スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
「アパート経営フェスタ」と「子ども兵」(その1)
2008 / 10 / 15 ( Wed )
先日東京の大塚で開催された「ハッピー&リッチ アパート経営フェスタ」(NPO法人アジアチャイルドサポートに寄付するチャリティーイベント)が行われると知ったとき、すばらしい企画だと思いました。

それは住宅すらない貧困家庭に苦しむ子どもたちに、少しでも手助けができればという、住宅に関係する大家さんたちのチャリティーイベントだったからです。

私はこの企画を聞いたとき、真っ先に思い浮かべたことは、以前本で読んだ“子ども兵”の存在のことでした。

このイベントとは直接的には関係ないかもしれませんが、貧困と為政者の私利私欲が招くこの不幸な現状を、ここで紹介させていただきたいと思います。

それはコロンビア、レバノン、リベリア、カシミ-ル、コソボ、シエラレオネ、スリランカ、ス-ダン、ソマリア、ルワンダ、タンザニア、イラク、イラン、アフガニスタン、カンボジア、東ティモ-ル、インド、インドネシア、ラオス、ミャンマ-、ネパ-ル、パキスタン、パプアニュ-ギニア、フィリピン、スリランカ、ソロモン諸島等々の国々に存在する18歳未満の兵士のことです。

極貧によって絶望し社会から締め出された子どもたちは、闇の経済や組織犯罪、そして武力紛争の担い手の大規模な予備軍となります。

誘拐または拉致や募集によって子どもたちは兵士に仕立て上げられていきます。
子ども兵は少年とは限らず、少女の兵士もおり、少女兵だけの隊も存在します。

子ども兵は簡単なプロセス(教育)で勇敢で有益な兵士になります。質問もせず素直に指示にしたがい、命の重みが分からず恐怖が少ないので戦闘はなんでもやれます。

被害者や目撃者がよく口にしたのは、「子どものほうが大人よりもこわい!」ということでした。

しかも安価で扱いやすいので、極貧国の紛争地帯では子ども達の誘拐や拉致が頻繁に起きて、兵士に仕立て上げられていきます。

そして子ども達は生きながらの地獄を味わうのです。

これからご紹介するのは、以前草津図書館から借りて読んだ「子ども兵の戦争」(P・W・シンガ-著/NHK出版)よりの抜粋です。

○子どもたちは11歳か12歳で徴集するほうがいい。(民兵組織最高司令官)

○子どもたちは最高かつ最も勇敢な兵士になる。子どもだからと甘くみるな。彼らはわれわれ大人以上に戦える。ただ撤退するということが彼らにはなかなかできないのだ。(リベリアの政府系民兵組織指揮官)

○武装組織から仲間になれって言われたけれど、いやだって言った。そしたら、弟を殺された。だから仲間になった。(7歳)

○ある晩、入り口で見張りをしていたら、誰か連れてこられた。子どもで、覆面をされてて、「反政府勢力だ、敵だ、殺せ」って。ぼくは言われたとおりにした。その場で。ぼくのナイフで。そのあとは、ひと晩じゅう眠れなかった。(10歳)

○やつらはつかまえた人間を連れてくる・・・・・訓練を受けさせるために。指揮官からお前がやれと言われた。ショックだったしぞっとした。みんなの前でやらされた。50人全員の目の前で・・・・・。頭を撃たされた。ぼくは震えてた。殺される人たちの中には、泣き叫ぶ人もいた。指揮官は「どうやって人を殺すか覚えるんだぞ」って言った。(15歳)

○友だちのユアニタが、困ったことになって・・・・・。兵士になる前からずっと友だちで、テントも同じだった。「友だちでも関係ない。彼女はミスをした、殺さなきゃならない」って指揮官は言った。目を閉じて撃ったけど、当たらなくて。だからもう一度撃った。墓地はすぐそばだった。埋めるのも土をかけるのも私がやらされた。(17歳)
○二度目のほうが簡単さ。どうでもよくなるんだ。(15歳)

○手足を切り落とさせられた。ぼくたちは短剣と斧と大きな丸太を持ってた。村人たちを呼び出して一列に並ばせた。(被害者たちに)長い手がいいか短い手がいいか(手首で切るかひじで切るか)訊くんだ。長い手のほうは短い手とは別の袋に入れる。袋が切り落とした手でいっぱいになったら自動的に昇進する。いろんな階級にね。(16歳)

○ひとりが逃げようとしたけど、つかまった。彼は両手を縛られ、一緒に誘拐されたぼくたち新人が、彼を棒で殺せと命じられた。ぼくは棒に触った。彼を前から知っていた。同じ村の子だった。殺すのは嫌だっていったら、あいつら、ぼくを殺すって言った。銃を向けられて、殺すしかなかった。その子がぼくに訊くんだ。「なぜそんなことを?」って。しかたないんだって言った。殺した後で、ぼくたちはその子の血を腕に塗らされた。めまいがした。気持ち悪かった。こうすれば死を恐れなくなる。そして逃げようとしなくなるって言われた。(15歳)

○彼らはわたしを選んで茂みに連れていきあるメンバ-の妻になれって言われた。「言うとおりにしろ、でないと殺す」って。それでも拒もうとしたら相手は本当に怒ってわたしの頭にナイフで切りつけた。どうしようもなくて、ひどく出血して、それで初めてセックスをしたの。14歳で。生きるか死ぬかだったから。(16歳)

○カラシニコフ銃の弾丸は秒速800メ-トルで飛びます。聖戦士が3200メ-トル先にいるロシア人の頭部を狙う場合、弾丸がロシア人の額に命中するまでに何秒かかりますか。(アフガニスタンの4年生の教科書に載っている文章問題)

(その2に続く)
スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

00:05:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<「アパート経営フェスタ」と「子ども兵」(その2) | ホーム | 「夜のRIGの会」に参加して>>
コメント
----

ワタシの上司の友人でこの問題に人生をかけている人がいます。NPO法人で各国に飛んでいます。

テラルネッサンスという団体で鬼丸君と言う方が代表で頑張っています。いくつか著書もあります。

興味があれば^^連絡も取れますよ。
by: ケン吉 * 2008/10/15 20:12 * URL [ 編集] | page top↑
----

>ケン吉様へ
交友関係が広いのですね。びっくりしました。ケン吉さんも、この問題には関心が深そうですね。賃貸経営だけでなく、次回はいろいろなお話もお聞かせください。
by: 山田里志 * 2008/10/18 01:47 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wbs96425.blog118.fc2.com/tb.php/132-9fea8b83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。