スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
睡眠時間(その2)
2008 / 05 / 25 ( Sun )
この日飲みに行って、身近な人たちの睡眠時間が短いのを知り、もしかしたら多くの勤労者の睡眠時間は、5~6時間の人が多いのかもしれないとの思いをめぐらせました。

また、勤労者の中には、そもそも不眠症で眠れない人も多いと聞きます。
そうした人にとっては、たとえ2~6時間の睡眠でも、眠れるだけ羨ましいかも知れません。

不眠症の原因のトップがストレスからくるというのを聞くにつれ、不眠症も睡眠時間の短さも激務から由来しているわけですから、根っこは同じに思えます。

友人は、私が10時間近くも惰眠を貪っているのを知って一言
「羨ましい!」
と呟いたのが胸に響きました。

また雑談の中で
「ワンボックス車に布団を積み込んで、延べで1年くらいかけて気儘に日本中を旅して回りたい」
という貧乏旅行の計画を語ったときも、
「何と優雅で贅沢なことか!」
と、そうした時間が持てる境遇を羨んでいました。

お互いの現況などを話しているうちに、今の自分は恵まれているのだということをあらためて感じました。

それにしても「睡眠」という人間の基本的な欲求すら満たすことができない現代社会は、どこか異常な社会だと思います。

深夜2時半過ぎに店を出て、大久保周辺の韓国店や新宿の歓楽街を観光しながら始発で伊豆に朝帰りしましたが、明け方まで煌々と明かりがともり、営業している店がかなりあり、大勢の人が行きかう光景は、とても特殊(異常)な環境に思えました。

さすがは日本一の歓楽街で「不夜城」と呼ばれるだけあるなと納得しましたが、心休まる街には到底思えませんでした。

ところで真面目に働く勤労者の中には、長時間労働や睡眠不足により身も心もボロボロにされて、自ら命を絶つことによって休息を得ようとする過労自殺や、あるいはうつ病にさせられて、ようやく休息できる事態が増加の一途をたどっています。

またいくら働いても、また管理職に任命されても、貧しさから脱出できない貧困層も増大しています。

それにしても「名ばかり管理職」とは、よくぞここまで姑息な手を考えつくものだと、経営者の品格を見せつけられる思いです。

疑問に思うのは、こうした大勢の人たちを低賃金で酷使したり、詐欺まがいの人件費抑制で得た膨大な利潤は、いったいどこに消えてしまったのかということです。

ここ数年、経営者の所得や資産家の数、企業の内部留保が急増していますが、これとは無関係なのでしょうか?

こうした現状は、不夜城よりも異常に思え、恐ろしく不気味でさえあります。

不気味といえば、貧困や過労自殺とは全く無縁の「二世~三世議員」が与党で半数を超えているそうですが、世襲制という特権階級が形成されつつある現状も、かなり不気味に思えてなりません。

その世襲議員たちの経済状態は実に豊かで、経営者や資産家、企業に近いのではないでしょうか。
ですからそうした層にやさしく、貧困者等の層にはやさしくない政治になるのは、至極もっともなことのように思えます。

ついでに言えば、(年金暮らしのお年寄りを含めた)貧困層の人たちが、豊かな二世議員ら与党に投票する事態は、もはや不気味さを通り越してブラックユーモアでさえあると、心がひねくれていると自覚している山田は感じています。(終)

スポンサーサイト

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

01:21:30 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<入居者の大移動(転居) | ホーム | 睡眠時間(その1)>>
コメント
----

こんにちは、山田さん。
私も山田さんのように感じています。
(うすうす皆さん感じていると思いますが・・・)

今は管理職なんて経営者に奴隷のように扱われていますよね。
昔は管理職になると待遇もUPしたもんですが・・・そのイメージだけが残っていますよね。

世襲議員の増大!
彼らは選挙地盤(れっきとした資産)とかを持ってても税金とかかかりませんもんね!
収入にしてもほとんど税金なんと払ってないのでは!

>貧困層の人たちが、豊かな二世議員ら与党に投票する事態は、もはや不気味さを通り越してブラックユーモアでさえあると

同感です!
私は選挙に行くと入れたい人がいないので白紙で投票しています。

この前の書き込みに大村大次郎さんの本を推しましたが
『なぜ金持ちが増えたのか? 税が格差社会を作った』
はこのへんのところを平易に税金の面から書いています!

小泉さんや竹中平蔵さん!
彼らの責任も重いと思います。
彼らの功罪をマスコミはもっと検証するべきです。

(すみません偉そうに・・・)


by: yama * 2008/05/25 08:58 * URL [ 編集] | page top↑
--感謝の気持ち--

>yama さんへ

コメントありがとうございます。

世の中の急激な変化、それも勤労者や弱者にしわ寄せがきている変化の原因を考えています。

ゼロサムゲームではありませんが、多くの人たちが貧困で苦しんでいる裏には、それと同量の豊かさを享受している人間が必ず存在していると思っています。

その存在が少数ならば、さらに富の集中は加速されていくでしょう。
問題は、そうした少数派に「足るを知る」という品性が欠落していることではないかと思っています。

せめて選べることができる政治家だけでも品性のある人を・・・と願っているのですが。
by: 山田里志 * 2008/05/27 12:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

睡眠のお話、実は奥が深いですよね。
人間の生き方に関わる問題ですから。

実感ですが、仕事が忙しくなって睡眠時間が減ると風邪を引きやすくなります。

睡眠をちゃんととると風邪が早く治ります。

単純なことだけど、大切なことだと思います。全ての人間の根幹は睡眠ですよね。
by: 星輝 * 2008/05/27 18:27 * URL [ 編集] | page top↑
----

>星輝さんへ
いつもコメントありがとうございます。

「世の中に寝るほど楽は無かりけり・・・」という川柳がありますが、私の場合は睡眠不足は精神面でも悪影響を及ぼします。

精神の余裕まで奪われるようで、些細なことでも腹を立ててしまうことがあるということです。

文明が発達して、ゆとりを生み出す機械類(洗濯機、炊飯器、車、PC,携帯電話等々)が満ち溢れたにもかかわらず、睡眠時間を含めて逆にゆとりがなくなっている社会に、本末転倒さを感じています。


by: 山田里志 * 2008/05/27 19:44 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wbs96425.blog118.fc2.com/tb.php/102-7ede8216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。