スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
沢孝史さん、藤山勇司さんの新刊書
2011 / 12 / 23 ( Fri )
不動産投資&不動産賃貸業でご活躍中の沢孝史さん、藤山勇司さんから新刊書を贈呈されました。

拝読させていただきましたが、お二人のスタンス(投資手法)は違うものの、不動産にかける熱い思いと大家さんとして成功してもらいたいという熱いメッセージがひしひしと伝わってきました。

画像 645
「40代からの堅実不動産投資―お宝人生設計でリストラ・老後も不安なし! 」(ごま書房新社)  

著者からのコメント(amazonより)

本当の不動産投資は「もっと地味で」「けれどももっと堅実」なものではなかったでしょうか。
最近流行の「○○投資法」とか「不動産でリタイア!」などのフレーズを見聞きするにつけ、益々その思いは強くなってきました。

本を書くことは、かなり労力が必要ですし、私は本によって「商売につなげよう」なんて気は微塵もないので、本当は「もういいや」と思っていたのです。

最近は「本を売るため」「本を利用して商売を始めたい」がために、不動産投資そのものを湾曲するような風潮は益々酷くなっているように思うのです。

でも、不動産投資そのものはやり方さえ間違えなければ「堅実」ですぐれた投資の一つです。

そういうメリットのある投資が、扇情的な宣伝で「勘違い」されてしまうのは残念なことですし、このままでは不動産投資がただのブームで終わってしまうのではないでしょうか。

それは、私と同じサラリーマンや自営業者の皆さんにとっても、有効な投資機会を逃すことに他なりません。

そうならないために「不動産投資の本当の良さ」をわかってもらうために出したのが本書です。

本書では派手なキャッチフレーズに惑わされず、これから真摯に不動産投資に取り組んでいこうという人達のために、私の12年間、13億円の投資で気付いたことを、すべて自分の言葉で書きました。

人生の真っ只中で、社会的な責任を背負うサラリーマンや自営業の皆さんが、あ補助的に経済的環境をより良くするために不動産投資で何ができるのかを考えていきましょう。

この本を手にとっていただいた皆さんが、より豊かな人生を送れることを切に願います。


画像 644
『寝てても儲かる!「兼業」大家さん入門』(実業之日本社)

amazonにはまだ掲載されておりませんのでリンクは貼れませんでしたが、内容は実在する大山信吾(仮名)氏が、藤山氏の書籍によって新築マイホームの恐ろしさに気付いて、大家さんを目指すという実際の出来事を小説仕立てで分かりやすく書かれておりました。

本書を読むと、競売物件の魅力とともに、マイホームを含めて賢く購入することの大切さがよく理解できました。

これから大家さんを目指す人のみならず、既に大家さんになられた方々にも多くの示唆を与えてくれるものと思います。

沢さんといい、藤山さんといい、社会的に意義のある書籍を次々と出版されてご活躍をされていることに敬意を表します。

私はといえば、4月に「山田式1円満室術」(ごま書房新社)と5月に「山田里志の成功大家道」(新CD全集)を世に出した後は、4ヶ月ほど海外旅行を含めて旅を楽しんでおりました。

目覚まし時計や腕時計の必要がない暮らしに入ってまもなく6年になろうとしておりますが、セミナーではそうした暮らしぶりや旅行等の一端を紹介したりもしておりますが、別世界(特殊な世界)の人間のように思われていることと思います。

しかし目覚まし時計で強制的に起きて出勤し、分単位でいそがしく仕事をこなしていたサラリーマン時代の方が、今では別世界(特殊な世界)に思えています。  

成功大家さんになると、専業か兼業かに関係なく人生の選択肢が広がるので生きるのが楽になります。
仕事が趣味になりますし、本来の趣味に生きることも可能になります。

ですから大げさかもしれませんが、四苦八苦(「生老病死」の本源的な四苦と「愛別離苦」「怨憎会苦」「求不得苦」「五蘊盛苦」の四苦を加えた八苦)のかなりの部分、免れる(逃れる)ことが出来ます。

例えば、うらみ憎む者にも会わなければならない「怨憎会苦」などは、リタイア後の今の暮らしでは全くの無縁となっております。(笑)

こうした書籍等でしっかりと学習をすることによって、大家業のリスクを大幅に軽減させ、堅実な人生を歩むことができるようになるかと思います。
スポンサーサイト

テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

00:01:27 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
福島原発事故についての参考映像
2011 / 12 / 08 ( Thu )
時間持ちの立場を活用して、福島原発事故による放射能汚染関連についてのネット映像を見ておりましたが、事態は想像以上に深刻であるという内容に多々出合いました。

以下に山田が参考になった映像(どれも数分から十数分のものがほとんど)がありましたのでご紹介いたします。

 【意見映像】福島の小学生が急性放射線障害で死亡した? 
http://www.youtube.com/watch?v=XWc_cT2kVvQ

 福島第一原発事故 郡山市民の不安 放射能の恐怖 ※閲覧注意 
http://www.youtube.com/watch?v=dyke8xWvqgU

 福島第一原発事故 またしても郡山市に異常植物誕生 
http://www.youtube.com/watch?v=4zq9vVdcCIE

 福島第一原発事故の影響と見られる奇形農産物 
http://www.youtube.com/watch?v=WFlIT6ulPio

 「数値で人の命を買うな!」何も答えられない文科省・原子力安全委員会 
http://www.youtube.com/watch?v=L1ocUT17Axc

 原子力安全委員会 震災後の会議は5分 原子力の番人の実態とは 
http://www.youtube.com/watch?v=3YNBE_5ZTrM

 小出裕章と班目春樹 
http://www.youtube.com/watch?v=AksrgkxQ7pA

 原発の真実を撮影した男・樋口健二 
http://www.youtube.com/watch?v=qhBTJZeI8zs

 ドイツメディアから見た日本の原発事故対応はナチス並み! 
http://www.youtube.com/watch?v=4s6-YF0Ea2E

 福島原発の作業員の実態・ドイツのドキュメンタリー・10月4日放送 
http://www.youtube.com/watch?v=e1C6D7LazXc 

 フクシマ「史上最悪の放射能汚染」小学生の低線量被ばく 
http://www.youtube.com/watch?v=TAhh4ijPZi4

下の映像資料は原発事故関連ではありませんが、大震災の傷跡が胸に迫るものがありましたのでご紹介させていただきました。
 【R-18】マスコミが報道しない東日本大震災の「真実」【宮城:石巻周辺】 
http://www.youtube.com/watch?v=1K2OR7ACFPc

合掌

追記:【転載開始】放射線防護協会  Dr. セバスティアン・プフルークバイル 2011年11月27日 ベルリンにて 他

 これでも『大丈夫、大丈夫!』と、言えるのか?? 
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/12/post_448f.html

 フクシマ関連で『急性白血病』が多発する真実!! 
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/12/post_5099.html

「急性白血病」に関するこもごもの風説?! それは真実か?
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2011/12/post_083a.html

   
16:22:26 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。