スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
カリスマ大家さん「ひろさん」のご紹介
2009 / 03 / 24 ( Tue )
唐突で恐縮ですが(汗)・・・・・・
以下の文は『去年の8月4日のブログより』一部抜粋&写真を追加した合成文です。

ご無沙汰して申し訳ありませんでした。
山田の「気まま旅」第4弾をご報告いたします。

前回のブログの更新の後は、佐賀県の虹の松原を車で通り抜けた後、この虹の松原が一望できる鏡山の山頂で車中泊しました。夜景もなかなかのものでした。

それではその続きを・・・・

①7月20日(日) ・佐賀県唐津市、鏡山→芥屋大門→福岡県、元寇防塁→大宰府天満宮→久留米市、うなぎの蒲焼&温泉→佐賀県、吉野ヶ里歴史公園→福岡県、筑紫野市

※元寇防塁の土台の石が多数残されていて、近くには復元された防塁も見られ、松林から聞こえてくる波の音とともに、はるか鎌倉時代の弘安の役に思いを馳せたりしました。
画像 222

※久留米市で山田のファン(?)の方8名と、歓談しながらうなぎを食べたり、温泉に入浴したりして楽しいひと時を過ごしました。皆さん意欲的な大家さん(予定者を含む)たちばかりで、九州の大家さんの熱心さに感心しました。
画像 230
(1時間待ちで食べたうなぎのせいろ蒸)

画像 231
(山田のスーパーカーをバックに九州の大家さんたちとの記念撮影)

※吉野ヶ里では今年から公開を始めたばかりの「北墳丘墓」は、14個の本物の甕棺が埋もれた状態で見ることができ、とても印象に残りました。
吉野ヶ里遺跡の規模を目の当たりにすると、邪馬台国はもしかして・・・・などと頭をよぎったりもしてロマンが掻き立てられました。
画像 220
画像 221
(主祭殿とその内部)


次はお会いした大家さんの中のお一人である「ひろさん」の、そのときのブログです。

7月20日~23日のひろさんのブログ『大胆な小心者の不動産投資日記』より(山田が勝手に編集しました)

約束の11時・・・、山田さんは噂のキャンピングカーサンバー4WDスーパーチャージャーで、何故かひろに向かって手を振りながら、颯爽と登場

「初めてお会いするのに嬉しいな~」と思ってたら、実は、大家さん学びの会の水澤さんと間違えてただけでしたが(笑)

因みに水澤さんとは、昨日、セミナー&懇親会で初めてお会いしましたが、学年は私と同じだったものの、ご本人は、私より大分スマートで爽やかな方だったので、間違えられたのは「光栄」&「ちょっと恐縮」って感じです

って事で、まずは九州勢7名で自己紹介し、早速愛車の中を見せて頂くと、宿泊スペースになっている後部座席には、ブログに書かれていた通り、洗濯物がびっしり

皆で感動していると、実はこの洗濯物・・・、普段昼間走る時は下ろしてるそうですが、今回は態々私達の為に吊るしてくれたとの事

感動物のサービス精神ですよね

その後、記念写真を撮影して頂き、私の愛車旧々型ノアで富松うなぎ屋に移動

土用の丑の日が近い為、「多いだろうな~」とは覚悟していましたが、昼前に到着したにもかかわらず、なんと27組待ちで、店外にも待ち客が溢れ出る大盛況は予想以上でした

昼食先の鰻屋では、これまでの旅の行程を書き込んだ地図を見せて頂き、「訪問した観光地のお話」や、「景観に感動した場所」、「車中泊でのトラブル」等のエピソードを、存分に聞かせて貰いました

結局、鰻屋さんでは、30分程待って、お腹を空かした後、8名でせいろ蒸しを満喫

その際、「今日は、この後吉野ヶ里にでも行こうかな~」なんてお話されてましたが、「もし時間が有ったら、温泉でも行きませんか?」とお誘いすると、

「私には、時間だけはいくらでも有ります。吉野ヶ里は明日にしましょう」

という嬉しいお返事

因みに、今回車で一人旅してるのは、「ホテルだと、予約した日に行かなければならなくて、行動を制約されるのが嫌だった」からだそうですが、「帰宅する日も決めていない気ままな一人旅」・・・、本当、サラリーマンには夢のような世界ですね

流石に温泉では男の付き合いって事で、露天風呂で、思う存分お話させて頂きました。




さて今回このような過去のお話を持ち出したのは、実はこの7ヶ月後に再び埼玉県熊谷市で「ひろさん」と再会したからでした。

よっぽどのことがない限りは、もう二度とお会いすることはないであろうと思っていたのですが、そのよっぽどのことが起きたのでした。

それは出版に向けた座談会で、なんと「ひろさん」が九州からわざわざ飛行機で(しかも自腹で)熊谷まで来てくださったのでした。
真夏日にお会いして、そして真冬日に再会したわけですが、その嬉しさはひとしおでした。

今回の出版に当たっては、こうしたひろさんのような奇特な大家さんらのご参加なしには、世に出なかったことと思います。

また新刊本のP150~P159の「5万円の愛車で2億円稼ぎ出した情熱大家!」を読めば、余計にひろさんのファンになる人が増えることと思います。(私もその一人になりました。)

3月22日(日)のひろさんのブログには、新刊本の感想が紹介されておりました。
同じ小心者大家さんとして(といっても私のほうが一回り大きい小心者ですが)、共感していただいて嬉しく思いました。

嬉しく思ったついでに、私のブログでも紹介させてもらいました。


「小心者の不動産投資」

本日は3連休の最終日

午前中は、家族とイオンモールへ買い物に行き、午後はクロスバイクを流して少し昼寝した後、夕方から一気に、昨日届いた山田里志先生の新刊を読み上げました

3年振りの著書の中では、進化した「山田式物件選定法」のノウハウが満載で、大変参考になりましたが、その基本は私と同じ「小心者」の発想でした

最近は、周囲に億クラスの戦艦級RC物件をいきなり買っちゃってる人も多いので、正直、保有物件の話をする時等片身が狭くなる事も有りますが、

「小口物件分散投資によるリスク分散」のメリットを、改めて活字で目にする事が出来たのは、嬉しかったですね

確かに、スピード重視で億単位の物件を長期のローンを組んで購入する事は、経済的自由への最短の道かもしれませんが、守るべき家族が居る投資家にとっては、「退場しない事」も重要だと思いませんか

今回の山田先生の新刊には、「小心者」という言葉が随所に出てきますが、同じ「小心者」として凄く共感出来ました。

私と同じような、家族持ちのサラリーマンで、将来への不安から不動産投資に興味を持ってるけど、失敗が怖い・・・、そんな方に是非読んで欲しい一冊ですね


ひろさんの実践は、新刊本の活字だけでなく、ブログからも学ぶべき点が多々あります。
山田お奨めのブログの一つです。

このときお会いした大家さんの中には、
「数年後にリタイアして沖縄に永住する」
という夢を語っていたほぼ同年輩の方がいらっしゃいましたが、そうした夢を叶えるために大家さんになった人と、九州の地でお会いできて嬉しく思いました。

「夢が実現した折には是非沖縄に遊びに行くのでよろしく!」
とお約束しましたが、私もすごく楽しみになりました。



































スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

12:15:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<カリスマ大家さん「星輝さん」の紹介 | ホーム | 「3作目出版&CDセット発売記念キャンペーン」(3月31日:13時から)>>
コメント
--山田先生お早う御座います。--

余り褒められると、照れてしまいます(笑)

それにしても、改めて写真を見ると、昨年夏の事が、昨日のように思い出されますね♪

私は再会の日は必ず来ると信じていましたが、「何年か先に静岡を訪問して・・・」なんてイメージでした。

それが、こんなに早くなるとは、龍前さんや星輝さんに感謝致します。

by: ひろ * 2009/03/25 07:34 * URL [ 編集] | page top↑
----

>ひろさんへ

ひろさんのブログの文章を勝手に引用させていただいた上に、こうしてご返事までいただきましてありがとうございます。
感謝申し上げます。

「2度あることは3度ある」
ではないですが、またお会いして歓談できる日が来ることを楽しみにしております。

そのときは「愛車」の効用で、スマートになっておりますでしょうか?(笑)

by: 山田里志 * 2009/03/25 10:43 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wbs96425.blog118.fc2.com/tb.php/160-b6a7cf7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。