スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
入居者の大移動(転居)
2008 / 05 / 28 ( Wed )
春先は入居者の転居が活発になります。
今年の春も、山田の所有するアパート・マンションはこの転居が活発でした。

大家さんにとっては空室を埋めるチャンスですが、それと同時に空室が増える時期でもあります。

昨年は5月末で6室が空室のままになりました。
今年は春先に合計で10室の退去者がありましたが、5月の現時点では満室の状態です。

実は昨年の春先からある取り組みを行い、昨年の5月以降は大家(山田)自身が管理会社に積極的に働きかけたことが、今年の「満室」という成果となって表れました。
もしもこの取り組みをしていなければ、10室の退去に対して、10室の入居は無かったであろうと思っています。

その取り組みとは、セミナーDVDの中でも詳細に述べましたが、大きくは2つありました。
それは建物の周囲の「リフォーム」と入居に際しての「条件の見直し」でした。

「リフォーム」に関しては、建物ごとにその内容が違いますので、やり方は全ての場合に当てはまるわけではありませんが、一言で言えば大家自身の感性を信じた「気持ちの良いレイアウト(環境つくり)にする」といったところでしょうか。
それも費用を最小限度に抑えて効果を上げる方法です。

「条件の見直し」に関しては、自分が入居者の立場だったら、「どの条件ならば納得して入居を決めるか」といったところです。

ただし賃料を大幅に値下げするというのは、安易に過ぎると思います。
私の場合は、ある条件を緩和しつつ、逆に賃料を1000円アップしての見直しでした。
もしかしたら2000円アップしても大丈夫だったかも知れません。

今年は4年以上住み続けていた大学生(院生)が卒業を迎え、多く退去した年でもありました。
それでもすぐに入居が決まっていき、最後の一室は「退去待ち」という程の人気で、昨年とは状況が大きく違っていました。

重要なのは
「退去者が出たときにも、日を経ずして入居者がコンスタントに決まるか!」
という高稼働率の維持(安定経営)ではないかと思います。

今年の入居者の大移動を経験して、そのことをあらためて認識しました。

スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

00:05:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。(その1) | ホーム | 睡眠時間(その2)>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/05/28 23:02 * [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2009/10/16 13:29 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wbs96425.blog118.fc2.com/tb.php/103-f9cddc7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。