スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
専業大家の気まま旅(その13)「旅の第一部が終了しました③」
2009 / 05 / 27 ( Wed )
なかなか経験できない非日常の気まま旅を間接体験していただいて、英気を養っていただけたらと思い、撮影していた写真を去年の夏の旅のブログに挿入してお届けしておりますが、いよいよ今回で最後となりました。

読者の皆様もいつかは「時間持ち」になると思いますので、こういう時間の使い方もあるという参考にしていただけたらと思います。

それではご一緒に最後の旅を・・・・・・・・・


⑥8月09日(土) 
・中津川市→中仙道馬籠宿
画像 655
画像 657
画像 658
→峠の集落
画像 656
→妻籠宿
画像 659
画像 660
画像 661
画像 662
→天竜峡
画像 664
画像 665
画像 666
画像 668
→天竜峡温泉
画像 667
→諏訪大社
画像 669
画像 672
画像 673
画像 670
(久しぶりにアパートに立ち寄り、物件の状況を見てきました。)
→韮崎城跡
画像 674
→甲府市
画像 675
画像 676
(旅の最後の夜は、贅沢な食事で締めくくりました。)
→富士宮市
画像 677

※「歴史的建造物保存地区」は全国各地に散在し、そのいくつかを見てきましたが、この馬籠宿・妻籠宿はその中でも別格に思えました。
特に馬籠宿は、観光客がまだいない早朝に訪れたせいもあって、静かな歴史的たたずまいを堪能できて印象深かったです。
画像 663

※織田・徳川防衛のために真田に命じて築城した韮崎城を、時すでに遅しと勝頼自ら火を放って焼失させてしまった城跡を、その後家康がこの地を北条と争った時の拠点にして成果を挙げたことは、何とも皮肉な話です。

⑦8月10日(日) 
・富士宮
画像 678
→沼津→伊豆長岡→伊東(自宅)

※帰宅してからすでに2週間が過ぎようとしていますが、この間ずっとオリンピック競技をはしご視聴して、ぐうたらして過ごしていたように思います。

とにかく、このブログの更新を含めて何もする気が起きなく、ただただ体を休めていました。
2ヶ月余り休日の無い旅の疲れを、この2週間癒していたともいえます。

今回の旅では、たくさんの働く人たちも目にしてきました。
特に地方では、道路工事や交通誘導員、電線や崖の修繕等の現場も多く通り過ぎました。

ある現場では、炎天下に真っ黒になって、つるはしで道路を深く掘り下げている婦人の姿に出くわしました。

また日なたで直射日光に当たりながら、厚い作業服、ヘルメットをかぶって鉄板にハンマーを打ち込む造船現場も目にしました。

火ぶくれした赤黒い顔の交通誘導員の人も多く目にしました。

それを目の当たりにしている自分はと言えば、猛暑といいながらもエアコンの効いた車内で気ままな旅を続け、「資産」を持っているおかげで、2ヶ月もの間旅を続けてきたにもかかわらず、口座には十分なお金が振り込まれていました。

今回ほど「不労所得」のありがたみを実感したことはありません。それは申し訳ないほどの実感です。

大家業は、「絶対成功する」という保障はむろんありません。
投資である以上、失敗して撤退し、後悔する人たちも大勢いるはずです。

しかし成功している人たちがいるのもまた事実なのです。しかも成功の果実は「不労所得」という魅力あるものです。

「手順」を踏んで努力を積み重ねてきた人には、得られる可能性が高くなり、失敗する可能性が少なくなります。
「手順」を省略して、手っ取り早く追及する人には、得られる可能性は少なくなり、失敗する可能性が高くなります。

その「手順」の第一歩が学ぶことだと思います。
成功している大家さんたちから、できるだけそのノウハウを学ぶことではないかと思います。

今はこうした生活が長く続けられるように、高稼働率が維持できるような安定したアパート経営を心がけているところです。(終)


旅を終えてからまもなく1年が過ぎようとしておりますが、こうして写真を挿入しながらその足跡を辿って行くと、懐かしさと共に、「自由な時間持ちのありがたさ」と「贅沢さ」をあらためて噛み締める機会となりました。

わき目もふらずにひたすら「資産」を築いて、さまざまなリスクや税金(累進課税)や相続税の心配をするよりも、“足るを知る”「自由人」となって、「時間持ち」となることの贅沢さもあることを知ってほしいと思います。





スポンサーサイト

テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

11:45:42 | 未分類 | コメント(2) | page top↑
<<ダブルワーク | ホーム | 専業大家の気まま旅(その12)「旅の第一部が終了しました②」>>
コメント
--学ぶことが大事--

であること、しみじみ思います。

私のような新米は、山田さんのような先輩方がいらっしゃって大変ありがたく、感謝しております。
by: 空飛ぶかっさん * 2009/05/27 16:05 * URL [ 編集] | page top↑
----

>空飛ぶかっさん 様へ

今は私の方が、空飛ぶかっさん 達のような若い後輩の方の感性から学ぶことが多々あります。

今後ともよろしくお願いいたします。

by: 山田里志 * 2009/05/27 19:07 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。