スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
専業大家の気まま旅(その10)「四国の・・・・・・(⑥)」
2009 / 05 / 09 ( Sat )
なかなか経験できない非日常の気まま旅を間接体験していただいて、英気を養っていただけたらと思い、撮影していた写真を去年の夏の旅のブログに挿入してお届けしております。

読者の皆様もいつかは「時間持ち」になると思いますので、こういう時間の使い方もあるという参考にしていただけたらと思います。

ゴールデンウィークを家やご近所で過ごされて旅に出かけられなかった方には、このブログで旅行気分を味わっていただけましたならば幸いに思います。

それではご一緒に旅の続きを・・・・・・・・・


⑬8月01日(金) ・京都、渡月橋
画像 657
画像 658
画像 659
→奈良、法隆寺
画像 661
画像 662
→藤ノ木古墳
画像 660
→吉野山、金峰山寺蔵王堂
画像 725
画像 726
画像 727
→和歌山県、高野山・金剛峰寺
画像 665
画像 664
→熊野古道(小辺路)
画像 666
画像 667
→龍神温泉
画像 668
画像 669
画像 670

※吉野山、高野山、熊野古道等が世界遺産に登録されていることを、うかつにもこのとき知りました。

⑭8月02日(土)
・和歌山県、龍神温泉
画像 673
画像 674
→熊野古道(中辺路)
画像 675
画像 676
画像 677
→南紀白浜
画像 678
画像 679
→熊野古道(大辺路)
画像 680
画像 681
→潮岬
画像 682
画像 683
画像 685
→橋杭岩
画像 684
画像 686
→太地町(9回目の海水浴、鯨の芸、狼煙台、展望台等々)
画像 687
画像 688
画像 689
画像 690
画像 691
画像 692
画像 693
画像 695

※太地町は鯨(捕鯨)の町で、町のいたるところに鯨関係の施設がありました。(公衆トイレの水流にも鯨の鳴き声音が・・・)
画像 694
画像 696
公園や展望台はきれいに整備されており、トイレも嬉しいウォシュレットだし、とても過ごしやすく、旅人にとって優しい町の印象を持ちました。
画像 698
画像 699
画像 701
画像 702
画像 703
海水浴場のすぐ前には無料の駐車場とシャワー施設が整えられており、海水浴場内には鯨の生簀があって、一日3回の餌やり時には、ジャンプ等の芸まで無料で見せてくれました。
なんでこんなに至れり尽くせりなのだろうかと、この町に敬意すら感じました。お薦めの町のひとつです。
画像 697
画像 700

⑮8月03日(日) 
・太地町→那智の滝
画像 704
画像 705
画像 709
→熊野那智大社
画像 706
→熊野本宮大社
画像 708
画像 710
→瀞峡
画像 711
画像 712
画像 713
画像 714
→奈良、十津川温泉郷
画像 715
画像 716
画像 717
→大台ヶ原
画像 719
画像 720

※十津川村は山深く、道狭く、九州の五家荘、徳島の祖谷峡の道と並んで恐ろしい道でした。その険しい山の急傾斜地に家が並んでいる様は、人間の営みの凄さ(粘り強さ)を感じました。

※大台ヶ原は標高1400mにあり、久しぶりにかけ布団の中で寝ました。夜は天の川が隅々まで見え、佐多岬、足摺岬に続いて、宇宙と悠久の時を感じる時間をもてました。

⑯8月04日(月) ・奈良県、大台ヶ原
画像 721
→日出ヶ岳(標高1695m)
画像 722
画像 723
※日出ヶ岳に向かう道の入り口には、「クマと遭遇しないために、鈴かラジオを鳴らして・・・」という大きな看板が立てかけてありました。
ビジターセンターの人に
「大台ヶ原に来て、日出ヶ岳に行かなければ、何のためにここに来たか、その甲斐がない。」
と聞かされていたので、ここは是非とも日出ヶ岳へ。
画像 718
画像 724

あいにく鈴もラジオもないので、歌を歌いながら早朝の山道を約30分ほど(往復1時間あまり)歩きました。
まさかクマに注意して旅をするなんて、思いもしませんでした。

※今日は、溜まりに溜まっていて洗濯物が洗え、同じくブログが更新でき、それなりにすっきりできた一日になりました。
念願の九州、四国の旅も無事終えることができ、精神的には一山超えた気分です。

そろそろ涼しい高原の草津に戻って過ごそうか、それとも伊豆でのんびりと過ごそうか・・・・などと考え始めています。

いずれにしても50日近くも車で寝ているので、この生活に慣れてしまうのもいかがなものかと思い始めています。

明日は伊勢志摩へ行く予定です。

それでは皆様も暑さに負けず、お元気でお過ごしください。

山田 里志



最後までご覧いただきありがとうございました。
今回もご一緒に「気まま旅」を味わっていただけましたでしょうか?

この先も旅はまだまだ続きます。






スポンサーサイト

テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

18:32:03 | 未分類 | コメント(3) | page top↑
<<専業大家の気まま旅(その11)「旅の第一部が終了しました①」 | ホーム | 専業大家の気まま旅(その9)「四国の・・・・・・・⑤」 >>
コメント
----

山田さん
こんにちは。
和歌山も観光で行かれたと聞いてましたので,写真を拝見し,とてもうれしく思いました。それから,市内でも,景色のよいところや観光名所が結構ありますよ。徳川御三家 8代将軍吉宗で有名な和歌山城や東照宮などはぜひ立ち寄って,欲しかった名所でもあります。
尚,私の所有物件,和歌山市内にありますので,もしかしたら,近くを通っているかもしれませんね。
てらちゃんより。
by: てらちゃん * 2009/05/11 00:27 * URL [ 編集] | page top↑
----

今日も和歌山で仕事中です。
会計検査院の方に叱られています。。。
by: 空飛ぶかっさん * 2009/05/11 19:25 * URL [ 編集] | page top↑
----

>てらちゃん様へ

てらちゃんと知り合う前の旅行でしたので、和歌山市内は素通りしてしまいました。

今度近くを通るときには、てらちゃんの物件を是非拝見させていただきたいと思います。

>空飛ぶかっさん 様へ

お仕事ご苦労様です。
宮使いは辛いですね。(笑)
でも叱っている人間の方が、将来にわたって経済的に困窮する可能性が高いと思えば、かっさんの方が全然余裕ですね。
by: 山田里志 * 2009/05/12 11:39 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。