スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
「人生マル得不動産投資のススメ」のススメ
2009 / 10 / 20 ( Tue )
表紙
人生マル得不動産投資のススメ

今回は私も推薦文を書き、知り合いの大家さんも執筆した「うっちゃん」「ちはさん」「yukaさん」の新刊紹介です。

「山田式元祖勝ち組大家術」の姉妹版で、女性大家さん10人が執筆された本になります。

本の内容もとても素晴らしいものですが、Amazonキャンペーンも行っておりますので、この機会にお読みになることをおススメいたします。


<<<人生マル得不動産経営のススメ Amazonキャンペーン>>>

●キャンペーン期間

受付:2009年10月17日 11:59から

終了:2009年10月25日 11:59分まで

※ただし、先着30名を超えた時点で、<特典2>の受付は終了とさせていただきます。

●特典1 応募者全員プレゼント

リフォームやリノベーションですぐに役立つ

<満室コーディネートPLAN実例PDF>

著者のうっちゃん=ひだまり不動産と、

yuka=RenoжRenoで今までPLANしてきた中で、

<<<入居が一瞬で決まった賃貸用のPLANをチョイスしました>>>

このPLANを参考にすれば、「入居付けの悩み」が大きく改善されるはずです!

●特典2 先着30名!

著者3人と赤井誠さんによる「出版記念講演」無料招待券!

『出版記念講演』の講演内容や詳細はこちら

↓↓↓

http://reno-reno.info//kinen/kouen2.html

● 応募方法

下記予約ページより

↓↓↓キャンペーン特設ページ(お申し込み・お問合せほか)↓↓↓

http://www.hidamari-r.bz/amazon


※目次

1部 10人の女性投資家たち(不動産投資で『夫婦円満』&『楽しく資産を増やす』私たちはこうしてマル得人生を手に入れました。

夫婦円満には理由がある!特選!サクセスウーマン7人のマル得不動産白書

誌上収録 成功する女性は曲者揃い!?女性投資家たちの素顔を追え!)

2部 著者3人がみつけたマル得人生をつかむためのひとつの答え リノベーション投資を始めよう!(ようこそ!リノベ投資の学校へ

リノベ実例編 ドキュメント『北千住ものがたり』)

※著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

内海 芳美
香川県生まれ。(株)ひだまり不動産取締役。結婚時に住んでいた一戸建を賃貸に出したことから、不動産業に開眼。著書出版を機にマスコミから注目され、不動産セミナー等、講演依頼が殺到。2006年には、株式会社ひだまり不動産を設立。地元高松で中古住宅のリノベーションを次々に手掛け、女性起業家としても注目されている

加藤 千春
東京生まれ東京育ち。金融機関勤務。短大を卒業後、保険事業部にてFPや宅建の資格を取得しコンサルティング業務を担当。その後、外資系金融機関に転職し、在宅ローン、投資用ローンの営業として多忙な日々を過ごす。2004年、夫の入院を機に競売に取り組んだことがきっかけで不動産投資を開始

石井 由花
広島生まれ。アイエスワン(株)代表取締役。高校を卒業後、美容院に勤務。自宅一部を貸したことを機に25歳で賃貸経営を始める。2006年地元広島でリノベーション専門不動産会社アイエスワンを設立。女性の観点を重視した自社ブランド「Reno Ж Reno」(リノリノ)の斬新なデザインは、現在完成待ちの希望者が多数待機している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

なお「中古オタク(その2)」は次回に掲載させていただきます。


続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

11:04:44 | 未分類 | コメント(2) | page top↑
中古オタク(その1)
2009 / 10 / 14 ( Wed )
入院生活を経て、少し心境の変化が生じました。
それは今の生活(人生)をより充実させて生活して行きたいという事でした。

退院後の一月あまりは遠出を控えていたこともあり、自宅内の趣味を充実させることに熱中しておりました。

私の趣味はAV(オーディオビジュアル)で、次の写真のようにホームシアターを組み合わせて楽しんでいました。
画像 10

しかし今まで使用していたAVアンプは旧式のもので、衛星方法のAAC(5.1チャンネル)サラウンド音声に対応しておりませんでしたし、センタースピーカーやメインスピーカー、サブウーハー等のバランスの悪さも気になっておりました。

そこで人生この先どうなるか分からないという心境のもと、今を充実させるべくシステムの一部組替えを行うことにしました。

最初はスピーカーはJBLの一組150万円前後のものを検討したりしましたが、20数年愛用していたYAMAHAのNS-1000Mの継続使用の気持ちが強く、節約志向の性格もあって、結局次の写真のように組替えました。
画像 1
画像 2
新たに買換えたAVアンプが6.1チャンネルでしたので、後方に設置するスピーカーは3本となりました。
写真ではYAMAHAのNS-1000Mと別のスピーカーが写っていますが、今月中に3本ともNS-1000Mにする予定です。

AAC機能のついたAVアンプと新たに組替えたスピーカーで映画や音楽を視聴すると、その違いをはっきりと感じることが出来ました。

ちなみに今回の組替えに要した費用ですが、自称中古オタクの山田らしく、当初の予定よりも大幅に少なくて済みました。
まずはAVアンプですが、YAMAHAのフラッグシップAVアンプ DSP-AZ1で、重量は何と28㎏もあります。
画像 3
「フラッグシップAVアンプ」 と銘打っているだけあって定価は315,000円ですが、中古ということで45,000円で購入しました。(むろん完動品です。)

次にスピーカーですが、YAMAHAのNSー1000Mで、今でも美しい澄んだ音を出す名機です。
画像 
20数年前の価格で216,000円(2本1組)でしたが、整備&チューニング品(リフォーム&メンテナンス)のしっかりとしたもので、エンクロージャー外観は、小さな剥がれ部はエポッキシ系ウッド用パティで補修した後サンドペーパで磨き、油性アクリルラッカー(黒色半艶あり)で再塗装(3回塗り)してある新品に近い状態のもので、53,000円(2本1組)で購入しました。

少し高額でしたが、安心して使用できるものに決めました。

ちなみにこのスピーカーの重量は1本31㎏あり、現在これと同等以上の重量(造り)と音質(性能)のものを購入するとなると、1本40万円以上のものでないと超えられないという人もいるくらいです。

さらにスピーカースタンドにも凝り、2セットを購入しました。(もちろん中古品です)
画像 6
画像 7
定価は不明ですが、かなりの重量があり、今同じものを新品で購入するとなると2セットで5万円以上はするのではないでしょうか。
これを2セット合計で10,560円で購入しました。

サブウーハー(YAMAHA YST-SW800)やサラウンド用スピーカーは以前中古で購入して(確か定価の半額くらい)、別の部屋に設置していたものですが、ほとんど使用していなかったので今回この部屋に移してきたものです。
ですから今回の組替費用にはかかっておりません。
画像 5
このサブウーハーですが、以前の部屋(寝室)では就寝時に静かな音楽をかけていた関係で全く使用しておりませんでした。

今回大音量で使用してみますと、それまで使用していた2本のサブウーハーの物足りなさが払拭されて、このウーハーの性能の良さに驚くばかりでした。

大画面を堪能するために欠かせないアイテムであるリクライニングソファー(写真手前の茶色)も実は中古品で、以前市内のリサイクルショップで購入(9800円)したものです。
画像 9

ついでに現在使用中のパソコン用の椅子も同じショップで購入(2980円)したものです。
木をふんだんに使用したしっかりとした造りで、座り心地がとても良く、気に入っている逸品です。
画像 8

このリクライニングソファーにもたれながら、「パールハーバー」や「フライボーイズ」の映画を視聴してみると、飛行機が大空を飛び回ったり、銃弾の音の動きや、エンジン音、機関銃の発射する重低音の迫力等、見慣れたはずの映像が別物のようにさえ感じました。
もしかすると映画館の音響並かそれ以上の迫力があるかもしれないと大満足しています。

またサラ・ブライトマンやオーケストラの5.1チャンネルのコンサート等を視聴すると、まるでそのコンサート会場に来ているような臨場感がありました。

ということで、今回のシステムの一部組替えによりその視聴環境は大きく改善されましたが、それに要した費用は約10万円ほどでした。
サラウンド用のスピーカーをNS-1000Mにする予定ですが、それを含めても約15万円ほどしかかりません。
全て新品でそろえたとすると約80万円はかかるかと思います。

ところでホームシアターに欠かせないプロジェクターですが、現在はエプソンのEMP-TW200を使用していますが、ハイビジョン対応ワイド液晶パネルを搭載し、高画質映像の美しさを存分に満喫できています。
画像 11
今はフルハイビジョンタイプのプロジェクターが主流になっておりますが、このパネルでも十分に綺麗な画像が楽しめます。(ホームシアター歴20年の山田が自信を持っておススメします。)

ですから定価268,000円のこのプロジェクターの中古を、3万数千円で購入して予備として2台(ランプ使用時間20時間と500時間)持っています。
画像 12
中古のプロジェクターも含めて考えると、総額100万円以上ものAV機器が、多少の努力は必要になるものの、20万円以下で揃えられるということがご理解いただけたでしょうか。

こうして私はワクワクしながら(楽しみながら)、良いものをより安く購入して、日々の暮らしをより豊かにしながら病後を過ごしております。

長々と趣味について書いてきましたが、これは何も趣味のAVだけに当てはまることではなく、不動産投資にも大きく関連していることだと考えております。

そのことについては次回(その2)で書きたいと思っておりますが、皆様には是非中古の良さをご理解していただき、山田と同じような『中古オタク』になってほしいと思っています。(そのためにこの記事を書いております。)

なおブログの更新の遅さは、その質(内容)はともかく、量でお許し願えればと思います。

追記

本日YAMAHAのスピーカー「NS-1000M」2本を35000円で購入いたしました。
サラウンド(後方)用ですので普通に音が出ていれば良しとして、前回よりも安いものを購入いたしました。
機会(リクエスト)がありましたら、システムアップした写真を公開させていただきます。


テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

19:18:29 | 未分類 | コメント(3) | page top↑
中古の賃貸併用住宅
2009 / 10 / 01 ( Thu )
入院前日の8月24日に、たまたま沼津地方裁判所で目にした競売物件(地元の伊豆にある)の賃貸併用住宅を見学に行っておりました。

築20年ほどの古さではありましたが、重量鉄骨4階建て(建坪100坪以上)はまだ堅牢でした。
立地は伊豆修善寺(温泉)駅から徒歩5分圏内の角地(土地50坪で坪単価は約30万円)に位置し、駅近だけに大手スーパーもすぐそばにあり、裏手は狩野川の大河が流れ、整備された遊歩道からは鮎釣りも見られるのどかな景色が広がっていました。

一階は駐車場と店舗(調剤薬局店)、2階は2DK×2世帯+1DK×1世帯、3階は2DK×2世帯+オーナー居室部分、4階は3階の居室部分から階段で上るオーナー居室部分で、ベランダからは狩野川が一望できる感じです。(オーナー居住部分は30坪以上あります。)

賃料は店舗が10万円、2DKが58,000円×4部屋(現況は一室空き)、1DKが30,000円で、現況でも304,000円の家賃収入があります。
オーナー室も賃貸に出したならば10万円ならばすぐにでも借り手が見つかるでしょう。
また隣接して大病院があるので、調剤薬局店も借り続けれくれる事と思います。

私が何よりも気に入ったのは、その住環境の良さでした。
駅に近く、買い物等の利便性が高く、狩野川の大河が鑑賞でき、自分がこの建物の4階に住みたいと本気で思いました。(室内は凝った造りで綺麗でした)

それに今すぐに住まなくても、それまでは賃貸として貸し出せるし、とても魅力的な物件に思えました。(物件の内部は裁判所の資料写真で確認できました)

入札開始日から入院してしまい、入札どころではなくなりましたが、後日落札価格(最低入札価格は1400万円台)を問い合わせたところ2210万円との事でした。

仮に地元の信金等で全額15年ローンで融資を受けて購入したとすると、月々の支払いローンは約15万円程になりますが、現況でも家賃収入が30万円ありますので、なんと30坪以上の見晴らしのいい最上階に無料で住めるとともに、15万円のキャッシュフロー(余剰金)までもたらしてくれます。

落札者の利回りは25%(現況16.5%)ということになりますが、是非ともオーナー居住部分だった部屋は自宅用に使いたいところです。

平凡なサラリーマンが土地50坪、建物30坪以上の物件を普通に購入するとなると、その後何十年というローンの返済に苦しむことになります。

毎月十数万円のローンを30年~35年払い続ける人生を送ることになるのか、それとも15年間のローンを背負うことにはなりますが、毎月約15万円前後の余剰金を受け取る人生を送ることになるのかは雲泥の差があります。

また昨今の不況により、住宅ローンが払えずに競売にかけられるサラリーマン諸氏が急増しているという話も耳にします。

ほんの少しの発想の転換やほんの少しの学習の違いで、その後の人生設計が大きく左右されるかもしれないことを思うと、発想と学習の大切さを痛感します。

もしもこの物件を落札した人が、最初から自宅用をかねて行動していたとしたら、とても賢い選択をされたといえます。(事業用としても利回りが25%あり立地も良いのでやはり賢い行動だといえます。)

それにしても、物件の良さを認識していたとしても、まさかの緊急入院で入札さえ参加できなかった事態に、物件との縁を感じざるを得ませんでした。

健康が回復しましたら、また良い物件との縁を求めて(半分趣味として)活動を再開しようかと思っているところです。


テーマ:アパート・マンション経営 - ジャンル:株式・投資・マネー

15:11:39 | 未分類 | コメント(7) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。