(リクエスト)がありましたら、システムアップした写真を公開させていただきます。


スポンサーサイト

テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

19:18:29 | 未分類 | コメント(3) | page top↑
<<「人生マル得不動産投資のススメ」のススメ | ホーム | 中古の賃貸併用住宅>>
コメント
----

おひさしぶりです。ご自宅をご披露していただきありがとうございます。

すばらしい品揃えですね。それも中古で安く揃えられている。勉強になります!
by: ミカオ * 2009/10/15 22:56 * URL [ 編集] | page top↑
----

>ミカオ様へ

ご無沙汰しております。
YAMAHAのNA-1000M等のオーディオは、私やミカオさんの世代にとっては憧れの高級品だったことと思います。

その反動もあってか、この年代になってようやくその頃の熱い思いを実現させております。(笑)



by: 山田里志 * 2009/10/17 09:50 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2010/08/16 08:28 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。