スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
目覚まし時計
2007 / 09 / 20 ( Thu )
先日約束事があり、久しぶりに目覚まし時計をセットして眠りました。

リタイア後は、寝たいときに眠り、目覚めたときに起きるという、パプアニューギニアの人たちと同じような暮らしに馴染んでいきました。

そして熟睡中に、目覚まし時計で強制的に覚醒させられたのです。

「気持ちよく寝ていたのに、何で起こされねばならないのだ!」と、ものすごく腹が立ちました。

サラリーマン時代は、当たり前だったこの出来事が、実はものすごいストレスになるのだと実感しました。以前著書の中で、

「ジャングルでは、起きたい時に起き、寝たいときに寝られる。はらが減ったら飯を食い、自分のやりたいことだけを自由にできる。なにを好き好んで決められた時間に起きて出勤しなければならないのか。昼寝もできないし、やりたくないことをやらされる」

といって、便利できれいな部屋に住んで、安定した給料をもらう生活には何の魅力も感じずに、ジャングルへ帰ってしまったパプアニューギニアの人たちの生き方を紹介しました。

今私は、まさしくこの伊東(草津)の地で、いつの間にかこれと同じ生活に馴染んでしまっています。
そして、この人たちの言っていたことを100%実感しています。

「目覚まし時計で、強制的に覚醒させられる暮らしにはもう二度と戻れない!」と、怠惰に堕した私は、心底思いました。

「そうだ、NHK朝のテレビ小説『どんど晴れ』の録画ビデオを見よう!」

こうして本業が大家である私は、今日も日がな一日、ひたすら自分のやりたいことだけを堪能する時間を過ごすのです。

もともと私は、勤勉な日本人の遺伝子を持たない、生まれながらにして、心底怠惰大好き人間だったのかもしれません。

目覚まし時計で、自分の怠惰さが目覚めて(気づいて)しまいました。

それと同時に『リタイアするにはやはり大家さんが一番だ!」と、今更ながら実感しています。

スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

11:14:28 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<サブプライム・ショックに思う(その1) | ホーム | 私はタダでアパートを買いました!(その3)>>
コメント
--うらやましいです--

今日の朝、通勤電車の中で会社に行くのが辛くてしかたありませんでした。前日は飲み会で、遅くに帰宅したため寝不足なのです。
先生は、この生活から開放され、自由な生活をされていて本当にうらやましいです!
より一層、サラリーマン大家になって成功するぞと思いました。
by: しんちゃん * 2007/09/20 19:00 * URL [ 編集] | page top↑
--「しんちゃん」お久しぶりです!--

しんちゃんのコメント、重く感じています。
私はサラリーマンの立場を最大限に活用して大家になりました。リタイア後は給与所得がもうないので、融資は格段に難しい立場になりました。つまり大家はサラリーマンだからなれるのです。
しかし、リスクを負わなければならない投資の世界でもあります。
このブログ等でモチベーションを上げつつ、学習をしっかりと積んでいってください。そしてまずは優良物件のオーナーになってほしいと思います。
頑張ってください!

by: 山田里志 * 2007/09/20 21:06 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wbs96425.blog118.fc2.com/tb.php/19-edb65b5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。