スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
「派遣切りは前哨戦! 」の記事
2009 / 02 / 20 ( Fri )
ダイアモンド社のビジネス情報サイトで次のような記事を目にしました。

執筆の息抜き中にたまたま目にした記事ですが,この先の雇用情勢を見る思いで空恐ろしくなりました。
以下がその記事の抜粋です。

「派遣切りが話題になっているが、財務的に見れば、年収100~300万円の非正社員をいくら雇用調整しても、大きなインパクトはない。実は企業が本当に切りたいのは、正社員だ」

ある証券アナリストはこう明かし、派遣切りが正社員のリストラの“前哨戦”に過ぎないことを示唆した。
それを裏付けるかのように、電機、食品、商社、金融業界などの経営者や人事担当者らは、こう口を揃える。

「不況で仕事が減り、確かに従業員に余剰感がある。
ただ、それよりも以前から頭を悩ませていたのは、40代の余剰人員だ。
特にバブル期に大量採用した社員の中には、仕事ができない社員、仕事をしない社員、うつ病で休職を繰り返して仕事ができなくなった社員などがたくさんいる」(あるメーカーの人事担当者)

経済環境が日に日に悪化するなか、こういった社員をリストラしたいのが彼らのホンネである。
だが正社員には解雇規制があるため、どうしようもない。
その結果、
「人員削減のしわ寄せが非正規社員に向かっている」(同)
というわけだ。

今や製造現場の派遣切りだけでなく、事務系の派遣社員が契約打ち切りになるケースも出始めた。
そればかりか、ソニーや日本IBMなどでは、正社員も含めた大規模なリストラが実施されている。
もはや正社員にとっても“失業”が他人事ではなくなって来ているのだ。

このような現状に強い危機感を募らせるのは、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの小林真一郎主任研究員である。

「過去のオイルショック時よりも景気が急速な落ち込みを見せており、2009年1~3月期のGDPは、マイナス幅がさらに拡大する可能性もある。
これはもう、戦争や大災害などの“天変地異”が起きたのと同じレベル。
雇用環境も急速に悪化し、それが年度変わりと重なったため、通常なら段階的に行われる雇用調整が、非正規社員、正社員、新卒者に到るまで全て同時に起きている状態だ」(小林研究員)

こんな状況では、社員はたとえクビがつながったとしても、激務となったり、賃金の低下など、労働環境や労働条件の悪化は避けられないだろう。
非正社員はおろか、正社員の足許も同様に不安定になっているのが現状なのである。
(労働経済ジャーナリスト 小林美希)

この記事が恐ろしいのは、それが現実に符合して進行していることです。
そうなるとサラリーマンの今後の展望は、「労働条件の悪化は避けられない」という極めて暗いものになります。

リストラに遭わずに会社にしがみつけたとしても、それが良かったはといえない環境が待ち構えているということになります。

今サラリーマン大家さんになっている人は、少なくともただのサラリーマンの人よりは、自前のセーフティーネットを持っていると感じられているのではないかと思います。


スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

12:29:23 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<私の師匠! | ホーム | お粥(その2)>>
コメント
--はじめまして!--

はじめまして、「驚異のアパート投資法」の小川慎です。山田さんのセミナーでお世話になりました。今後ともよろしくお願い致します。
by: ツイてる! * 2009/03/01 12:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

> ツイてる! 様へ

コメントありがとうございます。

3月1日のブログ「私の師匠!」をご覧ください。

小川慎さんからコメントをいただき、とても嬉しく思います。
by: 山田里志 * 2009/03/01 15:27 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wbs96425.blog118.fc2.com/tb.php/150-fc00017d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。