スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
協力執筆者のご紹介(その2)
2010 / 01 / 26 ( Tue )
ハッピーリタイア大家『山田里志』4冊目著書

5年で会社オビつき-2 
あと5年で会社を辞めて豊かに暮らす仕組みのつくり方(ごま書房新社)  

本書では10人の著名な大家さんが寄稿してくださっております。
前回に引き続きまして、その中の後半5人の協力執筆者をご紹介させていただきます。 

※現役サラリーマン大家さん7人のうちの2人の方々とハッピーリタイア大家さん3人の方々です。

⑥ヒロシ夫さん(しがないサラリーマン)
ヒロシ夫妻の不動産投資日記
http://plaza.rakuten.co.jp/hiroshifusai/

偶然ですが、私はお笑い芸人の「ヒロシです」の大ファンです。
だからというわけではありませんが「ヒロシ夫」さんにも親近感を抱いております。
そんなヒロシさんは30代後半の自称「しがないサラリーマン」とうことですが、やることはすごいです。
2008年5月に、茨城県K市で190万円で売り出されていた戸建てに90%という信じがたい指値を入れて見事19万円で購入されました。
なおヒロシさんは「大家の財布の中身レポート」(ハートブレイン発行)の執筆メンバーとしてもご活躍中です。

⑦リーマン大家さん(ベンチャー企業の営業) 
ブログなし

今から5年ほど前に不動産投資書籍と出合い、それから2年後の2007年には、1棟目となる木造アパート(1K×8世帯、約3000万円)を購入されました。
その翌年には超ど級のRC(約1億9000万円)を購入されました。
埼玉県O市にある4LDK×4世帯、3LDK×19世帯、店舗1の物件です。
現在は約2900万円(満室時)の家賃収入を得ているサラリーマン大家さんです。
ブログや雑誌や書籍には登場していなくても、こうした隠れ凄腕大家さんは全国に多数存在しております。

※ハッピーリタイア大家さん3人・・・・・・・・・・・

⑧堀田篤宏さん(元社会福祉法人勤務→家賃収入約3300万円+ネットビジネス50万円)
ブログなし

堀田さんも隠れ凄腕大家さんのお一人です。
2000年に不動産投資書籍と出合い、2001年には区分所有の不動産投資を開始されました。
それから7年後の2008年にはハッピーリタイアを達成されました。
その時点での年齢はなんと31歳です。私がリタイアに憧れたのが30歳の頃でしたから、何とも羨ましい限りです。
現在の規模はアパート・マンション6棟、計50室を所有されております。
本書ではリーマン大家さんと同様に、隠れ大家さんからの貴重なアドバイスをいただいております。

⑨松田英明さん[ゴン](元 化学メーカーの研究員→家賃収入約6100万円)
脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち
http://blogs.dion.ne.jp/pin_estate/

2005年に不動産投資書籍と出合い、そのわずか3年後にはハッピーリタイアを実現されました。
ですからゴンさんの存在は「あと5年で会社を辞めて・・・・・」が絵空事では無いということを証明してくださっております。
現在はアパート・マンション7棟、計102世帯、年間家賃収入は約6100万円の大家さんで、悠々自適の生活を送られております。(その暮らしぶりは、本書でも触れられております。)
満室大家さん12人の極意を盗め!不況に強い「不動産経営」50の戦略』石原博光著にも寄稿されており、また雑誌の取材も多数受けられて、ゴンさんのハッピーリタイアぶりは、多くのサラリーマンの方々からも憧れをもたれております。 

⑩峯島忠昭さん[水戸大家](元 工場の工員、住宅メーカー営業→家賃収入約1700万円+アフィリ等200万円)
水戸市のサラリーマン大家さん』(ブログ)
http://mitoooya.com/
水戸市のサラリーマン大家さん』(メルマガ)
http://www.mag2.com/m/0000282526.html 

いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの若手大家さんです。なんとあの堀田篤宏さんの31歳をしのぐ29歳でのハッピーリタイアです。
しかしすごいのは若さだけではなく、その投資スタイル(投資実践)もです。
所有物件の平均表面利回りはなんと41.9%だそうですが、私が書籍等で述べている「最低利回り16%以上」(目安)が子供(幼児)に思えてきます。
BIG Tomorrowや朝日新聞にも紹介され、また総発行部数2万8千部の日本一購読者数が多い不動産メルマガの発行主でもあり、実力も兼ね備えた若きエースです。(なおゴンさんと同じく石原さんの書籍にも寄稿されております。) 

以上の10人の方々に、今回執筆のご協力をいただきました。
すでに後進の良き指導者となってご活躍をされております。

本書ではこうした大家さんからも、多くのことが学べることと思います。

『あと5年で会社を辞めて豊かに暮らす仕組みのつくり方』出版記念 amazonキャンペーン【作成中】にて、特典等の詳細は随時発表していきます。

  
スポンサーサイト

テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

12:52:59 | 未分類 | コメント(11) | page top↑
協力執筆者のご紹介(その1)
2010 / 01 / 21 ( Thu )
「あと5年で会社を辞めて豊かに暮らす仕組みのつくり方」の学習教材にもなります。 

 
新たに出版する4冊目の書籍をご紹介させていただきます。  
5年で会社オビつき-2 
あと5年で会社を辞めて豊かに暮らす仕組みのつくり方(ごま書房新社)
本書では10人の著名な大家さんが寄稿してくださっております。
今回はその中の5人の協力執筆者をご紹介させていただきます。 

※現役サラリーマン大家さん7人のうちの5人の方々です・・・・・

①mi6さん(ベンチャー企業の労働監査役)
mi6のお百度参ってしまいます 不動産投資記録
http://mi6pv.at.webry.info

●前著「元祖山田式勝ち組大家術」で「1,200回の現地調査をした新人大家!」を寄稿していただいた大家さんの一人です。

米国MBA取得の俊才投資家で、現在は技術ベンチャー企業の監査役や複数の会社経営顧問として活躍されております。
また「龍前流X×ミリオン錬金術」」(ごま書房)の中では、「MBA脳の新人大家奮闘記」というテーマでの寄稿実績もあります。
これまで見学した物件回数は、なんと1200回以上。
また多くの書籍を読み漁り、セミナーにも数多く参加し、不動産投資に対する造詣には深いものがあります。

②たかぴさん(会社員)
円高差益の不動産投資(バラ色の未来は来るのかな?)』
http://ameblo.jp/taka217

●前著「元祖山田式勝ち組大家術」で「初めての物件施工中に管理会社が倒産!? 知識0で入居・物件・工事までをこなした、ど根性大家」を寄稿していただいた大家さんの一人です。

ご夫婦の絆で上記の困難を乗り越えられて、大家さん業を拡大されてきました。
また奥さんに反対される大家さんが多い中、羨ましい関係を築いています。
前書のときに開催した座談会の日も「徹夜の仕事→座談会→徹夜の仕事」というハードな日程をこなしておりました。
こうしたバイタリティーがあるからこそ、逆境を乗り越えて成功大家さんへの道を歩まれているのだと思います。

③てらちゃん(大手メーカー勤務)
てらちゃんの地方不動産ど素人日記
http://terachancom.cocolog-nifty.com/

●前著「元祖山田式勝ち組大家術」で「ど素人リフォームで高利回り物件を実現した研究家大家」を寄稿していただいた大家さんの一人です。

俳優の寺島進氏に似た二枚目で、性格まで似ているような気にさせます。
バイタリティーにあふれ、自宅から遠く離れた貸家のリフォームも、ご自分でやられるほどの情熱家でもあります。
監修者であった龍前氏からは、その「情報力」「値切り力」「選択眼」「礼儀正しさ」を激賞された人でもあります。
堅実な経営力と物件選びで、着実に大家業を発展されております。

④橋吉勝也さん(空飛ぶかっさん)(上場企業子会社のサラリーマン)
空飛ぶかっさんの心と財布を豊かにする旅
http://ameblo.jp/sora‐no‐tobikata/

●前著「元祖山田式勝ち組大家術」で「3つの銀行から90%融資を打診させた戦術派大家」を寄稿していただいた大家さんの一人です。

かっさんのブログには冒頭、扶養家族5人を抱えながら、経済的事由を目指して不動産賃貸事業に挑戦するお父さんの日記。人生の鈍行列車からジェット機に乗り換え、空を飛び回ることを夢見る。子供にも経済教育を施し、将来は「金持ち親子(商標登録予定)」となるのであった。
というユニークな記述があり、思わずそのままブログに引き込まれて読んでしまう魅力があります。

⑥ひろさん・エルフィンさん(事務系のサラリーマン)
大胆な小心者の不動産投資日記』(ひろ)
http://blog.livedoor.jp/fchiro/ 
福岡市・天神南・シェアハウス、ゲストハウス』(エルフィン)
http://plaza.rakuten.co.jp/shelfin

●前著「元祖山田式勝ち組大家術」で「5万円の愛車で2億円稼ぎ出した情熱大家!」を寄稿していただいた大家さんの一人です。

新刊の冒頭にも書きましたが、以前九州に行った時以来のお付き合いです。
九州では著名な大家さんの一人です。
最近はトレンドのシェアハウスを新築して「九州の地でもシェアハウスが経営できるのか」という先駆者的な取り組みをされている大家さんでもあります。 

前回に引き続いての寄稿で、その後のご活躍の様子も知ることができます。
なお以前ブログでもご紹介させていただきましたが、前書には、満室大家さん12人の極意を盗め!不況に強い「不動産経営」50の戦略の著者である石原博光さんや、年収1000万のあなたがもっとお金持ちになる増山塾式不動産投資7つの裏ワザ の著者である増山塾の増山さんも寄稿して下さっております。 

皆さんのご活躍に接して大変嬉しく思っております。
(次回は後半5人の大家さんのご紹介をさせていただきます。)


テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

18:00:25 | 未分類 | コメント(6) | page top↑
新刊本の目次のご紹介
2010 / 01 / 20 ( Wed )
 新たに出版する4冊目の書籍をご紹介させていただきます。  
5年で会社オビつき-2 
あと5年で会社を辞めて豊かに暮らす仕組みのつくり方(ごま書房新社)
 
 目 次

何もしないリスク 〜まえがきにかえて〜
  ◆お先真っ暗だ!
  ◆20年もかかってしまった夢の実現

プロローグ
  家賃0円で高級マンションに住みながら資産を築く方法
  ・リタイア後のリゾートライフ「高級マンション編」
  ・リタイア後のリゾートライフ「旅行編」
  ・リタイア後のリゾートライフ「自宅編」

1 章
 ハッピーリタイアするにはどうしたらよいか
  ◆サラリーマン時代&リタイア後に築いた資産
  ◆利回りってなに?
  ◆5年で会社が辞められるわけ
  ◆資産のない平凡なサラリーマンが55世帯(+マイホーム)の大家さんに
  ◆サラリーマンと、サラリーマン大家さんの違い
  ◆青テントとハッピーリタイアへの分岐点

2 章
 5年でハッピーリタイアを実現する『山田式高速資産構築法』
  ◆まずは資産を築くためのシンプルな仕組みを理解しよう
  ◆本当の資産は資産自身が返済する
  ◆資産(不労所得)は無限に築ける
  ◆経済的合理性を身に付けよう
  ◆節約志向と強い意思の大切さ
  ◆楽しい未来を想像する
  ◆資産形成の仲間を築こう
  ◆サラリーマンと確定申告
  ◆5年で会社が辞められる根拠
  ◆最大の難関 銀行融資
  実践! 5年で会社を辞めてハッピーリタイアするための『9つのステップ』
  ◆有名大家さんのテクニックも知っておく
   ・お勧めの書籍
   ・お勧めのホームページ&ブログ

3 章
 本当の資産を築こう(入門編)
  ◆市場の99%以上は負債物件である
  ◆アパート・マンションが資産となりうる数値とは!
   【とっさの時に役立つ山田流『家賃&ローン簡易計算法』】
  ◆利回り12%以下の中古物件は負債である
  ◆長期間安全でこそ資産
  ◆高利回り&高稼働率&築浅高担保評価物件はリスクに強い
  ◆優良物件が市場に流通し続ける4つの理由
  ◆金持ちオーナー、貧乏建て主
  ◆発想の転換で生活は一変する
  ◆コントロールできる資産を持とう

4 章
 本当の資産を築こう(実践編)
  ◆優良な物件のオーナーになろう
  ◆不動産業界の黒い陰〜高稼働率のワナ〜
  ◆営業マンの姿勢を知ろう
  ◆悪徳営業マンの営業トーク
  ◆大家ビジネス?
  ◆泥沼新築ワンルームマンションに手をだすな
  ◆優良物件の探し方
   【山田里志のお勧め物件情報サイト】

5 章
 最大のハードル、銀行融資をクリアする
  ◆融資の基本知識
  ◆不動産投資の融資に必要な2つのポイント
  ◆サラリーマン大家さんの所有する物件が、
        重量鉄骨やRC造りが多いのはなぜか?
  ◆融資の可能性が上がるポイント
  ◆自己資金ゼロから頭金750万円を生み出した実例

6 章
 現役サラリーマン大家さん7人&ハッピーリタイア大家さん3人から直接聞いた!
 『不動産投資 成功の法則』
●現役サラリーマン大家
   mi6さん(ベンチャー企業の労働監査役)
   たかぴさん(会社員)
   てらちゃん(大手メーカー勤務)
   橋吉勝也さん(空飛ぶかっさん)(上場企業子会社のサラリーマン)
   ひろさん・エルフィンさん(事務系のサラリーマン)
   ヒロシ夫さん(しがないサラリーマン)
   リーマン大家さん(ベンチャー企業の営業)

●ハッピーリタイア大家
   堀田篤宏さん(元 社会福祉法人勤務→
          家賃収入約3300万円+ネットビジネス50万円)
   松田英明さん[ゴン](元 化学メーカーの研究員→家賃収入約6100万円)
   峯島忠昭さん[水戸大家](元 工場の工員、住宅メーカー営業→
                家賃収入約1700万円+アフィリ等200万円)

2009年夏—山田里志が遺言書を書いた日 〜あとがきにかえて〜

 
目次は以上です。

これから大家さんを目指すサラリーマンの方々を対象に書かせていただきましたが、不動産投資の重要な視点を書いたつもりでおりますので、現役の大家さんにも参考になるかと思います。
特にハッピーリタイアを目指す人には、お読みいただきたいと願っています。

目次をご覧いただくとお分かりのように、今回は10人の著名な大家さん方も執筆にたずさわって下さいました。
これらの方々の凝縮された大家さんエキスも学べると思います。

来週末には、いよいよアマゾン及び全国の書店で入手が出来るようになります。 
是非手に取ってお読みいただければと思います。


テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

16:32:30 | 未分類 | コメント(2) | page top↑
新刊本のご紹介
2010 / 01 / 15 ( Fri )
新たに出版する4冊目の書籍をご紹介させていただきます。  
5年で会社オビつき-2 
あと5年で会社を辞めて豊かに暮らす仕組みのつくり方(約270ページ)

本書は私の16年間の大家業で培ってきた多くのエキスを詰め込んで、これから成功大家さんを目指す人の指南書として執筆いたしました。

無論現役の大家さんがお読みになっても、不動産投資の一つの実践例として参考になる箇所があると思いますので、手にとってご覧いただけましたならば幸いに思います。

なお今月末に出版されますが、新刊完成までにお時間が取れる方は、私の前著山田式元祖勝ち組大家術をご覧になって下されば、さらに新刊本が理解しやすくなるかと思います。

なお前書には、満室大家さん12人の極意を盗め!不況に強い「不動産経営」50の戦略の著者である石原博光氏や、前回のブログでもご紹介させていただきました年収1000万のあなたがもっとお金持ちになる増山塾式不動産投資7つの裏ワザ の著者である増山塾の増山大氏も寄稿して下さっております。

山田式カバー-2

次回は目次をご紹介させていただきます。

なお1月31日(日)は、東京(品川)にて開催されます楽待コミュニティのゲストに招かれておりますが、これは小グループでの対話形式だと伺っております。

ですので、楽待会員の皆様は(もしもその前に出版が間に合いましたならば)、上記の本をお読みになっていただけましたならば、本に書かれた内容で疑問点などをさらに本人に直接聞けるよいチャンスになるかと思います。(笑)

皆様よろしくお願いいたします。  
 
 

テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

22:20:29 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
続・新刊本のご紹介
2010 / 01 / 13 ( Wed )
img067.jpg
年収1000万円のあなたがもっとお金持ちになる増山塾式不動産投資7つの裏ワザ」増山大 (あっぷる出版社)

前回のブログで
「私も拝読するのが楽しみです。」
と書きましたが、読み終わりましたので感想を書かせていただきました。

同じく前回のブログで
「新年早々こうした書籍が世に出ることで、学習の有無による不動産投資に関する格差が、さらに広がっていくことと思います。」
とも書きましたが、くしくも読中・読後ともにこの予想が見事に的中した思いがいたしました。

一級建築士であり、アパマン200棟超の設計実績を持つ著者ならではの視点で、物件を見る視点や業界の裏話がリアルに書かれており、大変に参考になりました。

「役所の不動産業課」の存在
「金の卵を産むガチョウ」の喩え話
「チャンバードア」の重要性
「土地や建物の価値」を見極める視点
「良質な不動産屋さん」を見極め、それと付き合う方法
といった大家さんになるまでの重要な視点から、

「サブリース(普通借家契約)」の実態
「リフォーム業者」の上手な使い方
「先人大家さんの失敗談」」からの学び
「人口減の時代に対応した今後のアパマン経営とは」
といった大家さんになった後の重要な視点まで、丁寧に書かれていました。

また
「はじめは小さく慎重に。徐々に大きく大胆に」
というアドバイスは、全く同感でした。

先ほど書いたように
「学習の有無による不動産投資に関する格差が、さらに広がっていくことと思います。」
ということを実感させてくれた良書でした。


テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

12:45:01 | 未分類 | コメント(2) | page top↑
新刊本のご紹介
2010 / 01 / 10 ( Sun )
増山塾やセミナー等でご活躍の増山さんが、ついにといいますか、ようやくといいますか、本を出版されました。

「何故増山さんは出版されないのだろう?」
と以前から不思議に思っておりましたところ、出版されたことを知り嬉しく思いました。

増山さんは私の著書「山田式元祖勝ち組大家術」(ごま書房新社)に、とても素敵な寄稿をしてくださいました。
また、セミナーの講演会でもご一緒させていただいたことがあります。

増山さんの寄稿をお読みになったり、セミナーをお聴きになった方はもうお分かりかと思いますが、誠実で且つ豊富な経験に裏打ちされた理論整然とした内容は、非常に参考になるものでした。

ですからそうした内容が今回の本にも書かれているであろうことを思うと、それらをじっくりと学習できることになるわけですからとてもオススメだと思います。

その本の題名ですが、
年収1000万円のあなたがもっとお金持ちになる増山塾式不動産投資7つの裏ワザ」増山大 (あっぷる出版社)
   ↑↑↑
で、今キャンペーン(キャンペーン期間は1月12日(火)午前0時から14日(木)25時59分までの3日間)も行っておりますので、よろしければ上記からご覧ください。

なおアップル出版社は、私も2冊目の著書「家賃収入2千万円山田里志の超アパート・マンション投資術」を出していただいた出版社ですので、なおさらのこと親近感を覚えます。

新年早々こうした書籍が世に出ることで、学習の有無による不動産投資に関する格差が、さらに広がっていくことと思います。

私も拝読するのが楽しみです。







テーマ:不動産投資 - ジャンル:株式・投資・マネー

18:23:29 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
プロローグ 5年で会社を辞めてリゾートで暮らそう
2010 / 01 / 03 ( Sun )
新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて今月出版予定の本の件ですが、順調に(?)作業が進んでおります。
新年を迎えましたので、ここでお年玉をかねて新刊本のプロローグ「5年で会社を辞めてリゾートで暮らそう」を少々ご紹介させていただきます。

ただし校正等はこれからですので、実際の内容は少し変わるかもしれません。
          ↓ ↓ ↓


(仮題)『これであなたも5年で会社が辞められる』

プロローグ 5年で会社を辞めてリゾートで暮らそう

以下の文面は、今から6~7年ほど前に出版した自書「実録サラリーマンの私にもできた!アパート・マンション経営」(かんき出版社)からの抜粋のもので、当時この文面を読まれた方は、
「到底実現の可能性が薄い夢想話(絵空事)ではないかと!」
と感じたのではないでしょうか。
その文面とは


私の理想と目標は、とりあえず次の5つにまとめることができます。

○私は、何よりも自由でいたい。
○私は、毎日好きなことをして自由に暮らしたい。
○私は、自分の時間を誰にも拘束されること無く自由に生きたい。
○私は、大自然の中で人間らしく生きていきたい。
○私は、お金を稼ぐために自分の時間をムダにしたくない。

例えば、自然に目覚めたときに起床し、露天風呂のかなでゆっくりと覚醒し、それから朝刊の隅々にまで目を通し、濃い木々の緑や青く輝く海を眺めながらのんびりと朝食をとり、木陰に寝そべって好きな本を読み、見たい映画やドラマなどがあればそれらを楽しみ、眠気がさしてくればそのまま眠りにつく・・・・・。
こんな生活が50歳になったときの私の理想です。
「自分の時間を、自分の思うままに使い、毎日がリゾート暮らし」
そういっていいかもしれません。


今読み返してみると、ずいぶんと大胆なことをを書いたものだと冷や汗ものですが、これを書いた時点では、まだ夢(目標)の範疇でした。
ところが現在の私は、少しの誇張も無く全くこの通りの生活を送っています。
次にリタイア後の様子をお知らせいたします。

―リタイア後のリゾート暮らし「温泉編」―

深々と降り積もる雪景色を眺めながら、温泉大浴場の湯船につかり、缶コーヒーでのどを潤しています。
大浴場内に響いているのは、24時間昏々と流れ落ちる湯音だけです。
ここは温泉地として有名な群馬県吾妻郡草津町のリゾートマンション内の大浴場です。
私はこのマンションの一画を保有しております。

画像 079

年末年始や連休、お盆の時期などを除けば、普段はここで過ごしている人は1割にも満たないので、270世帯以上あるこのマンションの大浴場内はいつでも貸切状態です。
ですから雪見酒ならぬ大好きなコーヒーで、この至福のひと時を堪能できるわけです。

保有している部屋には、草津図書館から借りてきた多数の本とCDを持ち込み、リクライニングシートに身を沈ませて、クラッシックやバラード曲などをBGMにしながら本の世界に埋没します。私以外誰もいないので好き勝手出来ます。
読書に疲れた後は、温泉に浸かったり、食料品の買出しや町営の温泉プールでひと泳ぎしたり、ふらりと温泉街を散策します。
夜は日本海の幸を肴に、湯上りのビールを飲みながらニュースを見ます。新聞も図書館やマンションのロビーで3~4紙、ゆっくりと目を通します。

しかし、草津で温泉三昧、読書三昧の日々を送りながらも、世間のニュースは届きます。
画面や紙面から飛び込んでくるそれは、いつもの事ですがやりきれないものが数多くあります。

・殺人事件のニュース
・練炭自殺のニュース
・不況のニュース

草津での日々と下界(一般社会?)での出来事とのギャップの大きさを知る毎日でもあります。
しかしこうした出来事に接していても、どこか他人事のように感じてしまうのは、ここでの暮らしがあまりにも平穏でゆったりと流れているために、ニュースに精神(実感)が追いついていけないのかもしれません。

すでにこうしたリゾート暮らしが1年の半分近くを占めておりますが、日々生きている喜びと実感をもたらしてくれています。
サラリーマン時代は、いつも休日だけの短い滞在で、渋滞を心配しながらの慌しいものでした。
ですから会社を辞めて自由な時間を手に入れたことで、こうしたリゾート地で長期滞在の夢を実現させることができ、今は想像以上の豊かさで満たされています。
実現してみると、これが日常の暮らしになっているので、すでに夢や目標といった意識は無くなり、淡々とこれらを日常として享受しています。

「あー、自分は本当に夢を実現させたのだなー。」
と感じているのが、偽らざる実感です。
こうした生活が、早いものですでに4年が過ぎようとしています。
そして、不動産オーナーとしての地位と独自のノウハウを確立した今、このリゾート暮らしをこれからも末長く続けられるであろうことを確信しています。


          ↑ ↑ ↑ 
以上がプロローグの書き出しで、この後も「旅行編」「自宅編」と続きます。

そして今回はいつも以上に楽しみながら書かせていただいております。
大家さんになるならないに関わらず、(閉塞感の強く漂う時代ですので)将来に夢と希望が持て、モチベーションが上がる内容にしたいと考えております。

ただし章によっては原稿の量が多すぎたり、楽しみすぎて内容が横道にそれたりしてボツとなる記述なども出てきていますので、キャンペーンか何かの折に特典として復活できないものかと考えております。(編集者と要相談ですが・・・)

というわけで、今年は3日から原稿と相対しております。
無事出版の運びとなりましたら、手にとってお読みいただけましたならば幸いに思います。

それから以下はセミナー等のお知らせです。
2010年1月28日(木)13:30~15:00、東京(吉祥寺)にて「不動産投資の実際と基本的な投資方法を学ぼう」というセミナーを行います。→不動産投資セミナー(無料)
また
2010年1月31日(日)13:30~17:10、東京(品川)にてコミュニティのゲストに招かれております。→楽待コミュニティ
なお楽待コミュニティは、昨年9月に出席の予定でしたが、病気治療により欠席させていただいたものです。

今は体調もすっかり良くなりましたので、久々の東京行きを楽しみにしているところです。

テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

16:20:40 | 未分類 | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。